ほいと

こじき(のような人)祝い人と書くらしい。

字面はかわいいんだけどな
やっぱあまし使わないこと。

東北日本海側で広く使われるらしい。

全然関係ないけど藤沢周平の「たそがれ清兵衛」、映画になりましたが、あれはどっちかというと他の短編「祝い人(ほいと)助八」と「竹光始末」の筋がメインじゃの。

ちゃんこ

「せつくす」あるいは「お○○こ」の事。
おすもうさんの料理ではない。 伏字にしなくて済むから方言て好きさ

ちんこ

ちんこぃ:つまり、小さくてかわいいものの事を指す。
「おめさんとこのちんこなじら?」と聞かれても、慌ててパンツの中を確かめなくても結構です(しねーよ)
もしあなたに子供がいるなら子供の事を指しています。
猫を飼ってるなら、きっとその猫のことです。

ちょんちょん

幼児語で陰部を指すらしい。知らなかった。
(御指南;まりさん)

報告
佐賀弁でもあるそうです。ってか佐賀では幼児語どころか「せつくす」そのもの をこう言うとか。

ぼぼ

九州のほうではどう言う意味か知りません
えー知りませんともさ
新潟では「赤子」の事を指します。
単に「ぼー」と言う地方もあります。
「おめさんのぼぼよーみしてくんなせやー」
などと言われても、慌ててパンツ脱がない様にします。
他にも
「やいやー、ぼぼがよだれ垂らしとる」(^_^;)
とか、
「いとしげなぼぼらなー」
とか言われても、落ちついて対処します。
飛騨地方でも赤子をぼぼと言うそうですな


ぼぼ=ぼー=「坊」ですね、おそらく。
昔は男の子も女の子もみんな「坊や」と呼んでいたそうです。
ちなみに「お嬢ちゃん」という言葉は比較的最近出来た言葉だそうです。(昔といっても明治の頃だろうけど)

追記—

飛騨地方のお土産に「さるぼぼ」つーもんがある。

さるぼぼ=サルの赤ん坊

のことらしいが、どう見ても申には見えなくてなんか怖ウィ。