フラッシュとかライトボックスに見る栄枯盛衰

フラッシュとかライトボックスってやっぱもうオワコンなんだろうか。多分そうなんだろうな。

前者はあからさまにアポーのせいだ。iPhoneのブラウザがフラッシュ表示不採用にしたっていうね、ただそれだけ。それだけであれほど栄華の限りを尽くした技術が、「はい、さよなら。お疲れちゃん」だもの。怖いわ。まじで。

フラッシュは私は苦手なんで、殆ど知らないってか単純な動画以外は一切触らなかったからまだ良いけど。一つの規格が一企業のシェアの大きな革新的な商品のお陰でほぼオワコンを迎えつつあるわけだ。

例えば動画とか、スクリプトでもなんでもいいけど、いわゆる「動きのストーリー」を設計するのに長けていた人や、プログラミングの設計のほうに長けていた人は、確かにせっかく覚えたフラッシュの作り方が無駄になったとしても別にそれはそれで、大きく困ることはないと思う。困るのはいつの時代も職人だよね。

例えば、カメラが銀塩からデジタルになったけど、カメラマン自体は収入が減ったりクライアントが変化したりそれなりに大変ではあったが、カメラをデジタル一眼にしさえすれば仕事自体の根本である『写すこと』は、一応可能だった。レンズは流用が効いたし、覚えることが増えて大変だったけど、対応しようと思えば出来た。でも、DPEはフォトショとプリンターが変わりにやってくれることになったから、暗室でネガからプリントすることを専門としていた職人さんたちは仕事そのものがかなり少なくなってしまった。

フラッシュは、銀塩カメラ程の歴史は無いから、銀塩カメラが失った市場(とその混乱)ほどのもんは無いと思う。それでも数年前までフラッシュコンテンツのやっちゃ場要員として学んできた人の技術は今後おそらく高確率で無駄になる。

それに比べれば大した話じゃ無いけどライトボックス(javascriptのあれ。サムネをクリックすると回りが暗くなって写真がびよ~~~んて大きくなるあれ)が、スマートフォンで表示させるとあまりに酷いってんで、最近敬遠されてきている。もうちょっとアップデートのしようはあるような気もするけど、別に他のもんでもいいやという意見が多い。カルーセルでもいいし、スライドショーでもいい。まだどうなるかわからんけど、こういった「一時の徒花」みたいに消えていく技術って、いくらでもあるんだが、なんか寂しい。

IT に携わった仕事をしていると、ほんとこういう技術の流行り廃りが早すぎて麻痺してしまう。お笑い芸人のペースに近いものね。

ここで、一応言っとく。
iPhoneが革新的なことと、フラッシュを採用しなかったことに技術革新的な相関関係が無い点がなんかむかつくんだけどね。映画の弁士がトーキーで消えたこと、銀塩カメラがデジタルに駆逐されたことと、iPhoneがフラッシュを採用しなかったから消えかけていることとは根本的に違うのだけれどね。まぁいいや。特にフラッシュを擁護するメリットがねーわ。俺には。

たぶんね、もうちょっとすると
本当に
電気自動車メインになるような気がするわけよ。

多分アップルとかバージンとか、ヘタしたら ディー・エヌ・エーとかグリーが自動車作る世の中になるかもしれない。その頃、トヨタはともかく、コニカミノルタじゃねーけど、スバルすずきとか出そうだ。復興特需で元気ないすゞがマツダを喰うとか。

「この度、いすゞマツダはトマト自動車に名前を変えました。トマト自動車は安心と信頼のグリーグループです❤」とか。

「運転中に生命反応が無くなっても大丈夫。そう、i ホンダならね ♪」とか。

せいぜい、内燃機関だけのお勉強で工業高校卒とか、先考えると結構不安なんでな。気をつけなはれや。

窓八

昨年嫁のPCを買いに行った時の話にも書いたけど、Windows8が売れなくて大変らしい。そりゃそうだよな。思ったとおりだ。家に帰って良くよく自分のPCを見てみりゃわかるが、ディスプレイって案外遠い。いちいちそこまで手を伸ばしたくないさ。

それはそうと、XP の発売は 2001 年て知ってましたか。今年 12 年目に入ったわけで、人で言えば今年で小六だってばよ。この間家の XP 入 PC 本体は 4 台目か。Win 2000 は当たり前だが 2000 年発売でもうオワコン化しつつあるけど、XP はあと二~三年は使えそうだから史上最も長寿な OS 記録更新中なんではなかろうか。マイクロソフトはもうちょっと自慢してもいいんじゃないのかね。

