警察24時

とかいう番組が結構好きな俺。

でも、今やってるのあまりに事件がしょぼい。と思ったらテレビ東京だった。そうかしょうがないか。

地方では流れていないかもしれないのでいうが

長崎で「露出狂」っぽいおっさんの通報があってだな、急行するわけだ。けーさつが、。

で、通報者はまぁいわゆるママさんなんだな、コーフンしていてなに言ってるかわからんのだが

「二回見た!はじめはよく見えなかったけどよく見たらちんちんふるふるしたった!!!」ってんだ。

でナレーションが「女性を脅かす凶悪犯罪は許さない!」みたいな。で容疑者確保!!!てがんだよ。うん。

 

・・・

 

 

ちょっとまて。

 

ママさん、2度見してんだよな。見えにくかったからってわざわざ見に行ってるんだわ。それのどこが被害やねん。

捕まったおっさんもかわいそうやわ、。田舎の夜中、ちんちんくらい出してたって誰も迷惑じゃないやろがって。ひどいよね。わざわざ見といて被害者ぶるなよまったく、おばはん、むしろご褒美だろうがよ?

もうテレ東の警察24時はだめだ。やめとけ。

エリジウム

最近仕事が忙しくてさっぱり映画とか見てないんだけど、遅ればせながら「エリジウム」を見た。マッド・ディモンとジョディー・フォスターが出演、大好きな「第9地区」の監督作品てことでかなり期待してたんだが。

見ててつまらないわけではない。結構面白いと思うよ。個人的にはいろいろ気になるのだ(以下ネタバレ注意)

——-<ネタバレ>——–

なんつーかさぁ、ジョディー・フォスターが早く消えすぎ。

主演がマット・デイモンってことでクライマックスはアクションで!って配給側の無理強いがあったに違いない?。

あんなありえないほどのバカと戦って勝利ってんじゃちょっとなぁ。最後のブリッジからバカが落下してってのもスターウォーズを彷彿とさせて惚れ惚れするくらい雑だし。

出来ればあの馬鹿は設計者同様ジョディーの策略によって無残な最後を遂げて頂きたかった。で最後はジョディーが使用人として使ってたアンドロイドに(システムリブートによって)手のひら返しで逮捕されるっつーラストのほうがスマートだと思うんだけど。
……これじゃ小奇麗すぎるか。

しかしマットとの絡み無しでジョディーさいなら~とかマジありえんじゃろ?。嘘みたいだ。スケジュールが合わなかったのかね。

——-<ネタバレ>——–

まぁ他にも面白いとことかなんじゃこりゃってのがあるけど、

そんなことよりも

だ。

やっぱもうこういう世界観でのSFっていい加減やめたほうが良いんじゃないのかな。
こういう世界観てのは

2154年、超富裕層は、大気汚染や人口爆発により生活環境が悪化した地球から離れて、衛星軌道上に建造されたスタンフォード・トーラス型スペースコロニー[5]「エリジウム」で暮らしている。アーマダイン社が設計・施工したエリジウムでは、高度な科学技術によって市民は傷病から解放され、水と緑にあふれた理想郷での暮らしを享受できる。それは地球上で暮らす貧しい人々の憧れとなっている。 一方、荒廃してスラム化した地上では、人々は過酷な労働とエリジウムより遥かに制約の多い医療やドロイドによる厳しい監視に喘いでいる。市民はエリジウムの生活に憧れ、密航を企てる者もいるが、エリジウムはドロイドや犯罪者崩れの傭兵を配して侵入者の排除に努めている。@フロム ウィキ

ていうがん。いわゆる『超富裕層のユートピア』と『搾取される側・労働者のディストピア』との対立という構図。ユートピアたる人工衛星エリジウムは不老不死の絵に描いたようなお花畑のユートピア。地球はと言えば戦後の強制労働ばりの超ブラック企業の労働者かもしくは犯罪者ばかりのステレオタイプ。こういうのは「メトロポリス」で既に十分語り尽くされたはずだ。

こういう世界観てのはそこに至るまでの過程が劇中でしっかり説明されていないと素直に感情移入が出来ない。この落差が「対異星人によるもの」の結果だったり「アンドロイド、ロボット、コンピュータの暴走による」結果、という形ならまだ解る。

が、冒頭からいきなし「未来の人類は富裕層と貧乏人との超超落差社会であった。ほんでもってここに一人の貧乏人のヒーローが現れた。彼が富裕層の搾取に楔を打つ」って人類同士でドンパチやってんだわ、相変わらずな。こんなん「蟹工船」と一緒じゃないか。一体未来の人類はどんだけ馬鹿か。エリジウムにしても

——-<ネタバレ>——–

そもそもああも簡単に労働者を使い捨てで見殺しにして「生産性が落ちてる」とか社長が責められてる。なんかやってることが矛盾しているだろ?エリジウムに連れてきゃ一瞬で治るんだったらさ、さっさと治してやってまたこき使えばいいじゃんよ。よ?もうね、あほかと。

