うみぶどう

海葡萄を食べた。沖縄の酒肴である。













ん。

最近はこういう珍味が手軽に、しかも宅配で手に入れられるようになった。スーパーとかが不景気なのもわかります。 県外に旅立った同郷の士の為に、みかづきのイタリアンのレトルトとか冷凍ものとかを全国に宅配して欲しいものだ。ぽっぽ焼きは・・・きっとまずくなるからやめた方がよいだろう。

携帯電話

携帯(電話)が無くては生きて生けない人ってたくさんいます。私が携帯家に忘れた!とでも言うと「それは大変だ、取りにいかなくちゃだね」と真顔で言われたりして、どう反応してよいのか困る事がある。

財布を忘れれば非常に困るし、あたりめぇだが取りに戻る。

汗かきの私はハンカチを忘れると一日中気分が悪いから、大抵は取りに戻る。

一方、うっかりズボンのベルトを閉め忘れたといって取りには帰らない((-_-;)し、ベルトを忘れたことすら気付かない場合が最近増えた(-_-)。

ということは私にとって携帯はズボンのベルトよりちょっと大事程度と言える。その程度のものをわざわざ取りに戻るのは面倒くさい、ありえない。

要は電話嫌いなのだ。メールも結構面倒ですな。年賀状も今年は喪中○○(以下自粛ごめんなさい、ごめんなさい)、引越し案内も未だに出していない。

なんか急に毎月の料金支払ってるのが嫌になってきちまった。んで、安っすい携帯(あるいはピッチorプリペイド)に換えようと思っていろいろ調べてたら、なんかいつもの癖で検索対象ががずれる方向に。▼
なんか中国の携帯電話ってすごいんです。18金ボディにダイヤがあしらっているやつとか、端末の名前が「大富豪****」(**は数字の型番)っていうすごいのとか、もう機能よりステイタスね。(勿論機能重視のものも多くありますが)
腕時計で良く文字盤がダイヤとかのあるが、まぁそういう感覚なのだろうな。カメラにも「ゴールド仕上げ」って金ピカの馬鹿ふざけたやつが限定であったりした(最近は見ない)あーいうのを『買いたくなる「心」の在り方』というのに非常に興味がある。いろんな意味で。
日本の携帯の普及率は7割程度だそうで、3割は未だに持っていない(当然お年寄りと乳幼児も含む)。これ以上はさして増えそうもないらしい。でも中国は都市部でさえ6割、全国ではまだ1割5分程度で、しかも、それにもかかわらず絶対数は日本の倍あったりする。(すげー人の数だな)

そんなわけで高級品という感覚が一部にかまだあるらしい。日本は幸福にも「まだ携帯が一部の人のもの」だった時代、「タイガーのほっかほか弁当箱」みたいなのしかなかったから、ダイヤやら金ぴかやらの方向に行かずに済んだってだけかもしれん。あれ(保温弁当箱)が”金”でできてたら重くてしょうがねぇが・・もし携帯がひとつ間違って「小型化、普及」の方向に行かなかったら、グッチやプラダのマーク付きハンドバックにたいなのも生まれてたかの?

今の携帯の”きりがないゴージャスな多機能ぶり”も日本的金ぴか趣向なのかも。べつに中途半パなカメラは要らないと思うがどうか?
昔ラテカセってあったよな・・カメラにラジオが付いてるのもあった。中途半端なんはだめだよなぁ・・・

どうせなら、テレビのチャンネル換えとかGコード予約もマイ携帯から出来ると便利だな。せっかくボタンが一杯付いてるんだからな。エアコンの調節くらいできるだろう?だめなのだろうか・・

ジッポーライターやスイスアーミーナイフも付いてると、うっかりキャンプ先でワインを買っちまった時”ぬぉー開かないし飲めない!”と嘆かずに済んで焚き火もできて便利だ。

そのうち携帯のディスプレイでテレビが見れるぞ。録画もしたいな。映画のDVDが見れると便利だな。免許も保険証も全部データ化して携帯にいれちまえ。預金も携帯でできるでしょ?買い物もそうすりゃよい。いっそ携帯自体がリモコンで動いてくれると、無くしたり見当たらなくなってもすぐ見つけられて便利だな。掃除や皿洗いくらいはこなして欲しいよ。夜の伽も達者にこしたこたぁないね。それで仕事先にでも勝手に行ってくれて商談まとめてくれるくらいになってくれたら「携帯が無いと生きていけない」大切なモノとして認めてやっても良い。私にできないのは子供を産む事だけよ、みたいな。

△そんなの無くした日にゃ自殺ものだがな・・「昨日携帯便所に落としちゃった・・」で自殺。

AOLがNetscapeの歴史に事実上の幕

とうとう来るべき時がきましたね~ ” AOLがNetscapeの歴史に事実上の幕,”

制作サイドから言わせればとっても嬉しい報道だけども、ネスケはネスケなりに好きな部分もあったりするので、会社でネスケブラウザ総アーカイブ作戦しようかと思ったら重くて落ちない。みな考える事は一緒か・・

しかしAOLは大損こきましたな。 まぁ、モジラ部隊は形が変わっても残るでしょうから。むしろ自由にできるんでわ?(どーかな)。 私的には、ネスケの4系の方向でネスケ4.9003 とか 4 2/3 とか 4とルート3とかやって「4の中」での堂々巡り進化をしていただくとうれしい。ネスケはネスケなりに見やすい形があるし。

「見え方がそもそもIEとは違うのだ」という認識さえ普通に一般化してくれれば良いのです。さらには「役割が違うのだ」となってくれれば、どっちも平等に見えるように、なんてジェンダーフリーもどきの粗悪思想から解き放たれるのだ。そう思いません?これからは差別でなく区別ね。