嫁の『窓七』ノートPCをたまにちょこっと使ってはいるけど、これはなんとなく「7」の世代が長く続きそうな気はする。XP → 7 でかなり世の中満足しちゃってるもんな。

今後どうしても矢継ぎ早に新 OS に総入れ替えしてくんないと企業経営的に無理だってなら、既にマイクロソフト的ビジネスモデルの終焉てことなのだろうけど、逆に新 OS 作りなんてのは「壮大な余力」、「退屈な神々の、遊び」って感覚じゃないと出来ないもんかもしれないし。5年後当たりにはもう MS 社員が「8?あー、あったなーそんなの Vista とどっちが先だっけ?」とか言ってそうで怖い。あまり必死さが窺えんのだよ「8」には。

8の不人気を「食わず嫌い」と見る向きもあるようだけど、どうかな~。私だったらせっかく「食わず嫌いを克服する」ってなら、 Mac 買う。

我が家に液晶テレビが来た(今頃)

やっと会えたな。

……某メジャー写真用品&家電量販店の『タイムセール』とかいうのが偶然やっていて、25,000円位(よく覚えてないしw)。後で調べたら結構お買い得だった事が判明。店によっては4万とかで平気で売ってたりするから不思議だ。買う人いるんだろうか。山積みでたたき売り状態だったんだが、売れない機種なんだろか。思うに「白い色」てのがいまいち家電量販店内で見ると浮いて見える。きっとそのせいだ(ソース俺)

いや冗談ではなくて、テレビって白物家電では無いしな。見事に他のテレビみんな黒、黒、黒。たまにシルバー。なんでや?赤とかウザいだろうけど、木目調とか日本家屋には合ってるんじゃないか?サニーカリフォルニアとか、昔むかし、車の横に木目調ラインが入っているやつがあったが、あれは何だったのかはどうでもいいし。

あと 32 インチってのがお買い得らしい。その下の 26 インチでいいじゃんか、うち狭いんだから。とは思ったが、小さいとかえって高価いとなるとどうしてもそんな『侘び寂びで達観』した大人のお買い物が出来ないマジョリティな我が家。

で、暫くいろいろ使ってみて思うんだが、この 32 インチ推しというのは、なんというかもう既に皆さんご存知かと思うぃますが
家電メーカー・量販店ぐるみの策略
に嵌ったな。と。

 32 インチって、いわゆる DVD 画質では微妙に画質が追いつけない、ちょっとだけ不満がでる大きさなんだね。つまり次はブルーレイを買えと言いたい。その分テレビはお安く提供してます的な。いいからセットで買えと。

古いゲームとかやるともうボケボケだし。PS2 完全終了だ。やーいお前んち、PS3 じゃねーし(笑)と言いたいようだ。Wii も微妙に残念な画質で、さらにトワプリあたりの昔のソフトだと、「目やにが溜まりきった寝起き?」みたいな画質で酔う。わざわざ離れてやらないとだわ。これ多分 26 インチならここまで粗は出ないと思う。

テレビだけが無駄に綺麗。そこがなんか悔しい。

寒いってばよ

↑こちらの国はまぁ置いといてだな(w)

ほんとマジ寒いな、今年は。なんかもう毎年「温暖化何処?」って言ってる気がするのだが気のせいなんだろうな??おい

よくわからないのは
「温暖化すると夏は暑く冬は厳冬となる」
という事をいう人がいるのだ。おい、これ妙に説得力があるようで全く破綻しとる。「夏暑い」んは分かるよ、うん。でもな、

「冬は厳冬」なら温暖化つー名前つけんな~(w)

アホか。なんで暖かい方ばっか重視しとんだフォイ?どんだけ熔かしたいんだよ。「夏暑くて冬寒い化」ってだけじゃん。いーから、今直ぐに別の名前を考えろよ。

「温暖化とか、暖かいみたいだろ?でも寒いんだぜ?」

嘘みたいだろ

「ちっとも暴走できてない暴走族」みたいじゃんか。珍暖化でいいよもう。

メモ帳の未来

以前私は案外メモ魔だと言ったかもしれない。だからこういった新商品が気になって仕方がない。

実はこの商品、既に「目の付け所がやっぱりシャープ(w)何やってんだ、こんなもん売れるわけない」という下馬評が定着しつつある。俺もそう思う。多分売れない。いくらなんでもこれで

