BackUp

PCのハードディスクが一杯になってしまった。

こういう時昔ならDVDやらCDやらに焼いていたわけだが、さすがに数百ギガのデータとなると焼く時間がアホらしくてやってらんないよな。別のハードディスクにバックアップったって、ハードディスクってのはいつか必ず壊れるもの(それも壊れてほしくない時に限って壊れる)で、なんだか人生のようだ。
どこかで読んだのだが、
「そもそもハードディスクは、壊れた時直せるように作っていない」
のだそうですぜ、旦那。どうりで直らないわけで。orz

データなんてのは良く良く見てみると「大切な物」ってあまりに少なくて悲しくなる。

昔撮りためたネガフィルムが押入れに大量に眠っている。このうち「これはよく撮れた写真だ」なんてのは100駒も無い。でも一応全部取っといてある。デジタルになってからはもう、やたらとカット数が増えた。その分無駄なカットも増えている。気に入ったカットだけ取っておけば良いのだろうけどそれはもっと面倒くさい。だいたい良い写真てどんなのよ。ゴミはどんどん増える。

どんなすごいデータもどこにあるのか忘れてしまったら無いも同じ。

どこに仕舞ったかを覚えているのは最終的には自分の頭。そのうち頭の中は「何がどのフォルダに入っているよ」という事を記憶するだけで目一杯。このゴミはここ、あのゴミはこのへんに確かあったかなぁ……て。

結局ゴミを整然と整理するためだけに生きているようなもんだ。でいつかボケと同時に全ては無に帰すわけなのね。

国勢調査

今回から郵送可となった国政調査の有効回答率が2%(藁)なんだそうで。だからさ、さっさと仕分けてしまえば良かったんだこんなの。

「名前だけで、出生の年月がない」「名前すらない」

馬鹿か。名前から聞くって、どんだけ地道なんだ。縦割りにも程がある。選挙の投票用紙はどうやって配っているんだ?住民票は何のためにあるんだ。

総務省統計局からのお知らせより

国勢調査の統計データは、公平で公正な政治・行政の基礎として欠かせません。
例えば、衆議院議員小選挙区の画定、地方交付税の交付額の配分基準、少子・高齢対策、雇用
政策、社会保障制度の検討、地域活性化策、過疎対策、防災計画などに活用されます。

本当に公正な政治・行政の基礎として欠かせないのか?どう活用してんだよ!ってのがあまりに怪しいから誰もまともに書かないのだろ?。この調査方法からはどうしたってこないだ話題になったような「超高齢者」の実態把握はできねーくせに、どう高齢対策してるってんだよボケ。

いいから名簿屋に聞けその方が早くて正確だ。

ちなみに調査費用650億円也。

砂丘

こないだテレビで九十九里浜を空から写しているのを見たら、新潟の海岸みたいに堤防が等間隔で沖に突き出していて「あれ?」と思った。昔からこんなんだっけ?


大きな地図で見る

やはり九十九里も新潟同様に砂がどんどん減っているのだそうで、それを食い止める為の施策だそうだ。そのうち九十九里にもテトラポッドが出現するんだろうか……(サーフィンできなくなっちゃうね)

九十九里の北にある屏風ヶ浦は長いこと侵食されてきてどんどん後退してきた。崖の上のポニョ農地・土地がどんどん削り取られてしまう。でそれを防ぐために防波堤を置いたら侵食は止まったんだが、その結果海岸に寄せてくる砂が少なくなってしまったそうだ。

考えてみりゃ当たり前の話で、砂が降って湧き出るわけもなし、新しい砂の補填が無ければ波に拐われていくだけだわ。あちらを立てればこちらが立たず。農地や土地を人の住みやすい形にすればどこかでその代償を支払わなくてはいけない。

新潟市の海岸も同じで、大河津分水のおかげで広大で安全な農地・土地が手に入った。その代償があの生簀化した海水浴場なわけだ。

鳥取砂丘は手入れをしないとあっというまに緑化するらしい。世界の砂漠はどんどん広がっていってるのになんで?緑化ブラボー、この技術を今こそ世界に!と思ったら、「鳥取は砂漠ではありません、砂丘です」と怒られてしまった。別に技術は必要なくて、ほっとけば緑化するんであった。むしろ緑化を防ぐ技術が欲しいらしい。色々と人間はワガママだ。

