忙しいよ、じょんまに。総理?もうどうでもいいよ。

いや~忙しい。バブルの頃はよく挨拶で
「どう?最近、忙しい?」
というのが定番で(今考えると非常にアホらしい)あったのだが、別にあの頃は忙しくなくても金は余っていた。「いや~忙しっす」と答えるのは定番であったのだが、はっきし言って全力でヒマであった。そうでなきゃあんなに経済が動くはずないし。金があってヒマだから使うのだよな。

今とあるシステムの(進捗が頓挫しかかった)インターフェイスデザインのコーディングというのをやってます。

私はウェブデザイナーが今本職であるから、本当は自分がデザインしたものをコーディングしたい。むしろデザインだけやって、あとはコーディングの得意な若い人に渡してしまっておしまいにしたい、というのが理想だ(笑)

でも贅沢を言っている場合ではないので、というか、半分フリーな人間にとって、頓挫しかかった仕事の尻ふきも重要な収入源であって、むしろ大歓迎ではあるのだが……

やればやるほど○○○。なんだろうか、デザインでダメだし食らいすぎてしまったらしく、各ページに全く一貫性が無い。其々のページがほとんど一品物の手作り感満載ですごく贅沢。いや、贅沢な予算があってこうなったんなら大歓迎なんだが、むしろその逆だから困る。おかげで仕事にありつけたのだから文句は言うべきではないのだ。ちゃんとしたオペレーションされた仕事が私のような末端に回ってくるわけもない。助かってます。

それにしても、だ。通常こういったシステム案件の場合、バックグラウンドから作って(コーディングして)くれ、と言われるのが定番である。ユーザに見せる場面なんて最後の最後だ。ところがトップページから真っ先にやっつけて欲しいという要望。これは怖い。思ったとおりもう期限が押し迫っているからせめてクライアントを安心させるためにフロントから見せたい!とよくあるおはなしである。

本来、管理画面(例えばECサイトなら商品登録画面とか)→会員登録画面→マイページ→オープンな画面(フロント部分)→会社概要だの会員規約だのどうでもいいもの、という順序でプログラマに渡すのが普通の流れなのである。

そういう順序で(先にバックグラウンドから)作っていると、デザイナも「あー、ここにはこういうデータが必要なのか、ここの文字数はこんなもんか、、、」というのがわかる。分かってて作るから最終的にフロントを作るに至る前に、入力フォームなどの理屈も分かって作ってくる。コーディングするほうも同じ順序ならなんら問題ない。

どうも、先に管理画面は出来ている様子だ。その上でフロントのデザインをしたらそこでダメだしを食らい、何度も何度もやり直しを繰り返し、デザイナーが代わり(多分会社も代わり)、クライアントを納得させるためだけにできたデザインのようだ。コーディングする方は怖くて仕方がない。

というのは、最終的に出てきたデザインがどう考えてもウィンドウズの事を考えてない。何の変哲もないフォーム画面もマックで見ると結構かっこいいのだ。その見た目をそのまま貼りつけてある。クライアントは「いいじゃん」と納得したらしいが、それをウィンドウズで再現するのは半端無く、くだらなく、難しい。テキスト入力部分(・・はまだいい。セレクトメニューもだ)の枠の「角丸」とか爆笑だよ。Win,とインターネットエクスぷローラーとの組み合わせでこれを実現するには、最近はやりのJクエリとかのJavaスクリプトパッケージを使う以外ない。使え、という指示なら使うが、だったらもっと「凝れよ」。じゃったらなんでも出来るんだから。サファリのフォームの見た目だけパクリのためにそんなことできません。ユーザにマックとサファリを使え!てトップページに書け。

ようするに、システム寄りのデザイナーのデザインがどうしても気に入ってもらえないもんだから、全く畑の違う印刷業界のデザイナーを使ったらしい。おそらくシステムのことどころか、ウィンドウズを使ったことさえ無さそうだ。HTMLの知識もコーディングの経験も少なそうなデザインで、そ、れ、で、クライアントにおK~を取ってしまったから、さ~困った。これどーすんだよ、って奴だ。ついてねぇよ。いや、仕事になったんだから、むしろ、ついているのか、俺。

でも、どう考えてもこのデザインじゃデータが入ったら破綻するんじゃね?という突込みどころが満載で、仕様書くれ!と言っても出てきやせん。大丈夫なのかこれ。ま、立場的にそれを心配する位置にいないことだけはラッキーか。いいのかな。いいか。

で、オープン日が・・・え?まじですかそれ?