だいたいあの富裕層は「何を持って富裕に至る」んだろうか。あれじゃ地球でものは売れないぞ。モノ売ってなさそうだし、泥棒ばっかだし。もの買うのが富裕層ばかりでは経済が成り立たないだろう。主人公が作ってるのもアンドロイドだ。そのアンドロイドはなにか生産しているんだろうかと思えばなにやら警察かわりに働いているだけで生産性ゼロだ。自分らを監視するロボコップを作ってんだ。こんなんでよく暴動が起こらないもんだ。

劇中どこ見ても店、商品が見当たらない。いやあったのかもしれないが、とりあえず3回DVDを見たんだが記憶に無い。生活感ゼロ。てか何食って動いてたんだこいつら。(そういえば地球のエージェントのあの脳筋バカがなんか小汚い真っ黒な肉焼いてたな。結局食ってなかったけど)

——-<ネタバレ>——–

とはいえ最近話題(となりつつコケまくった)映画にこういうタイプが結構ある。

「タイム」しかり、「トータルリコール」のリニューアル版しかり。もうお腹いっぱいだべさ。まだ最終戦争後のカオスで北斗の拳的世界、っ方がわかりやすい。(わかりやすいからってもう今更マッドマックスの焼き直しは見たくはないけど)

ここのところ、反共、反独裁、反管理社会SF映画ってめっきり見なくなった。「1984」とか「華氏451度」とか、ジョージ・ルーカスのデビュー作「THX 1138」もそうだし、コメディだけど「スリーパー」とか。最近見ないでしょこういうの。前提となる世界観への感情移入が今となってはやりにくくなってきた。そんな社会は完成前に自ら壊れてしまってる事例が多すぎるからね。お隣の上の方では相変わらず頑張っておられるようだが、SFでやる必要が見えなくなったってことだろう。

同様に「エリジウム」のようなテーマのSFもいい加減感情移入出来ない人が増えてるだろうし、今後は消えていくんじゃないかね。少なくともこういったマジモンのSFでやる必要は無かったんでは。パロディや歴史物でやるとか(実際第9地区はあれ、SFパロディだ)、実際にはまだこういった落差社会もあるのだからドキュメンタリーでやったほうが直接的説得力があって良いと思う。

痒い

歳のせいなのか、あちこちが

痒い。

なんなんだ、これは。

足ん、脛がひどい。あと、ち○○ん。とか。ケツの穴とかもそうだ。指の爪の付け根とかに変な水疱が出来たりもする。

昔から春先はいろいろ肌が調子悪くて、やれ帯状疱疹だとかいろいろあったんで、痒いからといって「掻きむしると酷い目に遭う」のは経験済みだからただただ耐えている。辛い。いろいろ胸焼けだの高血圧だの、もうろくなことがない。ちなみに今日で49歳だ。

でもね、唯一、最近抜け毛が減ったのよ。春先と言えばお別れの季節。春なのにお別れですか?なここ数年だったのだけど、昨年辺りからお別れのはずが「白髪」に変わってきたのだよ諸君。

もしかして、俺はロマンスなグレーになれるのかもしれない。だから、多少痒くても絶えるぞ俺は。

たのむぞ。拝むぞマイヘアー。

窓掴み があって良かった。

XP時代ずっと Ztop というソフトを使っていました。カーソルをウィンドウ上に持っていくだけでウィンドウをクリックする必要なしにホイールでスクロール出来るって機能が欲しくて入れていたわけですわ。これって LINAX なんかでは普通のことなんだけどどうしてこういうのが標準でできないのかね、マイクロソフトさん?たくさんウィンドウが開いていればいるほど便利で、一度使うともうね、これ無いとイライラするんだわ。使ったことない人はぜひ入れてみて欲しい。

で、どうやら Ztop は 64bit では動かないっぽい(いやググったらどうやら64bit版も出ているようなんだが、作者の環境に64bitが無いとのことで作者自身が未検証、ソフトもあくまで実験版とのことで残念だ。俺がお金持ちだったら64bitマシンくらいプレゼントしてあげたいのだが、つくづく残念だ。でもこういったソフトがフリーだってのがやはり結果としてこういう状況を産んでしまう構造になっているのが、将来的に良いのかしらと思う。iTune ストアみたいに、50円でも100円でも簡単に課金できるシステムがあれば、今頃この作者さんは 64bit マシンくらいいくらでも買えたんじゃあるまいか。iPhone のどうでもいいゲームソフトにいちいち気軽に金払ってしまえる状況を考えると、こういう状況を根本的に変えていかないとソフトウェア開発者が育たないように思う。さんざフリーソフトを喜んで使っていた俺が言うのはとっても恥ずかしいんだけどね。でも、100円単位の金をクリックひとつで課金できるようなシステムが昔からあったら、と思うと本当に残念。まぁ作る側からしたら課金した途端「自己責任→開発者の責任」というものが生じてしまうから、個人事業レベルでは迂闊に踏み込めない、ってのもあるのだろうけど。

残念連発ですまんが話を戻す。

ウィンドウズ7ならレジストリいじるだけで出来るよ?って噂があってやってみたけど、クロームとかブラウザ間ではできるけどエクスプローラではさっぱり動かなかったりでえらい中途半端な話だった。残念だ。ホント、マイクロソフト、中途半端なタッチパネルに逝く前にやることちゃんとやってよ。