新幹線の楽しみ

上越新幹線といえば、酒だ(意味不明)。

実は私はあまり新潟の酒を飲まない(裏切り者)

新潟の酒は食事と共に少しづつ楽しむ分には非常に美味しいと思うのだが、私のようにただ「酒だけを飲み続ける」タイプにはちょっと甘ったるくてコクがありすぎる。

日本酒度というのがあるらしいがはっきり言って私はそういうのアテにしない。どんなに日本酒度が高くても甘いもんは甘いし辛いもんは辛い。新潟の酒は辛口だとかよく言われているけど、なんだろう?さっぱりわからん。お隣長野の酒なんかに比べるとかなり辛いとは思うのだが、灘とか西日本の酒と比べたらやっぱ口当たりの甘さというのを重視してるんじゃないかな。ま、この辺は好みだからしてどっしょもないし、西日本の酒はあまり縁が無いから偉そうなことは言うまい。

どっちかといえば会津や宮城あたりの淡麗さっぱりのもんが好きである。(そして適当に安い奴ね。ここ大事)
具体的には「榮川-えいせんとお読み(会津)」とか「浦霞(宮城・塩竈)」なんかが好き。榮川と浦霞なら冷でツマミなしで際限なく飲める。もはや水、いやポカリより体液に近い飲み物だと思う。新発田の「菊水」や柏崎の「越の誉」、六日町は「八海山」あたりはどうも沢山飲めない。越の誉はもったいなくて一気に飲めない、というのもあるんだけども。長岡の「久保田」は大好きですがやっぱ高すぎる。もうちょっと安くならんのか?

上越新幹線に乗っていながら新潟の酒を飲まないというのも妙なんであるからして、やはり新潟駅でいろいろ物色して飲んでみては「あ~やっぱ甘いよ」とか文句を言っている。でもけして残さないところは偉いと思う。まぁようするになんでもいいんだわ。

写真左は岩船麸、こいつをつまみに飲むのだ。写真真中の越後鶴亀(巻。エチゴビール出した所)は私には甘くて濃厚であった。いかにも新潟の酒って感じ。でもパッケージデザインは素敵。そういえばこの夏民事再生法申請されたそうだが、健在のご様子でよかった。

右側のほまれ麒麟(津川)はさっぱりとしていて素敵。喉越しが新潟の酒っぽくない。結構こいつは好み。沢山飲めそうな感じ(笑)。津川と言えばどっちかといえば会津に近いからだろうか?値段もお手頃。これはもっと欲しいと思った。

レンタサイクルでポタリング

市内をレンタちゃりでぶらぶらしてきた。時間があんまし無かった(3時間半、200円。安い!)のと関屋分水からみなとトンネルまでずっと向かい風で、しかもレンタルママチャリで案外疲れたぞ。

ルート▼(本当は写真撮りながらなんで、もっとごちゃごちゃ行ったり来たり沼垂の市場とかも経由してるんだけど、めんどくさいんでまぁてきとーだ)


それにしても、旧市街は高低差少ないよね。ママチャリ変速なしでなんとかなっちゃうんだから。

途中懐かしい場所発見したので、レンタママチャリを写す。

本当に同じ場所かどうかは不明だが、昭和55年(1980)はこんな感じ。丁度30年経っているのか。

なんか、変わったようで変わらんな。海岸は伸びたような気がする。上の写真にある、生簀のようなプールされた水は一体なんなんだろう??

みなとトンネル本当は時間もないしこんな広範囲に移動するつもりは無かった。のにうっかりみなとトンネルの「下り」に入ったら、余りに楽なんで引き返す勇気が出ず、そのままトンネルに挿入突入してしまった。気がつけば山の下……まぁいいか。もともと目的があったわけでなし。

写真館は、暇を見つけて更新します。多分。

ちゃんとググれ

話題のさくらんぼ小学校(笑)ちゃんとググっとけや、ったく。

会見の最後に土田市長は「同名のアダルトサイトがあるとは夢にも思わなかった」と話し、「交通事故に例えるなら、(向こうから)ぶつかって来たような感じだ」と渋い表情

いや、そうかぁ?確かに、おっさん気の毒ではあるが、ちょっとひどくねぇかその言い草は

ぶっつけたのはあ・な・た。むしろカマ堀り。前見ろ前!

