葉加瀬太郎氏のコラム

 夜中に蚊に食われて痒くて寝不足です。寝不足で機嫌が悪い上、今日付けの朝刊に産経新聞らしからぬ、スカポンタンな一面コラムが載っていて血圧が上がったのでご紹介したい。

音にやさしい地球環境
新響地 客員ロンドン特派員 葉加瀬太郎

(前略)
 バイオリンにベストだといわれているのは、温度20度、湿度50%の環境だといわれている。カラッとした地中海性気候のイタリア生まれのこの小さな楽器は、何しろ湿度と高温を嫌う。最も苦手なのは梅雨時のじめじめとした天候だ。しかし、温室効果ガス排出量が多い日本の都会では、梅雨から夏にかけての季節は、湿度が高いうえに蒸し暑く、弾き手の僕がどんなに頑張ってもまったくもって、よい音色が出なくなってしまう。
 ましてや、僕の使っている300歳にもなろうというオールド楽器には細心の注意を払わなくてはならない。だから、今の季節、日本で演奏するのに最適な環境をつくろうと思ったら、必然的に人口的な装置に頼らざるを得ない。日本に居るときは自宅のスタジオも24時間エアコンと除湿機をフル稼働にしてきた。
(中略) 今年の6月は梅雨から逃げるようにロンドンに戻ってきた。
 この時期、ロンドンの僕が住む地域では、雨が少なく、カラリと晴れ渡る日が多い。
(中略)
 陽が落ち始めると、多くの公園でオペラや野外コンサートがたくさん催される。澄んだ空気に包まれた音色は風に乗り、どこまでも美しく響き渡る。
 僕が守りたいのは、まさに、この空気と音色なのだ。日本でも、そうした夏の空間をたくさん見つけることができたら、こんなにうれしいことはない。
(後略)
※太字飾りはこちらで付けました。

 というもの。さすが芸術家の申す言葉には至高の味わいがござる。ええい、何と言いかえそうか!!

 どこがどうしてスカポンタンなのかは、いちいち書かずともまぁだいたい読めばわかると思う。

『ただでさえ温室効果ガス排出量が多い日本の都会であえて24時間エアコンと除湿機をフル稼働してイタリア生まれの300歳を飼うこと』を自慢されているのか。
 デリケートな楽器を守るためにはエアコンを24時間稼動させるのが「必然」であり、回りに噴出す温風も、その電力を作る際発生する二酸化炭素も気にならないのだよーん、といいたいのか。
 日本はむしむしして暑いから嫌い。おら涼しいロンドンに行っただよ。ロンドン最高!ということなのか。
 とどのつまり何が言いたいのかさっぱわかんない。
 (温室効果ガスってそもそもなんなのか、温暖化に本当に関係あるんかい、という点は面倒なのでとりあえずおいておく)

 だいたい温暖化しようがしまいが日本で温度20度、湿度50%て環境があまり無いということくらい子供でも知ってる。だから日本にはバイオリンのような楽器は生まれようもなかった。三味線を弾け三味線を。
 ロンドンではこの時期陽が落ち始めると、多くの公園でオペラや野外コンサートがたくさん催される。そうだが、梅雨が明ければ日本にだって日本に合った催しがもう十二分に開かれているだろう。花火しかり盆踊りしかり。日本の夏の夜に屋外で蚊に食われながらオペラなんぞ聴きとうないぞ(や、これは聴きたいという人もいるかもしれん。すまんかった。個人的意見だ。ゆるせ)

 それよりもなによりも、だ。とりあえずこの方の気位の高さはどうだ。嫁さん美人だし。
「お前なんか、お前なんか、ロンドンから帰ってくるなぁ!ちっくしょー」
 と湿度が高いうえに蒸し暑い日本から汗だくになって言いたい。

ビバ!カーボンオフセット

カーボンオフセットなる言葉がはやっているようだ。

 自ら旅行に行くとして、そこで排出する二酸化炭素、それを補う分を旅行する人が補助金として上乗せすることによって、環境にに「おかえし」をする。そんな感じの旅行ツアーとかがはやっているらしいし。
ツアーのアジェンダに植樹。

 参加者はこれで少しは環境に役立ったと思う。参加者は悪くは無い。むしろかわいそうだ。
 旅行業者は本当に旅行代金に上乗せしたカーボンオフセット料金とやら、役立てているのか?
 いや、多くの業者はきちんとしているはずだと思う。でもな。

おめでたい。おめでたすぎる。

 木というのは、植えれば育つとお思いか?
 私は昔カメラマンというしょーもない職業をやっていたので、もうしわけないが現実をみちゃっている。
よくね、
 「数年前に●○知事 だの●▼社長だの・・が植えた植樹ののちほど・・・を取材」みたいな企画モノで借り出されたものです。