かざぐるマウスってのが結構人気らしんのだけど、こっちはクロームがバージョンアップするたび動かなくなるとかの問題があるらしい。上記のレジストリ修正と合わせて使えば不便なく使えそうだけどね、なんか面倒くさいなーと思ってたら「窓掴み」ってなんだか微妙なネーミングに萌えるソフトがあって、あーよかった。しかしひつっこいようだが、ウィンドウズはこういう本当のユーザの使い勝手の向上要望を無視してるといつか消滅すると思う。vectorや窓の手見てりゃどういうソフト(てかユーティリティ)をユーザーが欲しているかくらい解るだろうに。

ちなみに、勤務先では相変わらずたくさんの XP が未だに元気に動いているんです。そろそろなんかでっかい事案が起こってもおかしくないのではないかね?これって2000年問題とかより被害はデカイ気がするんだよ。なんか、2000年問題とかいろいろあった時の騒ぎに比べると、ちょっと静かすぎやしないか?

STAP細胞

小保方さんがピンチだ。

あんだけリケジョだなんだって、研究成果の何たるかについては全くお構いなしに持ち上げるだけ持ち上げといて、これだ。まぁパワーポイントも知らねぇ野郎(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャがニュース番組やってんだからSTAPだかSMAPだかったって解るわけねぇよな。いっくらSTAP細胞がガセだとしたって、パワーポイントも知らねぇくせにニュースキャスターやってる野郎になんだかんだ言われたか無いよな。

恥ずかしいからもうニュースとか報道すんのやめとけよ。身の丈にあった報道というのは、せいぜい「中山美穂の旦那は女装家だった」らへんだと思うぞ。でもF1には戻ってくんなよな。

話を元に戻す。

本当にSTAP細胞があるとか無いとかになると、私ごときにはわからん。ただ、私は小保方さんの言う「私のレシピ」というのにちょと萌えている。

レシピ

……ぜひ知りたい。STAP細胞支持に回った少数の人はもしかしてだけど、この秘密のレシピを知っているのかもしれない。

「凡人がやっても再現は出来ないだろう。しかし彼女のレシピを使えば、あるいは可能かもしれない」

みたいな。

彼女はこれからどうなるのだろうか。実はこの秘密のレシピを求めて世界のもろもろな謎の組織から多数のオファーが既にあると聞く、というのは真っ赤なウソだが、しかしあっても良さげではないか。どんげな細胞にもなるってがんをなんまら簡単に作れんだれ?←すまんマジで根本的によく分かってない。人造人間、改造インゲン、不老不死、なんでもありだねっか。なもん Dr.ヘル がほっとくわけねーろがや

いまさらの窓7その後

いまさら7がどうこうって言うのも恥ずかしいんだが、多分世の中にはまだXPの人いる(ぜっている)と思う。会社の PC も相変わらず XP で総務にせっついているけど未だ新調しきれてない部署もあろうてば。8は無かったことにしろ。この様子だと9は結構早く出るんではないかな。で、10でまたすっとこどっこいなことしてコケるんだろう?多分次に買い換えるOSは「11」らへんだと思う。

しかしセブンよ、扱いにくいなお前。

でもこれはきっとセブンのせいではない。余りにも XP と馴染んだ期間が長すぎたんだよ。うちの末っ子(小5)とよりも長い付き合いだったんだからそりゃ仕方ないよ、もう。さらに言えば、XP 導入の頃からデスクトップは基本クラシックテーマ一本槍であった。時々変なやつ(ウィンドウブラインドだの)を入れてみたこともあったけどここ十年はずっと、ウィンドウズ 98 とか 2000 と同じインターフェィスでしか PC と向き合ってこなかった。壁紙も十年間灰色ベタのママだ。

長年の慣れというのは怖い。もう「エアロ」とか、邪魔くさくて仕方がない。何が頭にくるって言えば、フォトショで画像を開いた時、いっちいち画像の周りに中途半端な透明感で影のある「枠」が付いていることだ。なんだこれ。いらんて。これから写真を現像する、つまりはこれから絵にする、ってのに枠はいらんだろ?額縁に入れてから絵を書くやつがどこにいるってんだよ。うざったいわ。ちったぁ考えろよ。出来上がったもんを見るだけってなら飾りッケがあったほうが楽しいけど、今時他人が作ったもんを見るだけなら iPad があれば十分だろう。

私がなんとなくマックが気に入らなくていろいろ書いてきたのは、マックって使っているだけで「なんとなくクリエイちぶ」な気分になってしまうからだ。周りの飾りや見た目が勝手に作品を盛り上げてくれすぎる。インターフェイスが美しいのは悪いことではないけど、これから何かを創造しようって段になると邪魔臭いんだわ。その点ウインドウズ 95 98 2000 の味も素っ気もないデスクトップの方が今まさに創らんとしている作品に集中しやすいとは思わない?