私立さくらんぼ小学校(ググればトップ)の方だって、別に法令違反をしていたわけではなかろう。一応こっちは「私立」だし(笑)それから全然アダルトサイトじゃねーし(まぁエッチなゲームを制作しているわけだが)。いくらなんでもITリテラシー低すぎだろう。ちったぁ勉強しろ。わからないことがあったらググっとけ。

だいたいが、「さくらんぼ小学校:)」って名前、どうなん?幼稚園かよ。俺だったらめっちゃ嫌なんだが。さいたま市とか平仮名の市も嫌。

「市は似た校名がないか事前に確認したが、インターネットではチェックしていなかった」

おひおひっ。現実世界にそんげおちゃらけた名前があるわけないだろうが。大丈夫か頭?

校歌を作詞・作曲した作曲家の服部公一さん(77)は「『さくらんぼ小』という名前に芸術魂が触発されて、自信作ができたと思って喜んでいた

……え?マジ?
すげぇ魂だ。どうなってんだ一体。芸術以前に「こんな名前の小学校ってあり?」とか、「ふと、一瞬」でも思わなかったのだろうか。
山形県東根市立さくらんぼ小学校校歌「ひかる六つのさくらんぼ」だそうだ。ぜひ着メロにすると良い。きっと儲かる。

こいつらみんな狂ってんだ。

鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキットに行ってきた。
どうせ行くなら「8耐」やってる土日に行けばいいのにとも思うのだが、今日行ってきた。

上の二子が女の子だったというのもあったが、鈴鹿の遊園地には行く機会が無かった。(松阪と鈴鹿(サーキット)は電車&タクシーなら45分くらいで行けるのだが)

やっぱ、ホンダの作った遊園地はひと味違う。ちょと前まで東京多摩に「多摩テック」ていうのがあったのだけど、潰れてしまった。多摩テックには子供の頃一度だけ、連れて行ってもらった記憶がある。アトラクションは「なんらかの操作」を要求されるものが多くて、男心をくすぐりまくる遊園地だった。

鈴鹿サーキットの遊具も、例えば電車に乗って回るだけ、ではなくて、「トルコン」を操作して進ませる必要がある。しかも「制限速度」が書いてあって、それに沿って運転し、「警笛をならせ」とか、いわゆる「リアル電車でGO!」なアトラクションになる。時間どおりにスタート地点に帰ってくると、「運転免許」というカードを貰えたりね、子供にはたまらんだろうね。

子供用のゴーカード(小一からひとり乗り可能)も、一周のタイムが0コンマ00まで出る(笑)しかもコースはモノホンの鈴鹿サーキットの縮小版で、高低差まである程度本物に沿って作ってあるあたりは流石だ。


▲第一コーナー

で、F1とかがやっているときはもちろん駄目なんだろうが、普段は遊園地のパスでサーキットの観覧席に入れる。

今日はバイクの練習走行をやってた。実際に見て驚いたのだけど、鈴鹿のこのスタート&フィニッシュのストレート、
「めっちゃ下り」である。写真の看板の段差見るとわかってもらえると思う。

写真じゃ分かりにくいかなぁ。おそらく、「最終コーナー立ち上がり」以降、ちゃりなら『全く漕がなくてもどんどん進んでく傾斜』だよ。これは怖いだろうなぁ。実際目にしてびっくりしました。テレビではわからないもんです。

写真で一番伝わりにくいのは「落ちる怖さ」だと思う。崖の上から真下を覗き込んだ写真を撮っても、「落ちそうな感覚」って表現しにくいんだよな。単に見晴らしが良い処ってだけだったりする。案外下から見上げたほうが「高さ」が表現できたりします。

