すき焼きに卵は必要か!?

すき焼きに卵は必要か!? (まとめサイトより)

そうなのだ。

溜飲が下がるとはこのことだ。ようやくこの話題が市民権を得たと言うことか……。

常々、「なぜ、何故にたまご

と思い続けて早四〇年。子供の頃この玉子の特に「白身?」、こいつのあのとぅるとぅる感にどう対処して良いのか非常に困った。一体誰がこの謎の答えを出してくれたと言うのか、だ。

8:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/01(木) 20:59:05.43 ID:c5L6T+dd0
いらないわけがない
様式美だし

そう、様式美。この言葉は甘く危険だ。すべての否定要素を凌駕してしまう。だが、ひつっこく言いたい。何故?何故?卵なのか。この牛肉を焼いたものに「生卵」をあえて食らうという風習は日本人独特のものらしい。誰だ!誰が考えたのか!!

いや、百歩譲って、まぁそれはそれとして美味い。確かに。でもな、

コレステロールが気になるんだ

よ。

世は平成、そろそろすき焼きを卵無しで食える様式美というのが開発されて良い頃だと思う。

まぁわりとどうでもいいよね。

ハマチとイナダ

良く食べる魚に比較的安い「イナダ」ちゅうのがいる。昨日スーパーで小さめのイナダを四枚に下ろしたのが230円で売ってた。夜遅かったのでさらにニ割引で買えた。ちょっと生臭かったが。

いわゆる出世魚、ブリのちっちゃいの(40cmくらい)をイナダと言うのだが、この時期やたら安い。年末築地市場でイナダ一匹まるごと、それもどっちかといえばイナダより一回り大き目のワラサと呼ぼうかどうしようかって奴が300円位で売ってた。冬はブリ(90cm以上)じゃないと安く買い叩かれるのだろうか。

で、ちょっとまて、「ハマチ」って何だ?

ハマチというのはあまり冬場見かけないというか、夏美味しいとされている。で、イナダより高い場合が多い。これはいったい何なのさ?と
思っていながらわりとどうでもいいなと(笑)知る気にもならんかったんだが、

ハマチとは関西の呼び名で、関東で言うところのイナダに相当する。

のだそうだ。知らんかったよ。すまぬ。別系統の言い方で大きさは一緒。

でも同じだとしてどうして「ハマチ」というとちょっと美味しくて高級なイメージがあるのに対し、「イナダ」は安上がりだけどちょっと生臭い(ような気がする)のはなんでじゃ?関西の方が美味いのか?(なわけない)

……

どうやら、ハマチと称されるのは「養殖物」が多いそうだ。養殖のハマチは脂ノリノリで状態も良い。養殖でコントロールされているのだから、当然美味しいとされる夏場に市場に出回るのだろう。そしてそれなりのお値段がする。つまり

育ちの良いブリの箱入りお坊ちゃまハマチ

関東のス-パーでも養殖物のイナダは「ハマチ」と銘打って出すそうだ。

一方、
うっかり網に引っかかって出生し損なった野生の若いブリイナダ

ってことになる。何か物悲しさを感じる。確かに、イナダにあまり脂は乗ってないわ。

半魚人

福山雅治画伯がCMで「半魚人」を描いているのを見て
「いや、これはどう見ても”さかなにんげん”だし。魚人じゃねーだろが」
などと、わりとどうでもいい感想をつい口にしたが、家族に概ね好評だった。

でも、もしこれを嵐のメンバーが書いていたとしたら
「 またそんな細かいことを。どーでもいいじゃん」
とか
「いちいちうざいよねーお父さんは」 
とか
「お酒ばっか飲んでテレビに愚痴らないでよ(-“-)」
とか
いつの間にかご飯片付けられてしまったりとか、さんざんな目に合って肩身の狭い思いをしていたかもしれない。

 

うかつに思ったことをすぐ口にする癖を無くすべきだと深く反省した。

あと福山画伯は一度田辺誠一画伯に弟子入りしたほうがいいと思う。

なんも言えない

なんか話題のろくでなし子さん

自らのマ◯コをアート(?)にする女性漫画家

w( ̄△ ̄;)rz

御作品は高尚すぎるのでリンク先で見ていただくとして、基本マ◯コは地面。まさに土留色ってこれか。

しかしこの人のブログの「ろくでなし子のヤバネイルアート」はおもしれーな。ツメから指ネイルとか。ネイルアートというのは結構男からするとどーでも良い類のもんだったが、

これは萌える。

 

 

ごめん、全力で大嘘だ

 

 

▼なにこれ、どうやって使うん?

ジョブス本

今日ちょっと本屋に行ったら、すごいね、ジョブス本の数々。平積み制覇。

全世界にお住まいの「スティーブ・ジョブス」さん(もしくは、微妙に名前の似ている皆様)未曽有のチャーーンス。さあ、今こそ、伝記を書こう!!。

今書かずに、何時書くと言うのか。タイトルは「我が人生」でもなんでもいいやもう。ぜって間違って買ってくれるって。本名だったらけして嘘じゃねーし。

あわよくば
「波乱万丈ですっとこどっこいな人生が本物よりわりと面白い。」
みたいな評価が得られるかも知んない。

少なくとも
「ブックオフで『かげろう』とどっち買うか迷ったけど、こっちにしといて良かった」
程度の感想を得られたら、それはそれで良しだ。