XP の、もう救いようのないダサいテーマは嫌が負うにも「こ・・・これは変えざるを得まい」というか、使っているだけで蕁麻疹が出そうなデザインであったから、クラシックテーマにするのは必然と言えた。変えるの簡単だったし。ところがセブンはそれなりに見られる上結構サクサクと動く上にどこをどうすればエアロをオフにしていいのか直感的に分からない。窓8に至っては一体どうなってしまってんだろうか。

iPhoneやらiPad、アンドロイドがある今、PCてのはもう既に「見るだけのもの」レベルの性能をとっくに超えているんであって何かを創りだすためのアイテムなのだから、見た目を中途半端にこだわるのはやめて欲しいんだけどね。

てなわけで、セブンだろうとなんだろうと、相変わらずデスクトップはこんな感じ▼これでいいだろうが。ガジェット?なんだそれ必要か?。iPhoneが手元にあれば済むわいね。7-desktop
あ”ー落ち着く。

窓7に換えたよ

DellのprecisionT3500とかいうがん(もちろん中古だ)なんだが、よくわかんね。単にメモリが 12G 入ってるってだけで選んだ。なんせいままで XP の1G(TдT)で頑張ってきた(意味不明)なのでな。いや本当は2Gあったんだが一個メモリーが壊れたらしくてすぐブルー画面になってしまってね、1G 分一個外したわけで。買おうと思ったんだけど時期が時期だし、ECC付きでないと付かないマシンだったから買おうにも在庫はないわ中古でも偉い値段するわで諦めてたのだ。ほんと、昔はメモリなんて後で増設するのが当たり前だったんだけど、今進化早すぎるよな。すぐ規格が新しくなってしまって増設しようにも中古ばっかだしよ。いや、すまんマシン自体中古ばっか買ってる俺が悪いんだが、中古機買うときは、グラボはともかくとして、メモリはハナッから満載なマシンを買っちゃう方が結果的には安く済むと思う。

なことよか、セブン使い方わかんねーwwww エアロって何?今更恥ずかしくて聞けないよ。何が何故にエアロなのか。エアロじゃないのとどう違うのか。てかファイヤーワークス8とか未だに使っている俺にとってエアロは動かないダメポらしくて、いちいち画面が切り替わる。でもどう変わっってんだかわからん。なんかむかつく。エアロをオフにしちゃえばいいんだろうけど流石 12GB だ(どうやらそんなに必要ない)。画面切り替えがあろうがなんだろうが全くストレス無しに切り替わるから当面はほっとこうかと思う。あとCS2(いい加減バージョン上げろと)が素直にインストール出来ない。なんか色々と小技が必要で、諸々環境整えるのに6時間もかかってしまった。他にもいろいろ認識しないハードとかソフトとか多数あるのだけど、さすがに俺ももう大人だし。黙って水に流そうと思う(てかこれまでの環境が古過ぎってだけなんで流石に恥ずかしいや)

 

全然関係ないし、けしてディスってんじゃないんだけどこれまで使っていた某有名メーカーのマウスがどうも最近(もしかしたら購入当初からなのか?)「ダブルクリックがしにくい」のだ。はじめは自分の手がおかしくなったのか?、ちょっとアル中気味??ってくらい不器用になってしまったのかと思って少し不安になったのだが、今回中古のPCと一緒についてきたDellのマウスが普通にダブルクリックできて嬉しかった(笑)なんだろうねこれ。問題のマウスは、デザインがかっこいいし右指の第二関節までピタッとフィット感があって転がしているときはずっげ気持ちいいんだけど、いざクリックしようとすると何故かダブルクリックの一発目と二発目に「イライラする間」が発生する。もしかしたら第二関節までピタッと付けちゃうとクリック連発がしにくくなるのかなと思って他のまうすで指を密着させて操作してみたが、けしてんなこたぁなかった。クリックする際の「支点」が前すぎるのか?よくわからんが多少指が長いのでその辺も問題なのかもしれない。マウス選びもデザインだけで行くとあかんな。

XPいよいよ終了間近

マジか。

うっかりしてたわ~。

IT企業にお勤めの皆さんはとっくにXPなんて過去の遺物なんでしょうが。
しかしな、あちこちの本当は結構ちゃんとしてなきゃいけないところ
(うーんと、鉄●とか空●とか原●みたいなところね)

の基幹システムのローカルPCって未だに殆どXPとか(それ以前だったり)なんだが。
wwwwwwwwwwwwwww
本当にいいのか?マジか?

外部と遮断されてるローカルシステムだからでーじょーぶだって
全くあぷでーともしてないんじゃないの?。

そんなピュアで無垢な XP をさ、

末端の端末から
うっかり屋さんの粗忽者が
USBでスマホテザリングカムトゥギャザー❤
とかしたら、果たして、一体、どうなんのかしら。

すごく楽しみだわ~ぜひやってほしいわ。
下手なテロより怖いだろこれ。
そのへん分かってんのかな、お偉いさん達って。
ま、俺の知ったこっちゃないんだけどね。

んなことよかだ、家のPCどないしょ。どうすればよかですか。
実はね。最近IT関連の仕事してないの。家のPCも触ってないの。
XPが既に余す所一月だったなんて、ついさっき知ったよ。

ま 未だにXP愛してんのは俺だけなんすけどね。しゃーない。

VISTA買うか!