次は本当のレースをやっているときに来たいなと思う。あの下りのストレートを第一コーナーに突っ込んでいくってのは、うーん、迫力あるだろう。やっぱ目で見ないといかん。

なつかしついでに

昔乗っていたチャリンコの写真を探していたら、懐かし恥ずかしい写真を見つけた。そう、中学生のころのマイデスクだ。まずは中一の時。

あ^あ^あ頭悪そげ!
しっかし、きったね~な~。そうか俺ってカメラ毎日派だったんだ。忘れてたよ。机の上のレンズはキャノンFL100-200mm f5.6。

机の上、ラジオとラジカセが並んでますが、そうです、このちらっと見えてる左のが、まだ音が鳴っていた頃の(藁)
東芝クーガー2200だ!アンテナ線がぞんざいに壁に伸びてますね。そんなもん無くても平壌放送はBSNよりクッキリハッキリ聞こえましたが。

ベリカードとかって、一体なんだったんだろうか。

こんなカットもあった。

ヒドイもんだ。それにしても汚い写真だな。「ピラミッドのひみつ」と「トイレット博士」が同居。これが「ピラミッド博士」と「トイレットの秘密」だったらちょっとはアカデミックなのに。引き出しにちゃんと「baka」って書いてある。「キャプテン」がありやがる。懐かしいなぁ。「テスト」の張り紙は一体誰に向けて何を激していたのだろうか。テスト前だってのにこんな汚い写真を写していたわけか。机の奥の「的」は一体……もうね、こんなの俺の机じゃないよ。全然記憶にないし。多分誰かんちの机だよと本気で思いたい。机の上にあるカメラはオリンパスペンFTあたりだな。

笑えるのが、サッカースパイクの右横、Zライトの支柱の影になっているがそこにある本はもしかしたら「武者小路実篤」の詩集だ。
もう嫌だよ、こんな中学生。

そして、中三の時の机、天井を見上げるとさらにどびっくりだ。

うひょー天井にC-3PO!YMOに伊藤蘭にえーと、その横は……誰ですかあなた?。
しかも、ペナント乙! 鬼押出しかぁ!。
こうね、ペナントってね、上手く並べて貼るのが難しいんだよ。だから何だってんだ

ペナントって一体なんだただろうか。

 «まだ、売ってるんだが……

懐かしいブリジストンのチャリ

小学生の頃買ってもらった自転車の写真がどうしても見つからなかった。もう毎日のように乗っていたし、ここの写真館にある昔の写真はこいつに乗って撮りに行ったものばかりだというのに、MYチャリの写真を一切写した記憶がない。

実は、「興味の中心にあったもの」が微妙にズレていたのでこうなってしまった。小学生の頃はもう自転車が好きで好きでたまらなくて毎日のように何処かしらに出掛けていたのだが、やがて「単に出かけること」だけで満足できなくなって(まぁたいていはそうだ)中学生になってからというもの、自転車に乗るのは「写真を撮りに行くため」という、目的から手段に変わったわけだ。

結果、この自転車に乗ってあれほど写真を写したにもかかわらず、写っているのは「海」やら「飛行機」やら「たんぼ」やら「夕日」やらもろもろであって、この自転車は写されることが無かった。ストイックなまでに被写体に自分の日常が出てこない。なんだこれ。

これが高校生になってバイクに乗るようになると、嫌ってほどバイクの写真が出てくるんだけどね(笑)もうさ、風光明媚な土地に行っておきながら必ず手前に「愛車」が入り込んでいる。ピントは愛車であって風景ではない……。

それでも「もしかしたらワンカット位は気まぐれで写したカットは無いものだろうか」と必死こいてネガをひっくり返したら、

ありましたよ。ワンカットだけ(笑)。昭和55年(1980)3月撮影とある。

買ってもらったのが小6の時(77年春)だから、4年目を迎えた頃か。チェーンカバーが無いな(笑)。さすがに中学生にもなると、あのナウでヤングなカバーに一抹の恥ずかしさを感じたらしいな。でも何時外したんだろうか。