…プログラマさんに同情します。一番大変なのはそちらでした。

【送料無料】実践Web Standards design

【送料無料】実践Web Standards design
価格:3,360円(税込、送料別)

この旅館高かったんでしょ

よく見かける→てやつ、6,195円になります!。

意外と安いな。

最近グルーポン系の共同購入サイトの広告増えたな。オセチ事件以来やっぱ危機感あるんだろうか。あれは、かなり、特殊な事例だとは思うのだけどね。ともかく未だかつて見たことないひどさだったもんな。ありゃ業界潰れて良いレベルだわ、と幼稚園生並の純粋で素直な気持ちで思ったんだけども。

「えっ!?私の年収、低すぎ…」

てものかなりウザイが。

顔文字

案外自分は「顔文字」の使用頻度が高いようだ。

もしかして、顔文字そのもので検索するとここがヒットしたりしないか?と思ってやってみた。まず
( ̄▽ ̄;)

( ̄▽ ̄;)

駄目なようだ。当然か。

他の文字でもやってみた。w( ̄△ ̄;)wでニュース検索!

w( ̄△ ̄;)w

んーなんか知りたい情報と違う気もする(知りたい情報がそもそもなんだったのかわからん)が、これらのニュース内容に対する反応としてw( ̄△ ̄;)wはアリな気もする。さすがだなGoogle

(╯-_-)╯でショッピング検索をするとこうなった。

(╯-_-)╯

そうか、(╯-_-)╯はフランス製キャミソールだったのか。なんか分かるような気がするのが不思議だ。ちょっと欲しくなった自分がいる。

その後のさくらんぼ

あの小学校その後はどうなったん?と思ってたら、名称変更して新しい名前が決まったそうですね。

その名は、その名、は、「大森小学校」

ひどく小ざっぱりしてるー!(╯-_-)╯

なんだよ、拍子抜けだな。ギャップありすぎだろうよ。チェリー小学校とかで逝っちゃえよ。もうちょっとヒネリなさい、ヒネリなさいな、もう。

カレンダー

知り合いのサイトでGoogleカレンダーを設置して勝手に予定書いてねというのを作ってあげたら、ある人に、「これってなんか見にくいんじゃね?」と言われた。や、見にくいったって、これグーグルのせいだかんな!と言ったら、デザインとかどうこうではなくて

「一番左が月曜日になっているのが見にくい」

とのことだ。

……え”!!そうなの?

家のトイレにあるカレンダーは月曜日から一週間が始まっていて、家族が各々、う◯こだのしながら予定を書き込んでいるんだが、全く違和感が無かった。私自身のグーグルカレンダーも月曜始まりに設定したままもう永い。(グーグルカレンダーは週の初めを「日曜」「月曜」「土曜」の中から選べるようになっている)私にとって、一週間は月曜日から始まるものだ、というのがすっかりデフォルトになっていたんだが、日曜日から始まるという認識の人の方が実は多いらしい、というのを今日はじめて知った。

じゃぁさ、「週末」ってのはさ、なんなのよ。「末」でしょ?で調べたら、「何曜日が週の初めかという明確な決まりは無し」との事だ(笑)。

アメリカでは最近月曜始めが増えているけど基本日曜始め、その他多くの國が日曜始めであるが、フランスは月曜始めだそうだ。俺はフランス式だったのか。帰国子女は辛いな(誰がじゃ)。
イスラム圏では土曜始めだそうだ。但し日曜日は休みではない。金曜が休みであるから、カレンダーの両端が休みの日になる構図は日曜始まりのカレンダーと同じだ。でも、こんなのを見つけた▼
「ISOでは月曜が週初めに規程」
ほれみそ!
神様が6日かけて世界を作って一日休んだんだもん。最初に休んでから作ったわけじゃないだろう。

だいたい、土日で連続してイベントとかあったらくっついていたほうがぜって便利じゃねーの?。と言ったんだが、

「いやいや、そういう理屈とか原理じゃなくてね、日本人として違和感がある。とにかく気持ち悪い。日本のカレンダーは日曜始まりの方が多いんだから。何より作り手よりユーザの気持ちになって作るのがプロじゃん?」

w( ̄△ ̄;)wガーン

恐れ入りました。設定しなおしました。ついでに私の個人のGoogleカレンダーも日曜始まりにしてみた。

……う~ん、気持ち悪いぞこれ……これに慣れるべきなのか、ど~なのよ?