上級編・心得

21世紀のコスモポリタンを目指すあなたに
新潟言語学で、博士号を取りたい・・そんなアカデミックなあなたに…
物知りなへんなおじさんになりたい、そんなあなたにこのページを捧げます。
単語さえ覚えれば良いってもんではありません。
単語のマスターだけでは、カタカナ英語を乱発する似非文化人となんら変わりはありません。
ここでは、ネイティブならではの「ふっと出てしまいがち」な言い回し、感嘆語、さらには、隠語の世界を垣間見てみましょう。

語尾の言い回し

初級編で学んだ「らろー」「られ」、だけでは出自がばれます。
相互理解への道はそんなに甘くありません。

~こて

用法としては、「~だこて」あるいは「~らこて」と断定の「~だ」の後ろに付く謎の修飾文字。
解説不能。
あえて言えば、「(~だ)よなー」「(~だ)よねー」に近い。
「大変だこて」 = 「大変だよなぁ」
時には「~らこてばー」 とか「~らこてやー」などと応用される。
相手に同意、同情を求める度合いによるものであって、それ自体にたいした意味は無いのがすばらしい。

~てば

「~だ、~だよ」か。まぁそんなもんかな。
意味なんてどーでもいいっちゃいいんが、こんげがん・・・。

「やいや、今日はさーめてば」
=「いやいやなんともはや、きょうは寒ぅござんず」

「やめれてば」=「やめてぇ~」

~こて、や、~てばは映画「ホワイトアウト」で中村嘉葎雄さんが端々にわざとらしく使っていました。中村さんほどの役者でも真のネイティブからすれば違和感を禁じ得ない高度な言い回しです。使用に際しては重々心してください。

~ば、~んば

「~しないと」「~しなきゃ!」の意

「急がんば、遅刻するろ」 = 「急がないと遅刻するぞ」
「どっしょばぁ・・」 = 「どうしよう」