そこか!そこだ!ここであえてのVISTA.ってど?なんか、VISTAあたりだったら家のPCでもなんとか騙し騙し動きそうじゃん。

てかさ、家には既に嫁のセブンと娘のマックが在る。
もういいかヽ(´ー`)ノ iPadで。案外ベストチョイスかもしれんぞ。

どうでもいいけど、今年のR-1は RG のジョブスネタ が一番俺は好きだった。

懐かしい日々

先日、勤め先の大先輩達が昔の写真を眺め、懐かしがりつつ他の若い衆(野郎ばかり)にも見せていた。

「皆さんお若いですね」
「あ~こんなビルあったんですか」
「お?この車は懐かしいですね~」

つー感じの、まぁほのぼのした時を過ごしていた、と思いなさい。

そこへ通りかかった某女史が、ちら と写真を一瞥してこう言った。

 (ー_ー)!!
「わ~~~すごい、みんな生えてるwwwww」

 

Σ(゚Д゚) (´;ω;`) ( TДT)  ヽ(´ー`)ノ  (-_-;)

 

おい、そういうのやめろ。

動物はあなたのごはんじゃないのよコラ

動物はあなたのごはんじゃない

とかいうののコラが流行ってるらしいので急いでコシヒのトップもやっつけで作ってみた。(暇か)
※稲穂のイラストはこちらのサイトのデザイナーさんの作品を利用させていただきました。

しかしまぁ、よくも「動物はあなたのごはんじゃない」なんて言ったもんだ。なんだろうこの見た瞬間漂う「あ、これ近寄っちゃ駄目感」。
すぐに「植物はあなたのごはんじゃない(霞でも食ってろ)」ってコラがツイッターで流れた(その後2ちゃんあたりで「霞もあなたのごはんじゃない」とか言われてた)からこのダメダメ感はおそらく日本人の大多数が感じたものだと分かってホッとした。

これって

「日本は日本人のためだけに在るのではない」

的な鳩臭もほのかに臭うよね。

 

あぁ。フォアグラ食いてぇ。ファミマもヘタレだな。

楽曲のダウンロード販売

映画「鮫肌男と桃尻女」のたしかエンディングの曲が好きだったのだが、ふとそれを思い出して 「どんな曲だっけか」とyoutubeを探したけど出てこない。ツタヤでDVDを借りてきて、あーこれだこれだ、なんとか普段聞きたいと思ったんだがどうもうまい方法が無いwww。サントラがそこらで売ってるようなシロモノでもなく、てか欲しいのはエンディング曲のみで他は要らないし、ドクター・ストレンジラヴというバンドで検索してもチャップリンの映画しか出てこないし。

というような状況(なんだそれ)で iTune のダウンロード販売だとピンポイントで1曲だけ150円とかで買えるわけだ。(ちなみに欲しかったのはこのサントラの最後の “room” という曲) が、どうもこのダウンロード販売というのが買う度に抵抗があって仕方がない。 

わかりやすく言えば、なんか損しているような気がしてwwwしかたないのだ。これはやはり「産まれが昭和」なせいなんだろうか。昨今の若い人は抵抗は無いのだろうか。 なにせ、「飽きたら売る」ってこたぁ出来ないんである。人間はいつか飽きるのだが買ったら最後売れないんである。いや売る気になれば売ってもいいんだろうけどそれは犯罪になるわけだ。CDだと売れるのにデータだけ売ると犯罪になるってのもなんか不思議な気もするんだがそのへんはややこしいもんだ。手に入れた途端金銭的には無価値と化すわけで、音楽は「モノより思い出」な商品になった。

本来楽曲は「聞いてこそ意味がある」という点からすれば、そういった割り切った考えの方が私は好きである。「初版限定プレス」とか、希少価値によるプレミア、という本来の音楽探求からすれば邪道な分野は衰退していくわけだから。

にもかかわらず、私はやっぱり素直になれない。

なんか割り切れない。気になっているっていうのはただひとつの点。音質だ。CDより劣るし、再生装置が基本モバイル目的だものな。

昔のレコード(アナログ)って、レコードって、買った時点で家にあるオーディオセットで聞いた音が全てでは決して無かった。それでもレコードは溜まっていく。やがて大人になり、オーディオ装置も少しづつ性能が高まっていく。昔は聞こえなかった音が聞こえてくる。好きなレコードほど聴き過ぎて擦り切れていく。あれなんか涙が出てきたぞ・・・

あ、やっぱだめだ、めんどくさいわ。レコード聴くのって。 ww

ただ、レコードも資産の一つだった世代からすると、音楽も軽くなってしまった。レコードって昔は高価かったんだよ。沢山の音楽を良い音で聞けるのは一種ステータスだったわけだ。それが誰でも気軽に安価に楽しめるようになった、よかった良かった、と思ったら今度は造り手の方が「CD売れないの。困ったの」って事になったわけだ。何が良かったのか、悪かったのかしら。馬鹿みたいだよな。昔コダックっていう写真のフィルム会社があってだな。「デジタルにしたら便利じゃね?」って自ら魁となったデジタル写真によって潰れてしまったのだよ。皆が幸せになることと、発案者の利益は決して一致しない。特にデジタル化って危険な臭いがするよなぁ。案外発案側って最終的にだれも得してないんちゃうか?