店頭予想価格は1万5000円前後。

は、正直厳しいと思。Padとか電子ブック買ったほうが良いに決まっとろう。そういう機能が付いているならいいけど、これ、単機能でしょ?いらんわ。 だいたいこういうののかっちょいい運用というのは「画力」「ペン字力」が伴わないと難しいんだよね。そのどちらも乏しい人にとってIT革命というのは素晴らしい事象だったはずだ。

字が下手でも、漢字をうろ覚えでも綺麗な文書が打てるようになった今。
それをなぜここであ・え・て戻すのか。

その目の付け所が無駄にシャープすぎると思わなかったのだろうか。
(てかこの程度の機能はスマホやPadのアプリでとっくに再現できてるつーのが悲しい)

—  以上前フリ  —

ただ、メモ魔の私としては、もうちょっと先を見据えて、こういった「手書き電子メモ」というのの未来図を考えてみたい。

最近EverNoteをさんざ良いように使ってるのだけど、やはり「リアルメモ帳」とまでいかんでも「広告の裏」でいから手書きでちょこっと書けるというのはやはり最強だ。

どう考えても iPhone のキーボードは打つのが面倒くさい。

青歯鍵盤がいくら便利たって寝床に持ってきて寝ながらじゃ打てない。

こうして寝床に「朝になったらちっとも読めない小汚いメモ」が散乱している私としては、このシャープの製品、手書きメモに特化した電子メモはけして無碍にでけんのよ。

で、まだ全然商品として駄目かもしれないけど、これを進化させたらどういう未来があるのかってことだ。今のデジカメだってもともと辿ればあの「マビカ」や「ディスクカメラ」だからな。こいつのおかげでDPE屋(旧タイプ)が消えるなんて、当時夢にも思わなかったんだから。ほんと俺なんか大学(日芸写真学科)に金返せって言いたいわ。特にカラー暗室(wwwww)!このボケが。糞の役にもたちゃしねかったしよ(ま、なこたないけどね。おかげでDTPとか色の原理とか身についたしただね、教育機関てのは既得利権の運用をしたい向きには非常に長けていてすごく役立ったりするけど、大きな価値観の変化にはまるで役に立たない。これは誰が悪いってことではないんだ。仕組みというか、存在理由からして持っているバグみたいなもんだ。

例えば、手書きで書いた文字をバックグラウンドでちゃんとした活字データ(Font)に変えクラウドにアップしてくれろ。なんだっけ、スキャンしたデータをデジタルデータに出来るソフトあるでしょう?あれをもっともっと進化させて手書きに対応させられないものか。メモをビットマップとして保存してクラウドにアップじゃ、やっぱ駄目なのよ。ビットマッピじゃぁ画力の世界に戻されて全然IT革命じゃないのね。

絵はいいんだ、絵は。別にわざわざCPUが頑張って上手くしてくれなくても。でもね。そのまんまのビットマップじゃあまりに脳が無いんだよね。イラレのライブトレースって機能があるんだが、要は絵(ビットマップデータ)をパス(ベクターデータ)にゾンザイに変換してくれるんだけどさ、これを裏でうごかして、ベクターデータを雲にアップ、あとで基幹PCでエフェクトとかできたらこりゃ便利だと思わんか??。

こういった機能を進化させたら、手書きメモでほとんどの用は足りてしまう。電子メモの進化の先はここまで逝って欲しいのだ。

この先、となると、(電話の端末と融合といったことではなく、進化の先)

もうね、

「脳で考えたことがそのままデジタルデータになってクラウドにアップされている」

という形しか残ってないよね。というかIT革命の最終目標ってここじゃないんかな。テレパシーとかそういった用法も便利っちゃ便利だけど、それは「単なる運用法」であって、実は

「生まれてから死ぬまでの脳の電気信号」を全てデータ化して別にアーカイブする

ていう方向がIT革命の最終目標として相応しいんだわ。もうメモなんか取る必要ないんだよ。思ったこと、見たこと、全て後から検索出来る。その場その場の感受性の高さと、冷静な検索能力・情報整理力の高さ、が人生の運を左右する世界。これって別に今までとそう変化ないってのがツボ。変化で無く、進化というより深化。

せっかく目の付け所を手書き電子メモにしたんだから、シャープさん、どうか深化して欲しいす。