Windows 7

 リリースされましたね。とりあえず名前はいいやね。やはりウルトラシリーズもセブンが一番好きだし、俺。

 色々情報を見ると、とりあえず『全ての面で “VISTA” を上回っている』との由。

 え?そこ?

……そんげがん当たり前だろう。あれほどあからさまな失敗作の何処かほんの一部でも下回っているようなら誰も買わないよ。どうもどこもかしこも論調が「VISTA vs 7」となっているんだが、それは違うだろう?「XP vs 7」だろうよ。7 の敵は、ご先祖である XP だ。(実は 7 の中身は VISTA 改 といった程度で正式バージョン名は VISTA の”6.0″ に対し 7 は ”6.1″)。

 ”7″ は “VISTA” に比べると格段に軽い OS となっているとの事。もうそれだけで VISTA ユーザはうっかり VISTA を選んだことを後悔し、MS を恨みつつ、とっとと 7 にした方がよい(XP しちゃうって手もあるが)。だいたい VISTA は SP1 にするとさらに重くなったという過去を持つ。これ以上使い続ける意味はもはや無い。

 問題は「VISTAをシカトした賢明なユーザが圧倒的に多かった」ことにあるわけで、VISTA と比べた 7 の優位をいくら挙げていただいても何の解決にならんのだ。今更ながら、「7 は XP に比べてどこがどんだけ良いか」をアピールしなきゃ駄目だろう。

 で、 XP に比べてどこがどんだけ良いのかな?って思って見てみるとだな、良く分からないんだ、これが。

 エアロってがんが 7 の(というか VISTA からの)目玉なのかいな?と。どうでもいいだろう、こんなの。このエアロをOFFると格段にパフォーマンスが上がるという点からして駄目駄目だ。パワーユーザならあえてOFFにするような機能を喜ぶタイプなら黙って MAC を使え。

 もう何これ?ってのが「スナップ」。いらん、こんなの。マウスをクリクリって左右に振ると他のウィンドウが最小化するってさ。なんだよそれ。誰が欲しがったんだこんなの?こういうギミックが好きなタイプは黙って MAC を使え。

 ライブタスクバープレビュー……まんまドックじゃん。こういうことやるからマカーから馬鹿にされるんだ。ジャンプなんたらとか「ピン」とかさ、もうね、この類のランチャーはね、いくらでもフリーで使いやすいものが巷に溢れているんだね。Orchisとか使えばいいのに。OSに組み込むほどのものか?こんなの。黙って MAC を使え。

 そして、新しいインターフェィスは「美しい」のだそうだ。さすがに XP は酷かったからな、確かに耐えられる見た目にはなったとは思う。しかし申し訳ないが、いかにセンス良く、すばらしいデザインで着飾っても、既にブランド力で負けている。いくら頑張ってもBMWはベンツにはなり得ないのだ。どんなに日本の香水が進化してもシャネルに同じ土俵では勝てない。いくらかっちょいいデザインのバックも、あの「ロゴで一杯」の合皮のブランドバックほど高く売れないのと一緒だ。いい加減気付け。そしてあきらめろ。どっちにしろ見た目にこだわる人が世界中で使われているのと同じデフォルトのテーマのままで使うわけ無いだろう?勝手にこっちで換えるからほっといてくれ。そんげ面倒なことやってられっか!ってタイプは悪いことは言わない。 MAC を使え。

 どうも MS は売り方が下手だ。アピールするところを完全に見誤っておる。OS のなんたるかを MAC に毒されているとしか思えない。例えば “7”はメモリ管理やらタスク管理が格段に進化している。XP より多くのメモリがちゃんと認識する。VISTA の場合せっかく多く積んだメモリが OS に食われちまって意味無しだったのが、マシになっている。それから例えばビデオの再生。これまでビデオを再生したらたとえ最小化していたとしても裏でアホみたいにリソースを食っていた。これが「ウィンドウが開いているもの」だけに割り当てられるようになったそうだ。昔と違って YouTube がたくさん貼り付けられたウェブページが増えたし、ビデオいくつか再生しながらエクセル入力したりというナガラ族にとって、こういった事の方が「エアロ」なんかよりよほど実質効果が高いはずだ。

