はじめに

「新潟語は難しい」と普段から感じているあなた。
「急に新潟へ転勤の辞令が出たが、言葉が通じるか不安だ」というなあなたも
「新潟語は小学校から高校まで7年も習っているのに少しも上達しない」というあなたも
「デフォルトで、新潟県人のはずなのに、どうも違和感を禁じえない・・」とゆー君も
ここに来れば、すぐに「ネイティヴ」な新潟語が理解できます(野望)
かといって、鵜呑みにすると、手痛いしっぺ返しをくらう事が、稀にあるので注意します。

» 当講座受講にあたっての諸注意

あいうえお は あえういお

この場合の「え」に当たる「い」は、限りなく「え」に近い「い」と覚えましょう。 同時に「い」にあたる「い」は限りなく「え」に近くなりがちです。この違いにおける明確なセオリーがありません。
というか分かりやすく言えば、新潟国民は「え」と「い」の違いをあまり「気にしません」

–使用例 —
「公園」=「こういん」
「エレクトーン」=「イレクトーン」
「色鉛筆」=「えろいんぴつ」
「いろはにほへと」=「えろはにほへと」

注意点
文章に書くときも、発音に忠実に「イレクトーン」と書くのが、 正しいネイティヴ新潟人です。

でも、いんぴつ位は漢字で書きたいところです。

語尾上げ言葉厳禁

最近の若い人はともかく、正しい新潟語は基本的にアクセントが前。
例::「たご」→「まご」 「こども」→「ども」
このように、関西系のイントネーションです。 関東の人には難しいかもしれません。

が行に鼻濁音は使わない

美しい日本語とやらは、忘れましょう 。
というより、まず、鼻濁音などと言うものは上方のおしつけ、幻想にすぎません。 京都や奈良や おフランスのような「古都」に住むならともかく、 ニューヨークや新潟といった近代国家には必要の無い概念です。

語尾のダ行ザ行はラ行に変換

–使用例–
「なぁ、ホテル行こうぜ」=「なぁ、ホテルいこーれー」
「おおっ、これ、すげ`ぇぜ」=「おおっ、これ、すげぇれー」
「やだ」=「やら~」

注意点
「れー」と語尾を伸ばすと、よりネイティブっぽいです。
間違った使い方
「だるま」≠「らるま」
「だめじゃん」≠「らめじゃん」←正しくは「だめらねっか(高度な言い回し)」