自転車注文

さっき自転車屋さんに行って、自転車を注文してきた。
最近歩いて通勤するのがかったるくなってきており、ほぼ毎日娘のちゃりを拝借し続けてきたのだ。が、もうすぐ娘は夏休みだしいい加減にしろ、と言われる前に買うことにした。

本当は▼こんげのが欲しかった

のはやまやまなんだけど、

予算の関係で▼約10分の一の値段のこれにした。

変速が付いていないんじゃが、それもしかたなかろう。どうせ歩いて行ける距離だ。(約4km)

思えば高校生の頃、自宅から江南高校までの道なりがちょうど4kmだった。歩いたりチャリで行ったり、バスだったり、気分で替えていた。結構どうにでもなる距離ではある。ちなみに鳥屋野潟からまっすぐ海まで直線距離で約4kmだ。海岸沿いを日和山から関屋分水まで行くと4km。新潟駅から越後石山までが道なりでだいたい4km。確かに変速機はいらんわな。

ただ、今済んでいる土地はところどころ縦横無尽に「堀川」がある。大きな堀は通船のため橋桁が異常に高い。あの信じられないくらい橋桁の低い万代橋が懐かしい。

喫煙所

自分がタバコを吸うのであまり偉そうな事は言えないのだが、職場のビルの外、エントランスを出ると非常にウザイ。ビル中のタバコ吸い達が屯してスパスパしている。職場が禁煙なのは分かるが、最近いくらなんでもちょっといい加減にした方がいいんじゃないの?ってくらい煙い時もある。業を煮やしたのかビルの管理の方も「禁煙」の看板をエントランス周辺に貼り付けてはいるが、基本皆さん無視して吸っている。いつか近隣の住民から文句が出るに違いない。(てか多分に何度か苦情が出ているからの看板設置なんだろうな)

私の職場は喫煙可なので、普通に仕事をしながらみんなタバコを吸っているから何もわざわざビルから出る必要は無い。前の職場は各階にあるベランダが喫煙所だった。これもいろいろ問題はあるんだろうけど、各階で分散する分まだマシかもしれない。

ビルたって小さいならそんなに人も溜まらないのだろうけど、このビルは20階以上あるから、屯す人も半端ではない。これはたまらない。渋谷とかの喫煙コーナーの状況知っている人もいるだろうが、あんなのがビル毎にあったら外歩きたくなくなるだろう?第一オフィシャルな灰皿が置いてないんだからそんなに集まって吸う必要ないのにもかかわらず、どういうわけか固まっている。たもむからもう少し分散してくれ。むしろ屋上を喫煙所にした方がいいんじゃまいか?てかてめぇの会社の中で吸わせてあげようよ。会社もイメージ悪いだろう。いちいち社員がビルの外まで行ってるんだから効率も悪い。一体こいつら何時仕事してんだ?って。

俺が小学生の頃は学校の先生がタバコ吸いながら授業していたんだぞ(マジだ。35年くらい前だが)。エスカレーターが禁煙になったのは俺が大学生の時だ。たしかイギリスの木造エスカレータが吸殻で火事になったのがきっかけだったと思う。木造のエスカレータなんてどこにあったんだ?

4月から神奈川で実施される条例とかさ、もうね、いっそ法律で禁止してくれよ。一方で貴重な税収で一方で締め付けるってのはどう考えたっておかしい。神奈川にはタバコ税を一切使わせるなよな。じゃないとおかしいだろう?

インフルエンザの気持ち

 結局、罹患したのは末子一人で、他の家族は誰も発病しなかった。新型は感染力の強さが自慢のはずなのに。(実際保育園では患者続発で登園自粛状態になっているし、付近の小学校も学級閉鎖が連発してる)

 今年の初め、自分がA型に罹かった時は長女と俺だけで、嫁も次女も末っ子も平気だった。(この冬は末っ子だけ予防接種を受けていた)
 おととしだったか次女がゴージャスにもA型、B型に続けざまに罹患したが他の家族は誰一人発病しなかった。人から豚にだって感染するのに、妙だよ。