ま、昔のアナログの音が「今はまだまだイマイチの味だけど、いつかもっと美味くなるかもしれないとっておきの料理のレシピ」だとすれば、ダウンロードデータは「とりあえず今の環境で飽きるまで何度も食えるコンビニ飯」と思えば良いんじゃまいかなと思う。

アダムスキーちゅう人

ちょっと前のネタで申し訳ないが、こういうのがあった。
【動画追加】UFO?隕石?サンタクロース?東京上空に謎の白い物体現れネット騒然
まぁこれは羽田空港への離着陸便(列なしてる方は夕方の着陸ラッシュ時だからだ)をUFOだと言っているだけでわりとつまらないのだけど、こう年を追うごとにUFOが不鮮明になっていくのが残念だ。鮮明にすればするほど、嘘臭くなてしまうからしかたないwwwのかもしらんが、こんだけカメラやビデオやソフトが発達しているのにこの体たらくは何だってんだ。もっと頑張れ。それにひきかえアダムスキーさんたらすごかった。あれほど馬鹿っぽい素敵な爺いはいない。こんなUFOの形を当時考えて作っちゃったんだからな。改めて見ると手作り感満載やん。頭の上の輪っかは何?取手?どう見ても電灯にしか見えんのだが、それは私に能力が無いからだと思う。

なんせこれやでこれ

なんせこの人、職業からしてすごい。

騎兵隊を3年ほどやって辞めた後公園管理人を10年、その後は製粉工場での作業員やら宗教団体教祖やら小説家(全然売れなかった)を経て喫茶店の給仕手伝いをしている際なんとUFOと遭遇。売れなかった小説を元に体験談として焼き直し、コンタクティーの元祖となる。

すげぇwww。こういうのをコンタクティーって言うのか、知らなかったよ。宗教団体教祖てのも禁酒法時代の当時、宗教の儀式なら飲酒を認められていたため、酒飲みたかったからだそうだ。その団体名は「ロイヤル・オーダー・オブ・チベット」だそうだ。なんでも8歳の頃チベットに単身乗り込んでダライ・ラマに説法を受けたということになっているらしい。なんだそれすげぇしwww。でも当時チベットは鎖国中なんで多分嘘な。なんつーか超いい加減な親父だわ~きっと今なら高田純次みたいな感じだろか。

かなり久々なトホホ(死語)

ここんとこマウスの調子が悪い。いや、悪かった。時々いっくらドラッグしても動かない。このマウスは先日ワイヤレスがいきなし壊れた時しょうがないので急遽買い求めたもので、正直たいして吟味してない。とわいえ、一応ブルーレーザーとかでちょっとはまともな値段がしたやつであり、決してジャンク品では無い。ワイヤレスではないから電波の飛びがわるいわけでもないだろうし、もういい加減XPを使うの辞めなさいよと言われてる気がして(ごっつ気のせい)すごく嫌だったわけであり。

でとうとう今日、全くマウスカーソルが動かなくなってしまった。たくこの寒空にまたマウスを買いに出かけなくてはいかんのかと超ブルーになりつつ、いちおう

「マウスの動きが悪い時」

でググってみた。一番上に出てきたこのページ。いや別に本気であてにしてはいなかった。すっかり家電屋に行くきまんまんで、出掛けにちょっと見てみただけなんだが、こちらのページに掲載されている「症状」があまりにも似通っている。でその解決方法が

掃除。

これ?って…いやさすがにそれは無いだろう?とあっしもエアダスターでレーザー口を一吹きしたらよ、

治っただよ。掃除後のあまりの軽やかなカーソルの動きにちょと呆れたわ。
ヽ(´ー`)ノ ヽ(´ー`)ノ

orz あぁ、先にググっておいて良かった。マジで。

これまでレーザーマウスで掃除ってあんましやってなかったんだが、そうだったのか。掃除は大切だねwwwおそまつ

 

そういやいつの間にか大掃除の時期か。

世界文化遺産「和食」

めでたいのかなんなのかよくわからん。 一体どういった人がどういったお得感を得られるのだろうかってほうが興味深いな。

なんつーか、世界遺産もそうだけどこういうのっていつかネタが切れるだろう企画であって、あえて続けていけばあと100年もするとむしろ遺産で無いモノの方が珍しくなるに決まってる。そろそろ「え^?あんなのが??」って文化・世界遺産ももちらほら散見しだすわけでこうなると選考委員のに転がり込むであろう諸々の『お・も・て・な・しでじぇじぇじぇ』も増えていくばかりだろうから、みなさんのご子息の将来の職はぜひ「○○遺産選考委員」を目指すことをお勧めしたひ

 

ea4532bc

ルパン実写化て・・・その2

いやすまん、続報見ておしまい感満載で腰抜かしたのだが。

『原作と同じ設定でやったら実写化の意味がない。キャラクター設定から今風に見直していくつもり。現代社会に刀を持った侍のような格好の五エ門の姿はナンセンス』

ええっ?( TДT)??

