夢のパターン

 先日夢見が悪いというようなことを書いたが、夢も40数年見続けていると、一定のパターンというのができてくる。内容は毎回違うのだが、それらの出来事が起こる「場所」が何種類かあって、その場にいることに気づくと「あぁこれは夢なんだな」と分かってしまう。

パターン1・学校

 校舎は「コ」の字型をしていて、図のような間取りになっている。

090910kousya

 ちなみにこんな校舎現実に通ったことなど無い。

 旧校舎の部分は木造でとても古い。この風景はむかし小豆島の二十四の瞳ロケ地で見た古い教室がベースになっているようだ。旧校舎ではいつも授業をやっていない。ここの体育館で部活の空手の稽古をしたりする夢をよく見る。授業をする夢は見ないが授業参観をしている夢はよく見る。

パターン2・空港

 空港というか、空港に行く夢。実は昔よく仕事で海外に行く機会があったのだが、バブルがはじけてからというもの一切そういう機会が無くなった。パスポートも切れたまま。その後取り直すことなく今に至っている。

 つまるところ、紆余曲折あって空港にたどり着く前に「あ、パスポートが無いじゃん」と気づいて海外旅行がおじゃんになるというパターンの夢を良く見るのだ。どういうわけか必ず「バス」に乗って行く。それも普通の路線バス。空港のバス停はどう考えても空港っぽくなく、なんていうか新橋駅前といった感じのごちゃっとした場所。そこから人ごみの中搭乗手続きに進むのだけれど、この場面のベースは恐らく「浜松町」のモノレール乗り換えのところの人ごみ。そして手続きの窓口はどう見ても競馬場の馬券売り場である。だいたいこの辺で「あ、パスポートが無いじゃないか」と気づく。最近はもうバスで空港に向かった時点で「これは夢だなぁ、またこれか」と気づいてしまって先まで行かずに目覚めている。

パターン3・海

 車で海に行く。夢で行く海はいつも同じで、図のような海岸。

090910umi

 この海は好きなので(?)夢と分かっていても楽しんでいたのだが、最近海にたどり着く前に目覚めてしまっていらいらする。

パターン4・My新潟

 望郷だろうか、比較的頻繁に見る。ただ現実の新潟となんか違う。だいたい図の通り。

090910niigata

 ていうか、なじみのある場所以外は完璧に切り捨てられている。本当に江南高校のあたりは田んぼしか(夢には)出てこない。見渡す限りの水田に高速道路だけが走っているイメージ。どういうわけか夢には電車が出てこない。(新潟駅前の広場らしきものは出てくるのだが)新潟在住時電車というものには滅多に乗らなかったせいもあるんだろう。

 最近ますます「My度」に磨きがかかって、古町にどんどん高層ビルが増えており、高速道路が増え、佐渡までが極端に近く身近になったりしてきている。

 そのMy新潟Cityで私は佐渡へ出かけたのに忘れ物をして何度も引き返したり、「みかづき」を探すのだがなかなか店舗がみつからない、といったくっだらない夢を見ている。この夢も途中で夢だと気がつくのだけど、かまわず身を任せることにしている。

My新潟マップに使用した素材はこちらから戴きました。

特A産地のコシヒカリ、ゆめごこち等かけ合わせ。こしひかり×夢ごこちの絶品ブレンド米。「極み…

道に迷うと回る

 昨日近所の水路でボートに乗った。当然漕ぐのは父ちゃんである私の役目なんだが、手漕ぎボートに乗るのが非常に久しぶりということもあって、巧く進まない。まっすぐ漕いでいるつもりなのにどうしても曲がる。右と左の力が均等でないんだろう。

 海で沖まで泳いでいると、やはり曲がって進んでいる。時々目標物を確認しないととんでもない方向に進んでいることがある。

 単に「歩く」という行為でも大抵の人は目標物が無いと回るのだそうだ。

Walking Straight into Circles
(日本語:道に迷うと回る

目標物が何も無いような場所で迷ったら、動かない方が良いというのは本当らしい。考えてみるとこれ結構怖い。

 もし私が目隠しをして広い池の真ん中でボートを漕いだらかなり面白そうだ。間違っても救命ボートの操縦を私にさせるべきでは無い。

ああ東京タワー

 盆休みを利用して東京タワーへ行ったわけなんだが、こんな混んでいる東京タワーは生まれて始めて見た。なんだよ、いまだに人気だったのか。しかも値段を見てびっくり。こんげに値段高かったっけ?家族5人で一番上まで行ったら5千円くらいかかるじゃないか。大展望台たって「たかだか地上150mで820円」なんだ。ちなみに朱鷺メッセなら無料で140mだ。なんだい東京タワー。たいしたことないな。