 もう見た目やギミックはいらないから、そう、 Win2k の頃のインターフェィスに戻して欲しい。あとはこっちで好きにやるからさ。それから IE な。いらないんだけどなぁ。ヨーロッパ市場向けには IE 抜きバージョンで売るそうじゃないか。日本もそれ、欲しい。(どうやら “IE” が入ってないわけでは無いらしいけど)
 出来るだけ贅肉を削ぎ落とした裸のボクサーのような OS が欲しいんであって、頭でっかちの着膨れしたメタボみたいのは今更いらないんだけどなぁ。

記憶媒体

「あなたのPCではDVD焼ける?」と、会社で聞かれた。
そりゃ焼けらいでか!焼けないわけないよ。だってコンピュータだもの(笑)仮に今駄目だとしても最終的にはドライブ買ってきて皿焼きソフトンストールすればいつかは焼けるわいね。
んだが「出来ますよ、当たり前じゃないですか」などと迂闊に答えて、一枚かとおもったら10枚てな場合もある。(てかなんで自分で焼けないのかが問題だ。業務上必要なら購入申請して買おうよ。そんなことに同僚部下の時間取らすなよな)

ので

「最近DVD焼くソフトの調子がおかしくて」と言葉を濁す。
実際最近皿焼き具合が悪いのだ。XPのSP3を入れてから皿焼きソフトを立ち上げると、ところどころ文字化けするし、せっかく焼いた皿がマックで再生できなかったり、DVD入れているのにCD分の容量しか焼けなかったり……でもここんところUSBメモリばかり使っていて皿焼く必要性が皆無、めんどいからほったら~、状態。

で、詳しく聞けば
「写真データのやり取りで、DVD20枚程焼かなくてはならないんだ」
……

半日仕事らねっか。
出来るって気軽に言わなくて良かった。俺って本当にずる賢くなったな。でも、なんでそんげにDVD。
昔勤めていた会社では、データのやり取りにDVDなんて使わなかった。焼くのも見るのもかったるいし。
基本サーバを介すか、HDをUSBデバイスケースに入れてやり取りした。
って話をしたら「それいいね」と納得して頂けた。物分りが良く、頭の柔らかい人で本当に良かったが、OS9を仕事のメインに使うのそろそろやめませんか?とだけは言いたい。多分OS9と心中するつもりのDTPオペレータって結構多いと思うんだ。残念なことだ。

さて、そのHD&USBデバイスの組み合わせだが、たかだかDVD20枚、ようするに、50GBくらいのデータのやり取りにHD新たに買うって言ったって、今時80GBのHDなんて買う馬鹿いないだろう。でよくよく考えてみたらUSBメモリだって今は32GBある。しかもそれが5-6千円で買えたりもする。より早いフラッシュメモリカードでさえ32GBで1万円しない。

私が始めて買ったPC(IBMアプティバ)のHD容量は2GBだった。メインメモリは16MB。それが36万円した。バブル期とはいえ、よく金出したな俺。16MBのメモリ!ぷぷっってなもんだろう。まぁ実際16Mではウィンドウズ95がまともに動かなくって、64MBにしたらえらい早くて感動したものだ。でもそのメモリ増設費用、たしか2-3万かかったような気がする。

それがHD160GBったって2.5インチのでさえ5千円しない今って……。
そのうちHDや皿(CD,DVD)は無くなるだろう。所詮原理はレコードと変らないこの規格が消えるのは時間の問題だ。紐系(ビデオテープ、カセットテープ、DAT)はもう消えかかってるように、物理的に皿回しして物理的に針(光)が読みに行くという「機構」も風前の灯だと思う。動いちゃだめ。皿が回る時点でもうだめ。
だって将来的にメモリは人類の生きた頭の中に埋め込むことができるようにならなきゃ駄目なんである。行く先はメモリと脳の連携だ。そんとき「頭の中で円盤がくるくる回って」いたら気持ち悪いだろう?