もうイミフ。五右衛門がナンセンスってか既にルパン三世の存在自体がナンセンスなんだけどもそのあたりはどうお考えなのか。

大体が今風の五右衛門てのはどんなか。

ユニクロの軽くて肩のこらないダウンと、くすんだオレンジの暖かカーゴパンツでも履かせ、日本刀振り回す代わりに核爆○を積み込んだ宇宙船でも操るか。

……

アルマゲドンか。

なんかすげぇ事になりそうだ。でもさぁ。。『原作と違うアプローチで』やって受けるってなら、名作の名を借りずに端から新作でやればいいのに。ねぇ。

つ……ルパン実写化て

まじっすか

もぁじっっっすか・・・・・・orz。ほんとまじすか。かんべんしてよもういいよルパンは誰?え?小栗旬君?ナイナイの岡村君の間違いじゃなくて?え?

え?

てかまたメイサすか

メイサ女史といえば(ツンデレ)森雪が案外割りと善だったが、メイサ様はいろいろ実写化仕事を受け過ぎな感がある。事務所的にいいのか本当にそれで。今後メイサ様の事わ「実写クィーン」と呼ばせてもらっていいすか?ね、いいすか?そううこととしたい、てかそうするよ俺絶対。考えてみればメイサ様のあの現実離れしたお顔ならではの「許容範囲」はかなり広いつー稀有な存在である。彼女なら人造人間18号とか草薙素子をやってもぎりぎり許せるどころか俺的には善としたいが問題は▼

「ふ~じこちゅわぁぁっぁん」のである。

いいのか。そこんとこわ。超弩級貧乳マニアの俺からすれば究極どぉぉぉぉでもいい話なんだが、あれは「某姉妹の紛い物」ですら再現不能な禁断の代物。世のオパーイ星人達の妄想的に許せる範囲なんだろうか。
どないですか金子さん??!!

 

 

あ、そうか、CG使うのかな?

※本文中実名が出てますが内輪ネタなので詮索無用です。

ぼーじょれ?

いつの間にかテレビ的には「ボジョレ・ヌーボー」ではなくて「ボジョレ・ヌーボー」になっている、以前は盛り上がったものの最近かなりどうでも良いワインの話なんだが、さっきテレビで「ボ―ジョレ風ー呂ー」なるもんにババアならぬ昭和のお嬢様方が出汁取っている映像が流れやがって本当に胸糞悪い。多分⇨こんな感じの類の催しだとは思うけど

飲めよぼけ

本来ボジョレって……いや、なんつーか、浸かってどうすんだよ。余程売れ残ってんのか、もうなにがなんだか。もっと安く売ればいのに。てか本来もっと安いもんだろう?まぁいいか。いろいろ事情があるっのだろうな。なんだかな。もういいやな確かに。さ~すが、ひのもとはうつくしいくにだよな、もういつ滅びてもOKだな。きっといつかバチが当たると思うよ。てか「ボージョレ」っつーボーの伸び具合聴くだけでなんかむかついてしょうがないんだが。

▲ワイン風呂の例。娘器量よしじゃがうわばみ娘ってか

カメラテスト

何年ぶりになるか。カメラを新調した。ので本当に久しぶりにカメラを手にぶらぶらした。別に新しい機種ってわけでは無いし、撮影レビューとかを書くつもりもない。てかもはや私は思考がすっかり昭和であることが判明した。

K5-2 TEST

▲リンク先にはフルサイズ、ノーレタッチで上げてます。JPEGで撮ったまんまである。かなりどーでもいい写真しか無いので暇な人以外はマジでほっといて欲しい。

しかしなんだなぁ、もう最近のカメラって凄すぎてしまって、わけわからんがもうどうでもいいんじゃね?ってレベルだな。なんつーか、

好感度アップ?手ぶれ防止とか?

これなんて夜、街路樹を手持ちで 135mm(35mm換算約200mm)、1/15秒で写したんだが、もう意味わからん。見た目暗くてぼんやりとしか見えてないんだわ。写してみたらこんなんが写ってたって話で。まあカラーバランスとめちゃくちゃだが(なんかなつかしい赤外カラーで写したみたいだな。暗い世界ってのはどう写してもこうなるんかな)。

もう何だったんだろうか増感とか。絞り優先シャッター優先で止まっている俺の頭の中。絞りシャッター共に優先っ!!とかwwwwもうさ、随分前から在るらしいけど知らなんだよ。感度が可変出来るんだからそりゃ可能だわな。そればかりでなくレンズの収差補正だのラティチュードまで操作出来る(まぁそら出来るわな、デジタル機器なんだし。後でフォトショでやれることなら先にカメラでもやれるよな)となると、頭ん中春。

私が昭和に覚えたこのような技術は一体なんなのよ。何だったのよ。高感度デジカメやら手ぶれ補正どころかさ、フォトショやオートフォーカスすら無かったっちゃすけどっしょもねーし。

 

たださ、今後こんなカメラで安いメモリに大量に残した映像を
フォトショとか使ってさらに絵作りしたりし
写真家はこれから一体何を写したことにすればいいのかねぇ。

人生にとって余計なもの

いよいよ XP のサポートが切れると言うので、来春の消費税アップ前らへんには PC の特需があるんだろうなぁと思うが、それにしても XP 時代 は長かった。自分は 2002 年の春辺りから使い始めてるはずだから最早 11 年。公私共々お世話になりました。