 しょぼい人工的な公園があるのだよ。別に公園なんていらないだろう?ってくらいほっときゃ「森」みたいなところに妙に広い公園があるところに連れて行かれるのさ。その公園の先には昔からの森もちゃんとあるのだ。でもなんか人工的な空間ができている、そういう場所ってあるでしょ?
 そこでディレクターが探しまくる。何を探しているかって?そりゃ植樹した「木」だよ。

無いんだ。

 たいてい無いね。だってあったらみんな大喜びだもの。で・・・喜んだ記憶無いもの。
 枯れているのさ。見事に枯れている。
で、「絵になりませんでしたね」ってことで第2案の企画に進むの。嘘だと思うなら、これまで「植樹式」とかやったニュースの事後取材全部やってみればよい。笑うぞ、マジで。

 なんで枯れてるのさ?
ってな、ってりめーだよ。自然の森で自然淘汰に任せたなら、その森で一番強い樹木を植えれば、まず問題ないとは思う。

 でもね、人工的に作った公園もどきに、好き好きに植えた樹木が『そう簡単に根付く』わけねーだろう。
 ろくに管理さえしてない場合が「ほとんどだ!」と言い切る根拠は無い。
 でも植樹する「木」、植樹すべき「木」をまじめに選定したうえで、育てる努力をしているのか?と問いたい。そのへんどうなのか。

 植樹式をやっただけ。それっきり。っての、結構多いのではないか。一度きちんと調べたほうがいい。

 それなりの、地位にある企業のトップや地方自治のトップがやっていながら、数年絶つとこれなんだ。一般人が、旅行ツアーで植えた木々がどうなっているのか?もちろん善良な業者がほとんどだと思うし、そうあるべきだと思う。が、その上で参加者はのちのちまでしっかり見届け、それが「まがいもの」であったなら、訴えるべきだ。答えは数年後に目に見えて分かるはずだ。

 木ちうものは、植えればそれで「終わり」では無いのです。そんげ簡単なもんなら林業や庭師は苦労しません。植えた木が育つフォローまで一旅行業者が本当にしているのだろうか?非常に素直に考えて、疑問を禁じえないのが普通の感覚ではないのか。こういうのは本来「確固たる実績」があってしかるべきイベントではないのか?
なんで旅行している「客」が二酸化炭素の処理を請け負う必要があるのかな?客の金で儲けている業者が払うべきものだろう?

 これは おかしいと 思って欲しい。

 そんなものに金払って、うさんくさい植樹してさわやかな顔をするんなら、お遍路でもしたほうが良い。

 歩けばよいだろう。歩けないならしかたないのだけれど、歩ける者は歩くべきだ。歩くだけなら、自ら吐き出す二酸化炭素のみであり、化石燃料によるものではないので温暖化の原因とされているものではない。自信をもって吐き出すが良い。
無理して資本に踊らされて旅行なぞする必要はないのではないか?。なんかおかしくないか?
 
 日本人は「本質」を見抜けない、愚か者になってはいないか?
 それでも、何かやらないよりはマシだといえるのだろうか。
 いいですか?今、日本の企業は「いかに『環境』で儲けるか?」を考えているのです。
 いかに環境を良くするか?ではありません。
 いかに儲けるか?です。
 資本主義というのはそういう業です。でもそれは悪いことでは無いんです。
 賢い消費者がいないと資本主義が堕落するんです。消費者が賢く知的でありさえすれば、絶対正しい向きに変えることができるんです。資本主義というのは構造的に国民が馬鹿ばかりだと堕落するんです。(逆に庶民が馬鹿ばかりだと支配者が非常に楽な政治思想もあるでしょう。そっちがよいとは思えないけど。)
 こういうくだらない小技で環境で儲けようとする資本家が提供する消費に参加してはいけないんです。馬鹿な出来レースの選挙に参加するより、こういうことのほうがよほど大事だったりするんです。

京都議定書のカラクリ

この本面白い。→
ずっと前書いたこと、 案外間違っていなかったのだと思う。

京都議定書のからくりについては、恥ずかしながら知らなかった。
京都議定書を分かりやすくおちゃらけて言えばこうだ。


クラスのみんなで頭良くなりましょう!と誰かが言い出す。

自分でどのくらいの%(パーセンテージ)頭良くなれるかお約束しましょう。
それが守れなければ非難を受けます。
でも人生何が起こるかわからないから罰則は設けません。

・・・

それから、大きな声では言いませんが、10年前のあなたの頭から何%頭が良くなったか?とします。
いまからでは無いですよ。10年前のあなたの頭が基準です。さぁみなさん、今後何%頭良くなるか宣言してがんばりましょうね。

欧州さん「8%くらいなら余裕です」
露西亜くん「俺はバカだから今の程度をまもるので精一杯だ。だから0%だ」
米くん「しゃぁねぇな、7%くらいいったるか」
日の丸くん「ガキ大将の米くんがそういうなら。。6%くらい、ということで・・・」