このリアサイドに付ける折りたたみのカゴって当時流行っていたんだよ。今は見かけませんね。バランス悪いもんね。

チャリだけトリミングするとこんなんだ。

クランクがなんか微妙に「楕円」ですが、これは歪んでいるのではなくて、デフォルトで「楕円クランク」だった。漕ぎ出しが楽だとか、そうおいう理由だったような気がする。あまり流行らなかったみたいだけど、未だにブリジストンのラインナップにはこういったクランクを採用したのあるんじゃなかったっけかな(違ってたらごめん)。ただね、しょっちゅうチェーンが外れたよ。

なんかこの写真見ると、三つ子の魂じゃないけど、40過ぎても似たようなスタイルにしてしまうのねッて感じでちょっと恥ずかしいね。

ただ、なんだろう、このちゃり、何年式なんだろうか??買ってもらったのは間違いなく小学校の6年(1977)の時のはずだ。6年の時の夏休みの宿題もこれに乗ってやったんだから間違いない(と、思う)。1976式とばかり思っていたんだかライトの形が1978年式っぽい。

たぶん、これだな、1977の少年ジャンプの宣伝だそうだから、この時のモデルだろう。それにしても志村けんが若いって以外はちょっと「どうなのよこれ?」って気がする宣伝だ。もうちょっとやりようは無かったのか。

巷の少年向けちゃりんこは派手派手路線を「暴走」をした挙句、後戻りできないまま「カマキリ」と呼ばれた「どシンプル軽快車(ママチャリの元祖)」に一気に駆逐されてしまったそうです。このへんの歴史はこのページが面白くも物悲しい。昭和40年代前後世代にとっては涙なしには見れないのでぜひ目を通して欲しい。

私も高校に入ってからはおっかさんの買い物チャリばかりに乗るようになり、さらにはバイクに乗るようになり、かわいそうにこのチャリは親父に「セミドロップハンドルを逆付け」されアップハンドル車で余生を過ごしてました。

人類補完計画

永遠の命を手に入れられる場所ロシアに。だそうです。妙に値段が安いのが気になるし。

記事には

「脳はコンピューターのハードディスクのように動き、中身を保存でき、将来的には寸分たがわず再生できると確信……」

とあるけども、実際それはそれで脳の再生が可能だとして
「その脳で一体何をどうやって動かすの?」
ってとこが気になる。
ウィンドウズ95かな。

▼冷凍保存したその後気がついてみたらこんなだった、とかじゃいやだよな。

▼せめてこんくらいなら許せるんだが(火の鳥のロビタ)

冷凍脳再生が可能なくらい遥か未来になったら、21世紀の人間の脳なんて、あまりにチープな性能で、どうにも使いようが無くて、アキバの道端にジャンク(自己責任で再生してください)扱いで並ぶかもしれない。

こういったおちゃめな事故とかもあり得る

アナルティクス

今日仕事で Google Analytics の話題が出たのだが、そういえば昔こいつを「アナティクス」と読んではばからない人がいた事を思い出した。ただ、その方はいわゆる「帰国子女」であったので、
「もしかしたら正確に発音するとそうなのかも……?」
とおそらく誰もがそう思ったに違いなく、結果として誰ひとりとして明確に「それ、なんか違う」て指摘出来なかった。

その後、その方はお辞めになり、アナルティクスの謎は立ち消えとなって今に至るのだが、実際の発音だとど~なのか。

試しにアナルの方でぐぐってみる。すると「もしかしてグーグルアナリスティクス?」と出る割には意外なほど沢山ヒットする。

この方などは確信犯的に使っておられるが、どういう意図があって、(わざわざ《正式名称:グーグルアナリティクス》とかまでかきながら!)アナルにここまでこだわっているのか?という点が非常に興味深い。

ヤフー知恵袋にも真面目に質問されている方がいるようだが、
「なんか恥ずかしい名前になってますよ・・・」
とさらっと流されてしまっている(笑)。まだ日が浅い相談事なので今後の経緯を見守りたい所だ。多分明日になると忘れると思うが。

ここもかなりシリアスな場でありながらのアナルだ。よく見ると引用している新聞記事の方はちゃんと「アナリティクス」になっているのに本文はあくまで「アナル」。
作者のこだわりが垣間見れる。