思えば “窓 95” が出てからこっち約18年、随分と生活が変わったな。それにしても “95” って名前は、今思うに、なまら酷い。なにしろ名前だけで「俺が30歳の時出た OS」ってのが直ぐに計算でけてしまうのね。これが “Windows 93” らへんだったら微妙に計算しずらいからスルーできたのに残念だ。てか、そうなんだ、私の人生の中で、既に中年に差し掛かってから “窓 95” は現れたのであった。そして、それ以前と以後では本当に毎日の生活、仕事のしようがガラッと変わってしまった。

いやPC以前のマックこそ世の中を変えたんだという人もいるけど、私はそうは思えない。マックはそれを使う人の生活を豊かに楽しく変えてしまうけど、世の中の仕組みを(良い方向にも悪い方向にも)変えたのは窓の方だと思う。 コンピュータという大きな括りを使えないと困ることは多くなったし、エクセルくらい使えないと困る場が増えたがそれ以外の人にとってマックのあの価格と機能はやはり余計なものでしかない。

iPhone もやはり生活を変えた。

iPhone を手にするまでの私は「あれ?そう言えば最近携帯電話見てないな」と思ったら、越谷警察署(埼玉県)から「遺失物として届いているから取りに来てね」って電話が来て初めて携帯をどっかに置き忘れたことに気づくような人間だった。なんで越谷くんだりまで交通費かけて行かにゃならんのだ?と帰りに餃子の大将でやけ食いをしたのはいい思い出だ。それほど携帯電話が嫌いな俺がだ、今や iPhone を忘れたらいそいそと取りに帰るようになったのだから大したものだ。

でも仕事まで変えたか?と言われるとそこまでとはとても思えない。むしろ仕事中に弄ってしまってかえって仕事に支障が出ている。

携帯電話という大きな括りは今や無くては困る人の方が大多数だが、別に iPhone 使わなくても飯が食えないってもんでは無い。てか自分が iPhone を忘れたらいそいそと取りに帰るその最大の理由は「暇つぶしの為のゲームや音楽を聴く機能やカメラを今日1日失いたく無い」ってだけの話であって、仕事とはまるで関係ない。付加価値!と言えばかっこいいけど、いわば「余計なもの」だ。

さて、次はどうしようか。やっぱ “7” なのかな。8も軽くて良いらしいけど、どうしてあそこまで「余計な」インターフェィスにしてしまったのだろうか。もうちょっと”窓”の培ってきた歴史というものに自信を持って欲しかった。”窓”もなんとなく取り残されるのが怖かったんだろうか。いずれにせよ今後もそっちの方向へ行くなら行くで”窓”の歴史はこれで一区切り付いちゃったんだなという印象が強い。考えてみれば IT 革命と言われ大分世の中も変わったけど、そろそろ安定期なのか。そりゃそうか。そこまで革新的な進化が続くわけもないか。ようするに OS も付加価値で選ぶ時代になったっちゅうだけのことか。

とすれば、だ。困ったものだ。
過去の例を鑑みるに、
窓の提供する付加価値でお得な気分になった試しがないのだが。てかさ、付加価値の提供、に限ればアップルに勝てるはずがないんだよな。アップルはその「余計なもの」だけでここまで来たんだから完敗必須。

いっそマックにしちゃおうか。時代はやはりアップルか、むしろグーグルだろう。それとも今更ながらリナックスをメインにしちゃうか。そっか、リナックスってのもいいか。タダだしな。OSで稼ぐ時代は終えたのだ。窓を閉める夜が来た気がする。

むしろ窓社はXPのサポートを有償で良いから続けるべきだ。きっとあのわけわかんない “窓8” 売るより儲かると思う。

台風一過

昨日朝。ウィパー関東ど直撃の朝、傘持って家を出ようとしたら体ごと持ってかれそうになる風で「とてもじゃないが傘瞬殺」と思い、嫁の雨合羽を借りて家を出たのだ。色は黄色。裾とかが黄色。ぶっちゃけピカチュウ。まぁ背に腹は替えられん。とてもじゃないが傘じゃびしょ濡れだろうし。

ところがだ、家を出て数百メートル進んだらいきなり風が止んだ。いや、止んだわけじゃないが割りとどうでもいいレベルにまで収まった。

??

廻りの人は普通に傘さして歩いておる。うちの廻りだけ極端に風が強いらしい?

、ま、いいや。カッパを着ている人も多いしな。で、地下鉄に乗ったらだな、最寄りの駅から”ざいご”方向が強風のため止まっていたおかげでガラ空き

ピカチュウのまま地下鉄に乗り込んだ。モノレールも普通に動いているんでそのまま勤め先に着いた。なんてこたぁ無かった。そして、駅舎を出てみればすっかり雨上がり。振り向けば

IMG_1891

晴れてんじゃねーし。

俺はといえば虹から舞い降りてきたピカチュー(48)だよ。浮いてたわー。10年に一度ってよく考えてみりゃこのくらいか。これが100年に一度レベルだと伊勢湾とかキティーとか室戸台風とかが入ってくるんだろうし、1000年に一度とかだときっと想像ができないくらいすごいんだろう。なにがどうすごいのか全く想像がつかないが、きっとこないだの地震みたいなんだろうな。なんだか馬鹿っぽい文章だな。