NASAが選ぶ「ありえないSF映画」

NASAが選ぶ「ありえないSF映画」&現実的な映画

■“ありえない映画”ワースト7作品
1.「2012」(09)
2.「ザ・コア」(03)
3.「アルマゲドン」(98)
4.「ボルケーノ」(97)
5.「チェーン・リアクション」(96)
6.「シックス・デイ」(00)
7.「What the #$*! Do We (K)now!?(原題)」(未)

■“現実的な映画”ベスト7作品
1.「ガタカ」(98)
2.「コンタクト」(97)
3.「メトロポリス」(29)
4.「地球の静止する日」(52)
5.「Woman in the Moon(原題)」(未)
6.「遊星よりの物体X」(52)
7.「ジュラシック・パーク」(93)

NASA暇杉…!
なのはともかく、

やはり『ガタカ』は現実的なのね。やだなぁ。でも正しく進化しちゃった未来ってなんとなくそういう感じがする。

それにしても、「郵政寄り遊星よりの物体X」が現実的なのか?「から」ではなくて、そっちか。渋いなNASAは。

「地球の静止する日」も微妙だ。核査察団のメタファーだもんなこの宇宙人。一見友好的な異星人だけど結局やってることは同じ「より驚異的な力による脅しに過ぎない」というあたりを深く考えたほうがいい(?)映画ではある。

1Q84

1Q84を娘が{学校の図書館}で借りてきたので、読んでいる。娘はまだ読んでいないらしい(笑)ってか今時はこんな話も高校の図書室にあるのね。ペ◯スだの睾丸くねくねだの、ハゲの爺ぃのちん◯がやや大きめが好きとか、まぁ中学にあったらさすがにびっくりだが、いいか高校なら別に。俺が言える立場か?ってやつだな(藁)。アニメじゃないから石原都知事も安心してオススメできるだろう?。

村上春樹の本って、これまで自分は最後まで読んだことが、無い。したがって今回も恐らく最後まで読めないとは思いつつ、丁度昨日遠場に電車で行く用事があったので、車内で読むには丁度いいかなと思って持って行ったわけだ。

で、やはり、途中まで読み進んだんだけど、この最近の流行りというか、同時進行パラレルワールド形式の小説は、電車の中でちょこちょこつまみ読みしていると分からなくなる(記憶力不足)。それにどうしても女の子{青豆}の方のおはなしがメルヘンチックすぎて、読み続ける気力が沸かない。途中から{天吾}の章だけを読む(青豆の章はすっ飛ばす)ことにした(笑)。末っ子が漢字を飛ばして本読むような感じか。結果としてあまり分かっていない自分がいる。

ただ、この話、読むに当たっては先にジョージ・オーウェルの「1984」を読んでおいたほうが良いのではないだろうか?と娘には言っておきたい。あのラストの「どっしょもねー気分の悪さ」というのを知ってから1Q84を読んだほうが、間違いがなくて良いと思うんだが。ちなみに私は1984を1984年(当時19歳か)に読んだ(笑)しょぼいSF映画になって話題だったから(でも映画は見ていない。ユーリズミックスのサントラは買ったが)。

いまどきの高校の図書室に1984は置いてあるのだろうか。

まぁどうでもいいか。

どうでもいいな。

ヤマト実写版その2

ヤマトの実写版について再び。

嫁が言うには
「地球の危機を救うのがなんで日本人だけなんだ?という点からしてリアリティ無し」
だそうで、確かにその点良く良く考えて見ればゴジラ的な和物特撮でも全く構わないのかもしれないと思った。

もしこれがハリウッド版とかだったら、人種の偏り過ぎでアウトだ。せっかく題名に英語を入れて海外を意識したならそのあたりキャスティングにも気を使って欲しかった。この点だけ見れば「デビルマン実写版」の方が(良い悪いは全く無視して)まだグローバルだった。

真田あたりをボビーにやってもらうとか、森雪はオセロの白い方にするくらいの思い切りが必要だったかもしんない。

そして、ガミラス星人。原作ではどう見ても顔色の悪いただの人間だが、彼らは14万光年先らへんに住む生命体である。せめてマーズアタックの奴らくらいのクオリティは欲しい。

スターシアがたとえジャバ・ザ・ハットの嫁みたいのだとしたって、ここははるばる望むしかないんだ。背に腹は変えられない事態なんだし。

 

私は……イスカンダルの……ター…ア

尖閣のビデオ

youtubeの件の流出ビデオ見ました?もうすっかりコピーが流布されてしまったことだろう。みなさんもちゃんと落とせましたか?(笑)

しかしこれを隠してきた政府ってのもよくわからんな。
youtubeで先に公開されるとかって、時代だなぁ。うん。テレビとかってなにやってんだい。

今朝7時40分あたりで消されちゃいましたね。

追記
新たにアップされたよーだ。(「みずき」の方)▼  ニュースでさんざ放送してるけど。

流出元はどこなんだろうか??

ゆれる

懐かしい映画ってわけではないが、嫁が借りてきたので見た。いや、これは素直に良い映画である。香川さんの比類ない演技力を十二分に堪能できる。

オダギリジョー扮する弟役のあまりの身勝手さ加減と、それに対する、行為の結果に対しての「何事もなさ」にはちょっと辟易するけども、それがまぁ良くも悪くもリアルってもんか。ただしイケメンに限る、みたいな感じか。

ただ、あの面で東京の売れっ子カメラマン(笑)って設定はちょっとどうなんだろうか。70年代か?それに売れっ子って(名が売れるはずだから)あの裁判(とくに解剖結果の体液の部分とか)の後も何も変わらずてのも妙ちきりんだ。…まぁあまり細かなところは突っ込まないのが正解だろう。すまぬ。単にイケメンに嫉妬だ。

ロケ地はほぼ富士吉田ですが、あの問題の「吊り橋」のシーンだけは新潟の津南町がロケ地ですよ。