~こて

用法としては、「~だこて」あるいは「~らこて」と断定の「~だ」の後ろに付く謎の修飾文字。
解説不能。
あえて言えば、「(~だ)よなー」「(~だ)よねー」に近い。
「大変だこて」 = 「大変だよなぁ」
時には「~らこてばー」 とか「~らこてやー」などと応用される。
相手に同意、同情を求める度合いによるものであって、それ自体にたいした意味は無いのがすばらしい。

~てば

「~だ、~だよ」か。まぁそんなもんかな。
意味なんてどーでもいいっちゃいいんが、こんげがん・・・。

「やいや、今日はさーめてば」
=「いやいやなんともはや、きょうは寒ぅござんず」

「やめれてば」=「やめてぇ~」

~こて、や、~てばは映画「ホワイトアウト」で中村嘉葎雄さんが端々にわざとらしく使っていました。中村さんほどの役者でも真のネイティブからすれば違和感を禁じ得ない高度な言い回しです。使用に際しては重々心してください。

~ば、~んば

「~しないと」「~しなきゃ!」の意

「急がんば、遅刻するろ」 = 「急がないと遅刻するぞ」
「どっしょばぁ・・」 = 「どうしよう」

~が、~がや

「~だろ」「~でしょ」 みたいな感じか? 用例でうまく伝えるのが難しい ・・・ある意味真髄。 分かり安い言い方をすれば「付加疑問」

「や」が付くと「付加疑問」の度合いが多くなる?場合もあるし、語尾の上げ下げによっても表現される。

「じぶん、こないだ そう言ったろがや(語尾があがる場合)」
= 「おまえ こないだ そういったはずだけど」

「じぶん、こないだ そう言ったろがや(語尾がさがる場合)」
= 「おまえ こないだ そういっただろ」

「なーは、こないだ そう言ったろがぁ!!(や抜き語尾断定的に言い切る場合)」
= 「おまえ こないだ ずぇったいにそう言った」

ただし、長岡方面では、さしたる意味も無く語尾に「がー」を付けるのが粋とされるので より一層相互理解のハードルは高いと言えよう。

注意
名古屋弁の「~だがや(~だぎゃ)」とは意味や用法が違う事に気をつけましょう。

~こき、~こく

比較的ポピュラーな言い回し。
~こき=~なやつ
~こく=~する
・・まぁそんなかんじかいな。

用法として分かり得やすい所として、嘘っこき、屁っこき、などは全国区ですが、新潟ではなにかにつけて「こく、こき」をつけるべし。

しょたれこき(だらしないやつの事)
のめしこき(なまけもの)・のめしこく(なまける)
もーぞこき(うそつきなやつ)
しゃべちょこき(おしゃべりなやつ)等