 特別展望台が250mで1,420円だ。

 後で調べたんだが、東京都庁が202mで無料。横浜ランドマークの展望室が273m(1,000円)。サンシャイン60(池袋)だと226.3mで640円だ(海抜だとサンシャイン60は東京タワーの特別展望台とタメを張れるのだ)

 東京タワーボリ杉なのでわないか?。もうすぐ新タワーも出来るというのに、身の程をわきまえてほしい。まぁ稼げるのもあと少しだから躍起になるのも分かるが、蝋人形館くらいセットで無料にして欲しいっぞ。蝋人形、どうすんだろうかね。

 これがめっちゃ空いていたらなんとなくノリで上がっちゃったんだろうが、くそ暑い中行列してまでチケットを買う気が萎えた。したがって4Fの(タワーの土台の)屋上まで上り、そこから景色を眺めるだけで帰ることにした(笑)。

 4Fの屋上から「ほら、遠くが見えてよかったね、さぁ、帰ろうか」と言ったが、実は楽しみにしていた(らしい)末っ子は「もっと上に行きたい」とわめき散らす。

 流石にここがタワーの真髄ではないこと位は5歳児でも分かったようだ。ちっ。

「今日は混んでいて子供は昇ってはいけないんだ」と大嘘をこき、暴れる息子を取り押さえ、ハーゲンダッツのアイスを食わせて黙らせる。つくづくひどい一家だ。

 その後も「今度はいつ来るのか」とうるさい息子。正直もう行きたくない。東京にタワーがあるなんてことは早く忘れて欲しい。タワーについてはなるべく話題に出さぬよう気を付けたいと思う。


うちの子にとって東京タワーはどんな思い出となるのだろう……

キャッチフレーズ

このニュース「TBS世界陸上、選手キャッチコピーダメ!」
陸上の世界選手権(8月15日開幕、ベルリン)の独占放送権を持つTBSテレビが、日本陸連から選手のキャッチコピー(CC)を撤廃するよう通達を受けていたことが24日、分かった。(サンスポ)
いったいキャッチフレーズって何?と思って
見てみたら。
なんだよこれ(w)

「100万ドルで国籍を売った男 」

だの、

「王国の幅跳び番長」

って、何それ。

「室伏に忍び寄ヨるヒットマン」あ、誤植見っけ。

「槍投げ界のサラブレット」
「リトアニアのケビンコスナー」

もう、ふざけてるというか引っ込みつかなくなったというか、どーでもいいじゃんというか破れかぶれなこの状態。だれか「やめれば?」と言える人がTBSという場所にはいないのか?

ふと、キャスター・リポーターのページを見る。
あれ?キャッチは?無いの?

可哀そうだからCFつけてやれよ。

「現場の貴公子」とか
「振り向けばいるあいつ」とか
「褐色のナルシスト」とか。

夏休み?で三重にいる。

なんだろうかこの天気は。ひでーよ。海行けないジャンよぉぉぉ。下手に水遊びすると死んじゃいそうだし。
それはともかくとして、今年も新幹線では「チキン弁当」だ。

IMGP0401

ウマホー(。◕ˇε ˇ◕。)♡

気のせいか年々「シンプル」(というか質素)になっているような気がする。スモークチーズは好きだからいいんだけどね。レモンが袋入りのレモンシロップになっちまった。なんかさみしい。

と、いつの間にか「新種」が出ていたので味見する。

IMGP0405

これが新種だ。

 ごはんも似ているがなんか違う。こっちはレモンは実物カットレモンで唐揚げポテト(!)が付いている

IMGP0406
んだが!

