なんてぇこたぁねーなー

なんだかなー。いろいろiphoneのセッティングにかまけてみたんだが、愛クラウドだとかXP使いには全く使えなーい。

いちおうiCloudコントロールパネルは XP にだってインストールしようと思えばできる。プチめんどうくさいけど。

でもな
できるってだけで使い勝手は Wzero3 以下だ。
それはつまるところようするに使えないってことだ
わな。困ったもんだ(笑)まぁよくよく考えてみれば無理してクラウド経由する必要性って、今の今まで無かったわ。そういうことに気づくことも大切だ。

評判の至極悪いマップは確かにごいすーな出来栄え振りを見してくれて楽しい。なんだかしらんが家のすぐそばに地下鉄の駅が出来ていた。これはさすがに「もう駄目かもしんないね」ってレベルだ。他にいくらでも地図アプリはあるんだから全然気にならんけど、よくもまぁここまで使えないもんをデフォで載っけたよな、褒めて使わすレベル。これぜってーわざとなんだろうな。ウケ狙いじゃなかろうか。もういっそのこと「虚構地図」アプリとして進化したら面白いんじゃなかろうか。尖閣諸島に東京タワーとドンキの印つけたり。

結局子供のおもちゃになってるし……(ドラクエ8のスカウトモンスター出現地マップを見ている)

携帯どうしようか

そろそろというべきか、ようやくというべきか、もう少しで Wzero3(死語)の二年縛りが終わる。

・・・素直な気持ち、

馬鹿な買い物をしたものだ。

と思う。本当にお馬鹿な俺だった。へそ曲がりにも程があった。

結果、何時使ってんだよそれという状況がここ一年。電話としての携帯は会社支給のものしか使ってなかった(笑)。いつでも電池切れ。極極タマに Gmail 見るだけの代物。料金はいつも最低料金しかかかってない。だって電話しないんだもん。Gmailにしたって、ほとんどPCの前に座っている毎日、わざわざ移動中や休み時間に見るまでもない。てか

”休み時間とか移動中くらいネットから離れていさせて”

と思うようになって久しいわけで、モバイル(w)とか、まじうざい。

盆休みに三重の親元へ出かけたんだが、今年はとうとうノートPCを持っていかなかった。Wzero3は一応持って出かけたが、初日で電池が切れたっきり充電もしなかった。メールは親父のPCでも見れるし、自宅にはなんと最近まったく出番の少なくなった留守番電話という文明の利器もある事を久々に思い出す。

仕事で大抵PCの前に居ざるを得ない人間からすると、正直スマホの機能はいらない。ネットにしたってなんだって PC の方が上。いくら高性能なカメラが付いたったって、性能は普通のデジカメに比べるまでもないのは致し方ないわけで。

つくづく思うのだけど、なんでガラケーに WiFi を付けないんだろう。儲けがなくなるからか?ウィルコムならそれやってもおんなじことだろうに。どうせメールとかいろいろタダなんだし。やっちゃいけんことなのかな?ガラケー vs スマホとかそういう問題ではなくてだな、ガラケーのまま WiFi 繋げられたらそれで十分でないのか?なして WiFi つなぐのにあのタッチパネルとか iOS とかアンドロイドが必要なん?

普通に小さくて軽い電池長持ちで、ちゃんとボタンが付いているガラケー状の携帯で、防水で頑丈で、WiFi 繋げてさ、Gmail 送受信できりゃもういいから。グリーとかのゲームなんてできなくて良いよもう。WiFiで共有できるなら赤も青もSDもいらん。充電共用のUSBポートだけありゃいいだろう。

中途半端なしょぼいカメラもムービーもいらん。

おサイフケータイも着メロもいらない。

ましてやノッティーヴィーなんてずえったいいらないこれはマジいらない。

そういう普通の、作る気無い?……んだろうなぁ。なにより作ってて面白そうじゃねーしなぁ。しゃぁねーか。

いっそ、これにしちゃおうか(笑)

突っ込みどころ満載

今日届いた「招待メール」だ。

綾小路麗華ひゃん……「社交界の時の時」ってどんな時なのかな。

 

て、めぇ、いい加減にしろよ。

ここなぁ (リンク先でのあらゆる不利益は自己責任にて願います)

もういろいろと無闇に手を抜き過ぎだわ。ヤル気あんのかこら。

末尾の数字変えると結構いろいろ作っているな。これも面白いな。(ひつこいようだがリンク先でのあらゆる不利益は自己責任にて願います)

おもしれーな~。一体この文面、誰が考えてるんだろう。 きっといい友だちになれる気がする。

前と次

割とどうでもいい話だが、相変わらず気になってんだ。

ここのブログのトップページを読み進んで下まで行くと、「次のページ」と書いてある。「前のページ」はクリックできない。ということは過去ログ見たけりゃ「次のページ」へ行けということだ。

たしかに上からずっと読んできたのだから、私にとっては次のページだ。でも次のページを開くとそこに書いてある記事は「前(に書かれた)ページ」であり、時系列から言っても前のページだ。で、そこから前のページに戻ると現れるのは次のページだ。意味わからんな。

英語なら next previous 、これを直訳しただけのいろいろと込み入った大人の事情があるのかもしれない。結構みなさん悩んでいるらしい。こちらとかも。でもなんだかまともに考察すればするほど杓子定規でややこしいんでないかい?もそっと単純に考えて欲しい気もする。

これはだな、

が行けないんだと思う。お前のせいだ、前。そういうことにしとけ。

前には「目の前、前の道」といった行く末、所謂「未来」の意味がある。同時に「以前、前日」といった過去の意味もある。こういうそもそもどっち付かずな「前」をナビゲーションに使うからいけないのだ。

新 旧 でいいじゃない。

関西弁Windows

関西弁 Windows がうざいと至極評判だというので、興味深さに耐え切れずつい入れてしまった。

基本、こういうものだ。▼
 

何でやねん。て

関西弁だけでなくいろんな方言に変えられる。
広島弁▼
 

 日本語の幅の広さを感じ入る。これって英語でやったらできるのか?南部訛りバージョンとかいっても面白くは無さそげだが。イギリスの階級別言語でとか(笑)。ロイヤルバージョンと労働者バージョンとか。すげー嫌味になりそうだな。

 

 

色々試したが俺的には「侍バージョン」が一番しっくり来た。

ともすれば流されてしまいそうになる己を、すんでの所で引き止めてくれそうな

そんな気がするぜ。

なんかいろいろカスタマイズ出来るらしいから新潟弁も作れそうだ。わしゃもうめんどくさいから誰かやったげてちょーだいだぜ。