よっぺ

「決めた」「取った」の意か??「寄るっぺ」が縮まったんではないか?という意見があったが、「~っペ」はあまり新潟弁では見かけないし。

私の住んでた沼垂、笹口、米山方面では、 結構ポピュラーだったのに、 それなのに、意外と通じない事が近年判明した悲しい言葉。 ぎりぎり新潟島内では、意味は通じるらしい。 もしかしたら、単なる流行語だったのかもしれん。

―使用例―
「俺一番よっぺ!(わたくしが、一番最初にやらせて頂きます)」
「じゃ、俺二番よっぺね(それでは、私が二番手に参りましょう」
「なんらー、やいや、俺がげっぽらねっか(まぁ、なんてこと!私が最後なんですの?)」

へば!

「まず」と同意。下町にて使う。(未確認) これを使うのは、
かなりコアな新潟人と思われる.
::::::::::報告:::::::::
「へば」は秋田弁でもあるそうです。つまるところ、コアな東北弁といった趣のある一品。

のめしこき

怠け者、ものぐさな人、の意。このうち語尾の「こき」は「○○○な奴」という意味であり、ほかに「しゃべちょこき(おしゃべりな人)」なぁどと使ったりもする。

したがって、「のめし=怠け、ものぐさ」の意ととらえられるのだが、「のめしこき」をぐぐるとたくさん出てくるのに、「のめし」でぐぐると、
「富山県布目新町(ぬのめしんまち)」
とか
「品種Aのめしべにたくさんとれる」
とか、こともあろうに、
「ケンタロウのめし
「今ははや恋しなましをあひみんとたのめし事そ命成ける」
「究極のめし屋」
「権力者を笑いのめし
「シャープ兄弟をたたきのめし
「私の救世主さま (わたしのめしあさま)」

等がひっかかり、がっかりだ。

しょうたれ、しょったれ

だらしのない事。 使う場合は『しょうたれこき、(しょったれこき)』のごとく、『こく』(上級編参照)を無意味につける事。
ちなみに「だらしがない」と言うは、本来は「しだらがない」が正しい。「不しだら」なこと。ハワイをワイハーと言ったりするのと同じ変化で”しだら⇒だらし”となった。じゃ「しだら」ってなんじゃ?
しだら・・規範のことだそうです。元は梵語で”シュダラナルカ”・・・さすが標準語、語源を調べれば出てくるのね。「だっちもねー」のだっちとはえらい違いだ。もしかしてだっちも梵語!?・・なわけねぇーよな・・

はっけー(ひゃっけー、ひゃっこい)について

不思議というか、意外というか、「ひゃっこい=冷たい」を 新潟語と思っている新潟の人って、結構います。(実際ネイティブ新潟人の場合「はっけー」と発音しますが) 。

私は新潟に転校する前、(小学生の時。昭和50年前後まで)府中(武蔵野と多摩の境です)という所にいました。3年生位のとき、クラスの誰かが(ひゃっけ!と)言っていて、その言い回しのカッコ良さから、ちょっとした流行り言葉になりました。 当時はその辺りの大人はあまり使わなかったように思います。

江戸弁では「しゃっけ」と発音ます。でも、これは新潟人が「エレクトーン」を「イレクトーン」、「公園」を「こういん」と発音するのと同じく、言ってる本人はあくまで「ひゃっけ」と言おう という意志がありながら「しゃっけ」となってしまっているに すぎません。

しゃっけ!、は東京ではもともとは北関東から流れてきた言葉であり、ひゃっけ、ひゃっこいは埼玉などでも通じます。昭和30年代~40年代にかけて、武蔵野 にも広まっていったとの事。今では大抵東京全域で使います。

国語辞典見てみてください。(高校レベルの辞書でいいっす) ・・・・ひゃっこいって載ってます。

いずれにしてもこれは堂々とした、そう、例えば 人間で言えばちんこに毛が生えたくらいの 立派な日本語なので、 他国の「ぜぇごもん」に通じなくても、 けして動じず、 ふんぞりかえっていれば良いでしょう。特に、新潟から東京に行った人が「はっけー、ひゃっけー」が通じない・・事に驚く事があるようです。そこで新潟弁だったのか!と思うのは早計。東京にいる人の殆どは他国モノだと言う事を忘れずに(圧倒的に元新潟県民が多かったりもしますが(笑)あと、九州勢が多い)。

地方から東京に出てきた人は、「東京に居る人は皆東京人」で「東京に居る人が話す言葉は皆標準語」だと根拠も無く信じる上、「東京に居る人に通じない言葉は皆方言」と思い込む傾向があるのには困りもの。ヨクヨク話してみたら同郷だったなんてこたぁ良くある話です(特に新潟国民は出身地を隠す傾向が強いから気をつけよう?)。生粋の東京人なんてほとんどいない事を努々忘れるべからずだ。そして東京に居る他県人で新潟県民は異常に多い事を知っておくとよい。