実は欧州さん、もうすでに10年前から今にかけて10%以上頭良くなっていました。
だから、この約束を守るには「数パーセントお馬鹿」になってもクリアできることを知ってます。

露西亜くんも、お馬鹿な振りして実はちゃっかり頭良くなってました。いまからかなりお馬鹿なことをしても簡単にクリアできる事みんな知ってました。

米くんは実は、はなからこんな約束守る気がありませんでした。
じつはこのお約束、このクラスでの決め事であって、おうちに帰って家族が「知らん、そんなの」と言えば守ると約束した事を「チャラ」にできるという取り決めがありました。
ガキ大将の米くんらしい選択です。

さて、日の丸くんですが、すでに10年前より既にかなり頭悪くなってました。
つい、いきおいで6%などと言ってしまいましたが、これから達成するには、すでに馬鹿になっている分をプラスして10数%も頭よくならなくてはなりません。

本当は米くんみたいに、おうち帰ってから「やっぱやーめた」としちゃえばよかったのに、家族のみんなはテレビやマスゴミに毒されていて
「それは良い約束をした。がんばりなさい」
と禿げます始末です。子供も馬鹿なら家族も皆馬鹿です。

で・・・馬鹿は死ななきゃ直らない。一応がんばってはみましたが、かかえってお馬鹿になりそうな雰囲気です。そもそも無理のある約束をしてしまったわけです。

実はこのクラスの取り決めにはもう一つ抜け道がありました。
近くのお馬鹿を教育するとそのコの頭の良くなった分を自分の%にプラスできたり、とても頭の良くなってしまったコから「俺馬鹿のふりしたげるから1%あげる」ともらったりできるんです。これは助かりました。日の丸君のとる道がきまりました。

でも、このやり取り、ものすごくお金がかかりました。。。

こうしてまたタダでさえ少ない蓄えが日の丸家から消えていきましたとさ。


日本はバカだなぁ。

エコ エコ アザラク

どっかの自動車会社が電気自動車は走行中のCO2排出がゼロで地球温暖化の防止うんぬんというCMを流している。
走行中はそれは出ないわな、CO2。
でも電気はどうやって作るのかな。

夜中に蚊に刺されて痒くて目が覚めた。この時期に。やはり温暖化は進んでいるようだ。

温暖化の原因は二酸化炭素の放出量が増えたため"らしい"という説が大きな支持を得たため、二酸化炭素"排出権"
を"購入"したり「ストップ!温暖化」やら、マイナス6%運動だとか、いろいろやっている。

でも二酸化炭素量が多くても寒冷期はあった、という人もいれば、温暖化は単なる小氷河期と温暖期のサイクルの一部であって人間の活動が原因とは言い難い、ましてや二酸化炭素放出量だけ云々しても意味がないという説もある。

個人的にどうにも納得いかないのは、私が子供の頃はこんな事言われてたのだ。『地球が寒くなっていて小氷河期が訪れる』とな。どうやらそれは間違っていたらしいし、実際最近暑いのだけれど、もう30年位したらどうなんだろう、と言うことは実はわからない。

確かに二酸化炭素が増えているらしいけど、

1/増えたから→温暖化した

のか、

2/温暖化したから→二酸化炭素が増えた

のかさえ本当のところわかっちゃいないんだ。

1が正しいなら良いけども、もし、2だったら温暖化の原因は他にあった事になる。二酸化炭素排出権とやらを購入したのが無駄になる。というかそんなもの売り買いすること自体おかしいのだけれど、すでに株やゴルフの会員権みたいになっている。2だったら相場が大暴落するんだろうな。

「二酸化炭素排出権市場の投機に失敗し、経営が悪化、会社更生法の適用を申請した・・・」

みたいな。

個人的には寒いより暖かい方が好きといえば好きなので、大きな声では言えないが「マイヤヒー・温暖化!!のまのまいぇ~」である。確かに生態系は変わるかもしれんが、地軸がねじまがるわけではない。

いままで無かった南方の伝染病が流行るので危険だって?それは今南方で元気に暮らしている人に失礼だろう。海面が上昇し東京ロンドンニューヨークが水没!というのも今日明日急にそうなるわけではない。どうやら100年くらいかけて1メートル上昇するのだそうだ(違っていたらすまん)

「1メートルと言っても大変な事、満潮の時に海面下に住む人は410万人も増える!!」

そいつぁてぇへんだぁ!。ってゆーか俺んちって、すでに海面下ですが、なにか。

実際小さな島国は国土が消滅してしまうらしい。金がなければ堤防も築けまい。国を守るため工業を発展させようにも、すでに二酸化炭素排出権は先進国に高値で取引されてしまっていて買うことすらできないぞきっと。

そうか。そういうことか。2でもいいんだ。