そういえば別の人だけどやっぱ帰国子女の方で「gif 画像」を、「ギフ」と読む人がいた。岐阜?や、やっぱ「ジフ」でしょう?これなんかはかなり微妙。「Giなら「ギ」だろう普通」と言われたが、Giant たらジャイアントじゃん。イギリス人は「ギフ」と読む人が多いとか。ほんまかいな。でも gif フォーマットの開発元は「ジフ」と読んでいるらしいよ。これはぶっちゃけどっちでも構わないらしい。

でも、「透過 gif」 (とうかジフ) を 「すいかジフ」と読むのは低偏差値がバレるので気を付けた方がいい。

紙が無い!なう

トイレに紙が無い Twitterでトイレットペーパーを募集、無事届く

先日

だいたいうんこの報告をするとフォローが来るっていう機能に価値が見出せない自分がいる

などと書いてしまったが、己の先見の明の無さに打ちひしがれている。そうだったんだ、こういう使い方があったのだ。便利だな。

いつか携帯電話のハードが限りなく小さくなって、脳内に埋め込むことが可能になり、脳波を使って携帯電話をかけられるようになったとしたら、携帯電話の進化形は「テレパシー」だ。

と昔、高城剛氏が曰っていた。

携帯が個人個人のテレパシーなら、Twitterは個人太くて痛吸うの、じゃなかった不特定多数のテレパシーと言える。

というか、どっちかといえばTwitter型の方がテレパシーっぽい。いろんな人のつぶやきが頭の中に聞こえてくるのだ。「紙が無いよほ、誰か紙持ってきてくれよう、なう」

…やかましぃ!

考えてみれば、トイレの中からTwitterには何で書き込んだんだろうか??と思ったら、オチがあった。

けいん 2

何かと突っ込みどころ満載のケイン・コスギ様のブログが話題だ。

なんでも、
「いつの間に英語が読めるようになったんだ俺?」
「英語なのにスラスラ読めちゃう」となかなかの評判です。

話題のブログはこちら。まぁともかく行って見てくれば。

君は読めるかな??

2000GT

2000GT のある肉屋というのがある。このサイトのメニューがイカしている。

  • ホーム
  • 手作りの味
  • 店舗ご案内
  • 2000GT
  • LINK
  • 掲示板
  • MAIL

これだけ見たら肉屋のメニューとはとても信じられない。TOYOTA2000GT に特化したカスタムショップのようではないか。でも肉屋さんなのだ。掲示板も話題の中心は 2000GT スレがメイン、ときどき、肉。美味しそうな霜降り牛が 2000GT に挟まってる。

こんな感じ▼

<2000GT>肉</2000GT>

昨今滅多に見かけなくなったこの車、肉買いに行ってついでに見せてもらってこようか……(いつもあるってわけじゃないとは思うが)

今更ながら

浅田選手が銀に終わり、オリンピックも終わり、2ちゃんねるが攻撃され、FBIが乗り出して、さてどうなるのか知らないが、
フィギアスケートでどうしても気になる選手が居て、名前が思い出せなくて、一部だけ覚えていて、それが
シビリ
という。
ゲ◯◯・・なんちゃらシビリだったはずだ。

成績が振るわなかったせいか、その後メディアに出てこない。どこの選手だったかもうろ覚えだったのだが、それがいまさら分かった。うれしい。グルジアのこの方だ!↓ (http://www.gedevanishvili.ru/より)


ちなみにこのサイトにはこんげ写真もあった!。▼これは反則だろう \(T▽T;)/け、けしからん!お父さんは許しませんよ!

次回のソチはグルジアの近所だねぇ。

パスワードクラック

昔パスワードをかけたPDFが開けなくて困ってしまった。自分で作ったのに。こういう場合passbomの類は使えないから困る。一体何が書かれているのか気になって仕方がないからこういうのを使ってみた。日本語の詳しい使い方はこちら

結論から言うと、英数大文字で4桁のパスワードはだいたい茶を飲んでると解析が終わる。だめだ4桁(笑)こんなのちっともパスワードじゃない。ためしに5桁パス設定してやってみたら、何時まで経っても終わる様子が無い。飯食ってる間には終わるかな?と思ったがそんなに甘くは無かった。他の作業が全くできないのでやめたが、寝ているPCにやらせとけば翌日位には終わりそうな感じだ。6桁になると5日くらいかかるらしい。8桁にすれば数十年かかるそうな。パスワードは8桁以上にしようね。