 うちは狭いし患者が一人いればまぁ確実に感染していておかしくないと思うんだが、全員が続けざまに発病するといったことが起こらないのは何故なんだろう。保育園や学校では感染って発病するのに家庭では感染っても発病しないのか?もしかしたら似たようなDNAを持つ生き物にはウィルスが感染りたがらないとか、あるんじゃなかろうか。やっぱいろいろ繁殖したいから同じ種類より違う生き物の方に感染りたいと思うのが人情(?)だ。人から豚にうつるように。同類より異形に感染りたいという明確な意思があるんではないか。

 あるいは感染したウィルスが感染者のDNA情報をなんらかの形で持っていて、同じ種類のDNAには発病しにくい形で感染するとか、ってあるんじゃないか?だってウィルスにとっては感染者が死んでしまったら自分も死ぬんだし、気持ち的にどっちかといえば宿主には生きていてもらいたいんじゃなかろうか?細菌や微生物ではないんだからそんなことは無い?ほんと?

自転車がぽちい。

 自転車が欲しいとちょい前に書いた。エコのせいか、メタボのせいか、いや多分不景気のせいだろうが、自転車ブームなのだそうだ。な。そうだね?

 本当にエコに貢献できるのかどうかは微妙だと思う。車から自転車に乗り換えた、てならともかく殆どの人は「電車通勤→ちゃり通勤」だろう。多少は混雑が弱まったり電車の加重は減ったのかしらもしらんが、都心の電車の本数が減ったという話はとんと聞かないしな。

 メタボ解消?え?まじ?本当か?

 確かに少しは健康に良いだろうけど、どう考えたって歩くのに比べたら自転車は「はるかに楽ちんだ」と思うんだがな。歩くより効果的な運動にしたいなら、歩くより疲れるような運転しなきゃだめなような気もするんだがなぁ。
その割には「軽い自転車が良い」とか、「クロモリは疲れない」とか、「なるべく楽チンなちゃり」ほど値段も評価も高いのはどういうわけか。本当にメタボ解消する気があるのか。本当に「メタボ解消」「運動目的」だったら「鉄下駄」のような自転車こそ売れるべきだし、売るべきだろうに。

 いや、きっと私が間違っているのだろう。何か自転車には「歩くよりもっと素敵な秘密」が隠されているに違いない。雑誌の企画部が困らないとか、タイアップがやり易いとかかな。
090919_1107~001 で、ホームセンターに行ってみたら、
←こんなの売ってた。
素敵なネーミングだ。
「軽快者」
かぁ。
”けいかいもの” と読むべきなのだろうな、この場合やはり。

違うな。

▼実用はこちら

故あって酒をやめた。

 実を言えば、朝からビールを飲み、昼は昼食のお供にビールやらワインやらを飲み、帰りは帰りで道々日本酒パックをちゅうちゅう啜り、家に帰れば焼酎のお湯割を5-6杯飲むという生活を長年してきた。故合ってもクソも無く、どう考えてもアル中寸前だと思われ、ちょっとした良い機会もあって意を決して酒を辞めた。絶対手が震えるとかあるに違いないと思っていたが何事も無く、拍子抜け。

 食事のとき口寂しいのでノンアルコールビールを飲んでごまかしている。これがなかなかよろしい。なんだこれで良かったのか……という感じだ。考えてみれば、「辛いことを忘れたいため」とか、「憂さ晴らし」で飲んできたわけでは無い。私にとって酒は単に水分と栄養補給だった。第一夜以外は酔っ払ったことが無い。飲めば一応眠くはなるのだけども。単に飲む量を「普通」にすれば済むんじゃないか?という考えもあったが、私の場合、酒はあればあるだけ飲んでしまうから調節というものが効かないんである。断酒か飲むか、しか選択肢は無い。

 酒を止めてはじめての秋の夜長というやつで困っている。どうにもこうにも眠れないのだ。今も夜中にごそごそ起き出してこんなこと書いている。寝るきっかけというのがわからない。これはこれで禁断症状の一つなのだろうか。ようやく眠れたと思っても「夢見」が非常に悪い。なんとも嫌な夢で目覚めるのだ。例えば一昨日の夢。

 どういうわけか小林旭とカラオケをやっている。旭ったら、「シャボン玉飛んだ」を歌いだす。ところが歌手の癖に歌い出しのキーを1オクターブ上に間違えやがった。調子っぱずれでなさけない。「屋根まで飛んだ~」の所で声が裏っ返る旭。余りのくだらなさに私はうなされて目が覚めた。

 寝るのが怖い。