なんかぱちもンっぽいぞ。あの甘ーいそぼろタマゴが振りかかってないじゃないかこれ。

味の方は……。むー。微妙だ。唐揚げは「和風」ショウガ風味と、カレー風味?でスパイスが効いているのが。なんかミスマッチ。チキンライスもちょっと風味が違う。こんなんチキン弁当じゃない!。

お願いだ。歴史あるチキン弁当オリジナルだけはなんとか残しておいてもらいたいのだが。たのむぞ。チキン弁当が無くなったらもう新幹線なんか乗らない。

※ちなみに今回オリジナルの方を二つ食べました。んまかた。
ちなみに元祖チキン弁当は800円。新種は850円です。新種に負けるな元祖!

豚インフルエンザ

昨日アボガドと刺身で手巻き寿司を作った。

準備をしていた嫁が
「あ、このアボガド、メキシコ産だけど、……大丈夫だよね」
と言った。

もし、これで感染したら、世界初の

アボガド対人間における感染例

として医学史に名を残すこととなると思う。

空手の試合でぼろぼろ

昨日のこどもの日、「見た目は大人、頭脳は子供」な私は空手の試合に出てきました。この歳この身体でフルコンの試合に出るなんざ身の程知らずにも程がある事の証明、と言える程散々な結果に終わったのだが、今日はさらに輪をかけて全身が痛いんである。エアーサロンパスの中身で出来た風呂があったら入りたい気分だ。

昨年は後ろ回し蹴りで秒殺、その後他の試合は棄権した私でしたが、今年は年齢別体重別戦と無差別戦ともに出場。黒帯相手になんとか判定まで戦うことは出来た。出来たはできたものの、2分プラス延長1分がこんげに長いものだったとは知っていたけど知らなかった(なんだそれ)。(寸止めの試合は何かと「止め!」が入るのでこんなに疲れないのです)
あれですな、延長に入るともう身体が動きません。ウルトラマンのカラータイマーは2分10秒で点滅を始めるそうだが、あれは人間工学的に正しいことが心底判った。

以前カモ便り2006年01月30日(月)に

子供のころから解せなかったのだが、限界が近いことを正直にかつ大々的に知らしめてなにか良いことがあるのだろうか。戦っている怪獣に「そろそろ自分駄目そう」って教えたらむしろ不都合なことが多いのではないか。

という記述が有り、「そういわれてみればそうだ。馬鹿だな」とその時は思った。んが、カラータイマーなんてなくても「顔と動き、もう全身で疲労感を最大限に表現している」俺よりはやはり数段かっこいいかもしれない。
いや、あれは「本当はまるでピンチでは無いのだが、そう見せかけると相手に隙ができるから」という効果をプチ狙った、表情に乏しいウルトラマンなりの「狡猾な策」のような気もする。

おっぱい1枚!

おっぱいバレーという映画がやっている。

公開当時、券売所で「おっぱいバレー1枚」と言うのが恥ずかしい、というのが話題になった。
確かにおっさんが一人で見に行くとき、券売所にことのほか可愛らしいおねぇさんが居たら、ちょと引く。

野望としては

「ねぇねぇ、おねぇさぁん、おっぱいバレーってやつさぁ、
ほんとにおっぱいいっぱい出てくんの?

とか言って反応を見たいもんだが実際のところは、

「おっ……レーください

「はい?」

え?

「すみません、もう一度お願いします」

あ、……お……くりびとで  いいです

とか言ってしまいそうだ。おくりびとには失礼だが、こうして図らずも「おくりびと」を見てしまった人が、ほんの少しはいるように思う。

見分けが付かない。

嵐とカトゥーンの見分けが付かない

と言ったら娘と嫁に笑われた。知るか。なんだっけ?流星の絆だっけか。あのドラマがいけなかったと思う。両方から出てくるなややこしい。(カトゥーンじゃなくてニュースだと指摘をされた。全く問題外に分かっていない)

でも遠藤憲一は宮迫博之の本名だと思っていたし、よく言われるが大杉漣はダンカンの実の兄かもしれない。

ちなみにドラゴンアッシュとエグザイルの違いも分からなかったのだが、こないだテレビを見て驚いた。もう間違わない。数が多いのがきっとエクザイルだ。でも多すぎて後ろのほうで踊っている奴見ても「本当にこいつはメンバーなのかどうなのか怪しい」と思っていそうだ。

どうでもいいがどっかの掲示板に

101匹エグザイルちゃん

て書き込みがあって、吹いた。