なんてね、えらそげな事言ってるが、肝心のPDFだがな、パスワードは
hogr
だったよ。

orz…これって、多分「hoge」にしようとしてタイプミスしたんだ。そっちの方が問題だろうが!このばかちんが!。自分には分からなくて数分で解読されるパスワードって一体何?。歳はとりたくないものだよ。でも世の中にはそういう悲しいパスワードがもう本当にたくさんあるんじゃないかと思うぞ、まじで。

ストリートビュー新潟上陸

何時の間にやら、ストリートビューが新潟まで進出してました。気がつかなかった。


大きな地図で見る

この場所って、昔(1977年頃)はこんなかんじだった。

信濃川南岸引込線

鳩左ブレ

鳩サブレは美味しいんだけどね。ちょっとこのあたりでポッポさんの格言を見直してみよう

鳩曰く;
「友愛とチャレンジ、社会正義と革新、という思いで出馬した」
「私は、日本という国が日本人だけのためにあるものだとは思っていない」
「日本列島は日本人だけの所有物ではない」
「小沢代表は最もクリーンな政治家」
「永住外国人の地方参政権は、のテーマだ」
今時侵略無い、戦車なんていらない」
「秘書を信頼したのはうかつだった」
「私は世襲ではない」
「私は大目にみてほしい」
「私は4世だが世襲ではない!」
「世襲が日本の政治をゆがめてきた。世襲の私が言うのだから間違いない」
簡単に筋を曲げる政治家に未来を託せるか

……

「夢は大事だ」
「民主に賛成の官僚以外クビ」
「私は日本列島の人間以上に、宇宙の中の人間だぞと思っている」
「国益も大事だが、地球益も大事だ」

もうね、同じバカならブッシュさんの

ブッシュ語録より
子供に「ホワイトハウスってどんなところですか?」と聞かれて)
「白いよ」

の方が比べものにならないくらい素敵だよ。

 鳩よけ(フン害防止マット A型)長さ600ミリ 高さ103ミリ 鳥がとまるのを防ぐ!

今日の夢

小田原市が周囲を合併して「大田原市」になる

という話を聞いて
マジかよ!Σ(・口・)
ってところで目が覚めた。

お願いだから、もうちょっと楽しい夢を見させて欲しい。疲れているのかもしれない。

自転車がぽちい。

 自転車が欲しいとちょい前に書いた。エコのせいか、メタボのせいか、いや多分不景気のせいだろうが、自転車ブームなのだそうだ。な。そうだね?

 本当にエコに貢献できるのかどうかは微妙だと思う。車から自転車に乗り換えた、てならともかく殆どの人は「電車通勤→ちゃり通勤」だろう。多少は混雑が弱まったり電車の加重は減ったのかしらもしらんが、都心の電車の本数が減ったという話はとんと聞かないしな。

 メタボ解消?え?まじ?本当か?

 確かに少しは健康に良いだろうけど、どう考えたって歩くのに比べたら自転車は「はるかに楽ちんだ」と思うんだがな。歩くより効果的な運動にしたいなら、歩くより疲れるような運転しなきゃだめなような気もするんだがなぁ。
その割には「軽い自転車が良い」とか、「クロモリは疲れない」とか、「なるべく楽チンなちゃり」ほど値段も評価も高いのはどういうわけか。本当にメタボ解消する気があるのか。本当に「メタボ解消」「運動目的」だったら「鉄下駄」のような自転車こそ売れるべきだし、売るべきだろうに。

 いや、きっと私が間違っているのだろう。何か自転車には「歩くよりもっと素敵な秘密」が隠されているに違いない。雑誌の企画部が困らないとか、タイアップがやり易いとかかな。
090919_1107~001 で、ホームセンターに行ってみたら、
←こんなの売ってた。
素敵なネーミングだ。
「軽快者」
かぁ。
”けいかいもの” と読むべきなのだろうな、この場合やはり。

違うな。

▼実用はこちら