どうしてこうなった?

あの手配写真は何だったんだろうか。

捜査員が
「すれ違いざまに見たら本人とは分からないだろう」
と話していたらしいが、いや、スレ違いって……

すまん、毎日面と向きあってても分かりませんよ私には。

近所のスーパーでレジ打ってる人に似ているんだに。日本の「手配写真のクオリティ」に不安を禁じ得ない。

物も言いよで角が立つんだぜ

「デブが傷つく」 病院で「肥満」という言葉が使用禁止に 「体重を健康的な数値に落とす必要のある人」

という、本来、肥満…じゃなくて体重を健康的な数値に落とす必要のある人(要するにあからさまなデブ)についての話題なのだが、なぜか話がハゲに。▼

おい、ガニメデ(新潟県)

笑いすぎてディスプレイに朝飯のパンくずがくっついたじゃないかよ。雪国のハゲは殊の外しもやけるからな。

しかしシリウス(カナダ)も読めば読むほど心に染み入る。

課題か。なんか、「問題」って言われるよりはポジティブに行こう!って気になる。

 

 

かも

 

Super Full Moon

やけに眩しいので目が覚めたら、今日は月がでかいそうだ。

実は去年、地震の余波収まらぬ 3 月 20 日もそう(Super Full Moon)だったのだが覚えているだろうか。
▼昨年の写真。
 

とりあえず写したもんだが、見て頂ければ分かると思う。こんげもん写真に写したって何がどう違うのかさっぱりわがんねってことを。

嫁「横にタバコの箱を置けば?」

おうよ、おめ、天才じゃね?

テルマエ・ロマエ

嫁に誘われて見てきた。普通に面白かったわ。劇場でおまけで貰った小冊子に、特別編の漫画が載っててそれも面白かった。ローマから現代日本に来ていながら「車」とか「電気」とか一切無視ですべて「お風呂(と一部トイレ)」にしか結び付けない強引さ

不可解ながらも潔い

でも、さー、なんで平成の世に出てきちゃったんだろううねぇ。

江戸時代とか時代無視でランダムに出てきたら、わりと普通に「混浴満載」でもっと鼻血ブー(死語)な展開で面白かったと思うんだが。見た目的にもな。

てか劇中上戸彩の実家の温泉、あそこ混浴なんだろう?なんでおっさんしかいねーんだこら
そこが残念といえば残念すぎる。てか惜しいにも程がある。詰めが根源的に甘いように感じる。ったくこれだから女性の作品は品位が低いとか言われるんだ。(←すみません、あほで)

ってか原作の趣向的に「すまない、ホモ以外は帰ってくれないか」路線だったんじゃまいか。なんかそんな気がする。興行的に上戸彩をむりくり絡めた原作にない展開になっているんだが、これってある意味いらなくね?主人公(アベちゃん)から上戸彩方向にちっとも「恋愛感情の描写」が無い。むしろ「友」としか思っていないんじゃないだろうか(上戸彩方向からはあるのかどうなのかもようわからん)。この二人の関係、感情が描ききれていないのが凄い致命的に不満だ(最近の映画的には十二分に面白すぎるから、あくまでわりとどうでもいい批評ですが)

じゃったらいっそのこと上戸彩の代わりに「平たい顔族一の美少年♥」を持ってきて一切女子排除でやって欲しかった。てかその方が絶対に良かったんじゃないかなぁと思うのだ。もうね、アベちゃんの「尻の美しさ」といい、組合の方の神話になる映画だったのに、心底惜しい。

上戸彩ちゃんのかわりは、神木隆之介くんあたりが誰がなんと言おうとベストかと。(私はノンケですよ。ほんとだよ)

本当のスカルプケアとは

えば

オートバイを洗車する場合、エンジンやホイールの細かな所などはなかなか汚れが落ちないからできるだけ細かな歯ブラシだの駆使してゴシゴシやる。
さすれば苦労のかいあって綺麗になるだろう。洗車をさぼっていると、古い汚れに汚れが重なり、なかなか汚れが落ちないから汚くなる。汚れの蓄積を避けるには頻繁な、丁寧な洗車しかない。

朝シャンだの、毎日洗髪だの、最近の「スカルプケアブラシ」などを使う心は、上記のような感覚に近いと思う。

でも待って欲しい。

えば

「シャワーの噴射口」を土の地面に擦りつけた場合を想像して欲しい。

噴射口の一つ一つに尽く泥が詰まるだろう?。さて、問題はこれをどうやって洗うべきか?ということだ。

歯ブラシか?より細かいブラシで擦(こす)るか。
ますます奥に汚れが入りかねないでしょう。

この場合多くの人は「水を勢い良く出す」と思う。そうすりゃ簡単に噴射口に詰まった汚れは水とともに噴出してくる。

人の身体はオートバイのように鉄の塊で出来ているのではない。非常に軟らかい素材で出来ている。そして、あろうことか「全身シャワーの噴射口(まぁ毛穴とか汗腺だわな)」で出来ているのだ。

ということは、だ。ろくすっぽ運動せず汗もかかずにゴシゴシ日々の汚れを擦り込むという行為が、いかに愚かなことか分かるだろう。そりゃシャンプーには香料がたっぷり入っているし、整髪剤にも入ってるから、なんとなく「匂い」でごまかされているが、毛穴の奥底にゴミを埋め込んで匂いでフタしているだけの話ではないか。これが禿げずにいられりょか。いやいられまい。

人はシャンプーで汚れを取るにあらず。なに気張ってんだ俺!

愚者は経験に学ぶという。
たしかに朝シャンはきもっちええ。経験は人を溺れさせるのである。 

頭を洗わないと痒い、というのは、むちゃくちゃ洗いすぎで軟らかい頭皮が傷ついているから汚れや汗で「しみて」痛痒いんだ。嘘だと思うなら一週間くらい我慢して放置してみろ。慣れるから(笑)じゃなくて、とりあえず、己の頭皮の傷が癒えるまで待つのだ。

汗をかいたら髪は軽く洗ってゴミだけ落とせ。水かける前にシャンプーだけでゴシゴシとゴミの埋め込み作業すなや。

頭皮というんは見りゃわかるが生っ白くてふにゃふにゃしててとってもデリケートゾーンだぞ。ちょと硬いものがぶつかっただけで出血するし。だから毛があるんじゃないかね?そうだろ?。

あんなの親の敵みたいにバイキンたっぷりの爪立ててゴッシゴシやったら傷だらけのローラだぞ。長髪の人が案外長髪を保てるのは毛が邪魔でなかなか頭皮を禿げしく洗えないからだと思う。あと、長髪の人に風呂嫌いは多い。(ようはズボラ、めんどくさがり、→床屋嫌い)

いいな?。
人は汗をかく以外汚れを根本的に除去する機能を持ち合わせていないのだ。男たちよ、黙って汗をかけ。 

※上記はあくまで個人的意見なので、ご注意下さい。ハゲるべくして生まれし者(Born to be Hage)は何をしても無駄なことが経験上実証されています。