どーでもいいがSDD(シリコンディスクドライブ)って、ネーミング、どうなのか?どこがディスク(皿)なの?シリコンドライブじゃぁSDってのがもうあるからしょうがないのだろうが。もうちょっとセンス良い言い回しは無いものか。

(ちなみにSDっていうのはSecure Digitalの略らしい。なんだそりゃ)

"プリシェ"って奴で、またやってもぉた。その2

前のエントリーの続き。

ウィンドウズ98を入れたのはいいが、画面はちっちゃいし、LANもつながらない。当たり前なんだが、ドライバーが認識しないからせっかくのタッチペンも使えない。

なんでかというと、このプリシェ346というのは「ウィンドウズ98SE(セカンドエディッション)」の仕様なんだ。しかし家には「素の98」しかない。ハードが98のドライバを認識しない。富士通のダウンロードセンターに行っても、そもそもこのマシンがSE用であるから、それ以降のドライバしか置いていない(これも当たり前だ)

・・・ちょっと嫌になてきたよ。

面倒なので、98はあきらめて2000を入れることにしたんだが、標準がIE5.5(藁)でウィンドウズアップデートが全く動かない。IE6のサイトに行けと書いてあるけどどこから落としたらよいのかさっぱり分からない。(表示がぐちゃぐちゃ)
はぁ。もうそろそろこういう作業がしんどくなってきました。

マイクロソフトアップデートのページって、なんであんなに重くて(しかもダサいデザイン)下位のブラウザーではろくに表示できないような構造なのか?

もっとシンプルにアップデータだけ羅列しておけば済むだろうに。せめてIE6SP1くらいすぐに落とせるようにしろぃ。うざいくらいIE7の宣伝ばっかしだ。だから嫌われるのだ。

それから富士通のサイト。

タッチパネルのドライバーを探すのに「どんだけ」時間がかかったか。
見難い、探しづらい、検索機能が糞、ったらありゃしない。
結局発見したきっかけは窓の杜の「最新ドライバー情報」だったんだから。えらいぞ窓の杜。
まぁ富士通にとってもマイクロソフトにとっても、こんげ古いPCに古いOSを今更使われたって何の儲けにもならんのだろうけど。

とりあえず、今更プリシェを使うという人もあまりいないだろうけども、タッチパネルは使い勝手がすこぶる良い。(ペンだけしか使えないのとは違って指でも使えるのがこんなに便利とは思わなかった)ハードが動くなら捨てるには忍びない、と言う方や、貰い受けたけどセットアップCDが無いという方へ

■とりあえずウィンドウズ2000ならたいていのものはOS付属のドライバで動くようです。

ウィンドウズ2000関連情報、OS付属ドライバで動かないものの各種ドライバはこちら
しかしなんで(法人)ページに?こんなの法人が使うか?・・・と思って(個人)ページもさがしたら、あるにはあった。多分おなじものだとは思う。けど、こっちの方が探しにくかったです。

■メモリは(256二本刺しで)最大512MBまで挿入可能の様子 (カタログスペックは198MB)。ただし、相性が非常に厳しい。両面チップタイプなら良いと言う話があるらしいが確信は持てない。512以上はマザーが認識しないらしい。(レアなメモリなら可能という話もある)SPD付き100MHzでないと挙動がおかしくなるようだ。

■CPU換装も下駄を噛ませる事で可能とのこと。
これでもうちょっとだけディスプレイ解像度が高かったら、子どものおもちゃにはもったいないくらいの代物なんだが。惜しい。

"プリシェ"って奴で、またやってもぉた。

社長から懐かしいPC、富士通のFMV「プリシェ346」というPCを貰った。「ポルシェ911」という車では無かったのが残念だが、まぁいい。娘さんが使っていた物との事でHDにはエラーが出ていて交換が必要だったが家にはそんなのごろごろ散在しているのだ。

で、今日、家に持ち帰り、ハードディスクを交換、ついでにメモリーが64しかなかったので、やはり家に転がっていたメモリから適当なのを選んで、これも最大の198に増設しる。大体において、わたしはこの「ついで」がいけない。でもこの時は気付かなかった。
さて、「起動」BIOSがメモリ198を認識。ふふ。しめしめ。


あれ?