ブラウザやOSが違っているのに同じ見せ方しようとするから、私ら職業web屋はまじ苦労させられてきた。実はネスケやMacでの見え方なんてもんは、本当はクライアントも気にしちゃいねーんだ(特に最近は)けど、一部のネスケ好き&マカーデザイナーが無理して「気にさせて」値段吊り上げる場合もあるからややこしい。

そりゃきゃつらは「りんごでネスケ見ながら作っている」わけで、それを「如何に窓IEで同じように見せるか?」って余計な部分に苦労をしてるから、その苦労をどうにか金にしたいのは解る。元手も高くついてるしな。でもこれは、クライアントにとっちゃ関係ない出費。窓で見るもんを安い窓で作ってりゃ安く済むんだし。運良く高く売れれば儲けは多いわけだし。プロは「弘法筆を選ばず」でなくては。
そういえばIEは今後Macサポートしないそうですね。これで純粋にプリントごっこへの道を邁進できるというもの。無理にインターネットなんてしなくてよいではないか。やはりりんごはバブルのあだ花。崇高な思想の前に市場はあまりに冷徹であった。とな。ここは去り行く商品にやさしく花を手向けよう。ほほほほほ

(何度も言うが別に私はゲイツが好きなわけでは無い。嫌いでもないけど。窓だって安泰ではないし。官公庁がLINUXを導入だそうで。そりゃね、高すぎるよ2003サーバ)

くわいだん

先日、わけあって、”KWAIDAN“という本読んだ。動機は関係ないので書かない。
その中に”The Story of Mimi-nashi-Hoichi”があった。こんなの英語でなければいまさら読みゃせんわな。
読みつつ思い出しつつ、ほんで読みつつも、どうも納得いかん箇所がある。

何故、何ゆえ’Priest’(住職)は耳に経文を書き忘れたのか!?という事だ。
他になんぼでも書き難い箇所があるだろう。

いやもっと深い意図を感じるのだが。

平家の亡霊が見たのは
“Here is the biwa; but of the biwa-player I see only two balls!…”
ではないのか?これはホラーな光景だ。

その後ご存知の事態となり・・ 血だらけになって臥せっている”Hoichi”に住職が駆け寄り叫ぶ。 “Poor,poor Hoichi! all my fault!!–Everywhere upon your body the holy text had been written–except upon your balls!”
The story of his strange adventure spread far and wide,and soon made him famous. Many noble persons went to Hanazono to given to him,-so that he become a wealthy man…
He was known by the appellation of Tama-nashi-Hoichi;”Hoichi-the-Ballless” いや、むしろ住職はわざと「そこ」だけ残したのではないか。当時なら人気出そうだが。アメリカにホームスティでもする機会があったら、きゃつらとの団欒の場では、ぜひともこのお話してやってくれ。きっとこの程度のAJで腹抱えて笑ってくれるから。

一万円のノート

先日買った、いにしえのメビウスだが、なかなかOSがインストール出来ないでいる・・どうもなんかが変らしい。さすが1万円だ。セットアップ起動ディスクがまともに動いてくれないです。内臓であるはずのCD-RomDriveを認識しない。なのに何故かCDでブートする分には認識するらしい。

試しにCDブートで雑誌についていたRedHatを入れたらスカっとさわやかに入ってしまった。(あとで削除するのが大変だった(笑)一度リナックスにしちゃうとDOSでHD認識しねーのさ。3.5inchHDだったらWinXPで直ぐに戻せるのだけど、うっかりしてました。)
でもな、俺はこれにはどうしてもWIN98を入れたかったのだ。

もうおなかの形が98になっているんだよね。「イタリアン」食いたいと思っているのに、「マクドナルド」食わされるみたいじゃん。
昨年4000円:=)で買ったアプティバE27に、BSDとWin98が入っていたのだけど、デュアルブートって案外あほらしいので、こないだ winの方を消してしまったのだ

気が付いてみればwinはXPだけになってしまい、古いソフトやデジカメが使えないものが多数出てきたのね。で、一台、Win98 がある程度ストレス無く動くマシンが欲しかった。(愛する?FMV-BIBLO 13 じゃ98はちょっと重くて使えません。メモリが最大48だからしょうがない)

できればノートが欲しかった。もう机上のスペースは無いし。たまには寝転がっても操作したいし。日本人だから。
なのに、それなのに、朝からずっと何度試してもインストールできない。こうなったらしかたない。最後の手段、フロッピーからインストールじゃ。実はFMVビブロのWIN95はフロッピーなのだ。まいったか。34枚もあるのだぞ。 これで休日は終わるな・・・まぁしゃぁない。でやりましたよ。せこせこフロッピー換えながら。 ところが、エラー続出。ここにきてどうやらインストールできなかった原因はフローッピードライブにあるのでは!?ということがおぼろげに解ってきた。遅いよ、俺。(たくさんファイルが入っているものほどエラーが出るようだ。なにこれ?)

で、頻繁に続出する「コピーエラー」の度、コピーできなかったDLLやらEXEファイルやらを一つづつ拾い集めては新品のフロッピー何種類かに入れては試し、入れては試し、だましだましながら、やっと「最小インストール」が終了したのが夜の10時である。あほだ。全くもってあほだ。朝の9時から何やってんだ俺っ。

しかし。久しぶりに見たクリーンな95の起動、再起動の早い事早い事。携帯なみだよ。メモ帳と電卓しか使えないがな。98入れるのもったいないなぁ(笑)てなわけで不都合があるまで暫くこのまま95で使おうかと思い始めている私。もう疲れたし。あーあ勿体無い一日だった。酒買ってこようっと。