大相撲

久々にいい相撲を見せていただいた。
いや。まぁいろいろあるんだろうし。まだ18だし。でも世界戦だったんだよな、これって。
ボクシング人口が減るだけなんじゃないだろうか。
いや、まぁいろいろあるんだろうな。まだ18さ。見ていてかわいそうになってきた。
腹切りとか、台本にあったのだろうか。もしそうだとしたら、(きっとある程度は演出がはいっているんだろう)若いのに苦労しているなぁ、えらいなぁと思う。(ただあのTVのアナウンス、解説はどうなんだろう?ちょっと気持ち悪いんだけど。やってる本人達がかえって気の毒だと思う。会場のノリとあまりに逆行してるし)
で。
そそそそそんなことより、もっと髪の毛は大切にしたほうが良い。18にしてはちょっと気になる額の広さ。他人事とは思えない。
毛染めは禿げとは関わり無い、という意見もあるが、それはそれ、「人それぞれ」だと経験からして忠告したい。
今日対決したチャンピオンと同い歳になるまで15年(だっけ?)あるんだ。あせる必要は全く無いんだ。ただ、髪の毛は無駄にするな。金色がすきなのはわかるがな。ジャケットでも乳首でもなんでも金色にすればよいと思うが、日本人たるもの、髪は黒でよかろう。あればいいんだ毛なんて、あれば。
毛の色なんて色なんて。くっ・・

太もも打撲

最近打ち身による痛みが非常に多く発生しています。
特に太もも、すね。
こんなことやこんなことを、好きでやってるのでしかたないのですが、階段の上り下りができない。
でも何度もやっていると、自然と治し方を覚えるもので、最近はかなり痛くても一週間あれば治るようにはなった。
基本はやっぱりとことん冷やす事。そして圧迫。当日の夜からきちんとしておくと治りが非常に早いですね。
太ももの打撲の際は、少しひざを曲げて立った状態でひざから上に向かって太ももの根本まで包帯できっちり締め上げる。

テーピングの方がよいのかもしれないんですが、「毛」がねぇ。はがす時痛いのよ。かぶれるし。
だから私は包帯を使います。

巻き方はテーピングと同じくX字になるように、患部で交差するように。(>テーピングの場合の例)
包帯けちって感部のとこだけ巻くと、歩いたとき食い込んでかえって痛いので注意。
で、巻いた上からネットの包帯をさらに履きます。

←こういうやつね。

そしてこのネットと包帯の間に保冷剤を差し込んで寝る。
包帯のお陰で冷たすぎず丁度良いです。布団は湿っぽくなるけども。
2-3日これで寝ると4日目くらいには結構治ってます。(当人比)
これをやらないと(たとえば飲んじゃってそのまま寝ちゃったとか)、痛いところがどす黒くなり、しかもその黒いのが太ももから膝を経てだんだん足先にむかって落ちていくという気持ち悪い現象が起こる。こうなると治りが非常に遅いです。

結石

一週間ほど前から、背中の左側が痛くて痛くて。
で、
腎臓?すい臓?いずれかがおかしくなっとるんちゃうか?と。
しかたないんで、酒をやめ、病院で検査した。
その結果。石でした。石ができておると。尿に硝酸カリウムだかカルシウムだかが検出されたとな。
要は水飲んで小便を出せ。それだけであった。
酒は・・・まぁ遠縁ではあるが直接関係は無く、食事に油モノを避けるようにいわれた。
したがって、すっかり元通り飲んでいる。
石は出たのかどうなのか?最近痛くない。
実は医者に行った後、空手の稽古でさんざんわき腹に蹴りをくらったのである。
稽古の前、非常に背中が痛かったのであるが、その稽古の後なぜだか全く痛くない。
もしかしたら蹴りが超音波療法(石を砕く療法)の替わりとなり、石が砕け散ったのかもしれません。
左わき腹はお互いに右利きで対構えの場合結構蹴りを食らう場所である。
腎臓とか尿管結石で背中左側に痛みを覚えてお悩みのご諸兄のみなさま、これは実益を兼ねた健康療法といえるかもしれない。(そのかわり、肋骨が折れるかもしれないので無理にはお勧めしません)

貝毒にびびる

いい陽気なので明日潮干狩りにでも行こうかと思っている。
そしたらテレビで「潮干狩り注意、貝毒の恐怖」みたいな番組をやっていてビビリ。
貝毒とは
・・・
ものを知らんちゅうのは怖いもんだ。死ぬの?死ぬのね!?知らんかったわー。
そういえば武士の一分でも貝に当たってたな。>あれは違うらしいけども。
まぁやばそげなんわ大阪近海だけだそうだから、やっぱ行こうと思う。いい感じに大潮だし。
そういえば今日で42歳だ。困ったもんだ。

禁酒

実は酒を断っている。別に岡ひろみを立ち直らせているわけでは無い。最低血圧が100を超えただけの話だ。 (上は150弱)

ちょとまずいと思った。塩分を控えてみたけど効果がないので試しに酒やめてみたわけで。

こんなに飲まないのは飲み始めてから初めてだ。以前タバコをやめていた頃、酒が無性に美味かったものだが、酒をやめてもタバコは少しも旨くならないのが残念だ。

ここのところ更新が多いだろう?酒をやめたから記憶が続くからだ(笑)

なんせ「あーこれ面白いな、書いておこう」と思ってPCが立ち上がる間に忘れてしまう上面倒になって寝てしまうことが長らく続いた。脳がかなり酒毒に侵されていると見た。それがここ数日忘れなくなった。

やめたら手でも震えるか?とも思っていたが、なんとも無かった。

半月ほど経ったが、最低血圧は80台まで下がった。上は140前半程度にしか下がってないけど、一応効果があるようだ。じじむさい話だな。

酒をやめたら飯がまずくなるかと思っていたんだがそんなことは無かった。いままでやめたことが無いから知らなかったんだよ・・・。むしろ食欲が増してしまった。いままで飲んだら全く食べなかったのだが、要するに酒でカロリー補給していただけだったのかもしれない。

あと驚いたのが、「冬はめっちゃ寒い」ということ。

飲んだら温まるのは当たり前だが、飲んでないときでも寒さには強かった。ところがここのところ寒い。この程度の気温で寒がる私ではなかったのだ。暑がりであり、北風ぴゅーぴゅーでも手は暑く、顔は赤ら顔で(単に酒焼け)真冬でもコートは風邪引いたとき以外は滅多に着ない方だったのに。

もうコートとマフラーが手放せない。

「寒さに強い俺」像、というのも酒のおかげだったのか。すっかり冷え性だ。

夜なかなか眠れない。これは想像していた。いつも飲んだくれてへっくりかえってグースカピーだったのだから。寝るタイミングというのを図りかねる。どうやって寝て良いのか忘れちまったぃ。飲まない人はどうやって眠っているんだろう??
かといって朝早く目が覚める。で睡眠が足りないのか?といえばそーでもない。変な気分である。
あーでも忘年会では飲むよ。たりめーじゃん。

追記::その後・・・新年を向かえ何事も無かったように飲み始めました。