止まった。

来たよ、トホホの予感。また休日が無くなるねこれは。
とりあえず落ち着いて、エラー画面を見る。

0021 キーボードが無い
0031 マウスも無い

嘘!つながっとるやん!ってこれUSBやん!PS2キーボード&マウスなんてあったっけか?と押入れを探す。やっと見つけて差し込もう!と思ったら!!。コネクタが有りませんでした(T_T)

このPC、デバイスはUSBだけだった。なんだよそれ。だめだめじゃん。分解すればもしかしたらPS2端子とか隠れていないかな(ねーっよ)と思ってちっこいボディを悉く分解したがそんげもんは見つからなかった(当たり前か)いろいろネットで調べたが、解決方法は「修理」以外無いとある。バイオスがキーボードを認識してなきゃ初期化もできひんやろ。エンター押せないし。

いつもの私ならここでディスプレイにゲンコツ食らわせてお釈迦にするところなんだが、このPCは社長からの貰い物であるゆえそう無碍にもできない。そして何も進展がないまま深夜になった。
万事休した。

せめて、元の環境に戻して「駄目ですはこれ、BIOS逝ってます」と返そうかと思って元通りにした。
験しにスイッチ押した。

あれ?動くじゃんよ。何それ。ハードディスクが壊れているのはそのままだけど、キーボードもマウスも認識する。おかしい。ってか、メモリーだよ。あの増設したメモリー。どうもメモリーの相性でBIOSも起動しなくなるらしい。
じゃあっ、てんで 家中にあるメモリーを入れポン出しポンして試して見たが、どれもこれもエラーが出る。なにこの上から目線。そんげに嫌か。これでどうだ、ほれほれ。と、いきなり相性ぴたりのメモリがあった。そのまま認識…あれ?340メガ?
仕様説明書に拠れば最大198メガとなっているんだが・・・どうやらこのPC、両面にチップがあるタイプなら最大512MB まで積めるということをネット上で発見した。そうだったのか。説明書ってあてにならんな。しかしみんないろいろやっておられるようだ。

で、無事win98をインストール。と思ったら、
そんなに甘くは無かったです。 あとは明日。

Lynx

Lynx ちゅーテキストブラウザがある。はるか昔、(まだ IE4 や NC4 の頃)かっこつけて使ってはみたものの全く使いこなせずやめた覚えがある。Dos の画面で動き、まぁ当然軽いっちゃ軽い。もうどんな混んでるサイトもテキストだけ読みたいならこの方が早い。

実は昔 9000 円だかで買ったジャンクノート(ビブロ655NU8C(法人向け))に Win98 を入れたかったのだけど、どういうわけか入らなかったのだ。しょうがないので Win2000 を入れたら重たいったらないのだ。(ちなみにメモリは128だ。重くて悪かったな!と言いたいだろうなビブロ・・・)別にウェブを見たかったわけでもなく、ブラウザは別段必要ないのだが、軽いなら使えるかもと思い久々に落としてきた。

lynx-cap1いつでここを見ると、こんな感じに見えるのです。

なんかどっかで見たことがあるなぁと思ったら、そうよ、携帯で画像オフで見たのにそっくりだ。カーソルがリンク単位ですっ飛ぶあたり使い勝手も似ている。

ただし、携帯とは確実にアドバンテージがあるのがリンク先への飛び方の驚異的な早さだ(※物理的に混んでいるサイトはやっぱし重いです)。考えてみれば昔使っていた時はダイアルアップ環境だった。光や ADSL 環境でのテキストブラウザというのはもっと見直されても良いと思う。あいかわらず Win 用では Lynx くらいしかすぐ見つからないってのもさびしい。フォーム関係が弱いのも常用するには気になる。(もうちょっと他にも無いか探してみようと思う)

Dos 窓とはいえ、勿論マウスでのリンク選択やクリックも使えます。ダブルクリックは必要ありません。ワンクリックでものごっつ早くすっ飛んでく上に、テキストが切り替わるだけなわけで、ページが切り替わったのに気が付かないくらい早いので笑える。

画像の alt 切れのチェックにも有効。画面も設定ファイル ( lynx.cfg ) を書き換えれば黒バックに緑文字とかのマトリックスな見た目にも出来る。非常に見づらくなるのでお勧めはしないが、ちょっと古風な気分を味わいたい御仁は一度お試し下さい。

Lynx はこちらで落とせます。