もじける

いじけるって感じでしょっか。 機嫌が悪くなる、へそ曲げるの意味です。(御指南:関屋分水様)
南蒲原では、「恥ずかしがる」「人見知りをする」の意味に使うそうです。(ご指南:南神原人様)
「この子はもじけてどうしたんだろう、何時もはこんな事ねんだけど」

だがゆー

「誰が言うか(そんな事)」=「馬鹿な事言ってんじゃないよ」

よっぺ

「決めた」「取った」の意か??「寄るっぺ」が縮まったんではないか?という意見があったが、「~っペ」はあまり新潟弁では見かけないし。

私の住んでた沼垂、笹口、米山方面では、 結構ポピュラーだったのに、 それなのに、意外と通じない事が近年判明した悲しい言葉。 ぎりぎり新潟島内では、意味は通じるらしい。 もしかしたら、単なる流行語だったのかもしれん。

―使用例―
「俺一番よっぺ!(わたくしが、一番最初にやらせて頂きます)」
「じゃ、俺二番よっぺね(それでは、私が二番手に参りましょう」
「なんらー、やいや、俺がげっぽらねっか(まぁ、なんてこと!私が最後なんですの?)」

へば!

「まず」と同意。下町にて使う。(未確認) これを使うのは、
かなりコアな新潟人と思われる.
::::::::::報告:::::::::
「へば」は秋田弁でもあるそうです。つまるところ、コアな東北弁といった趣のある一品。

のめしこき

怠け者、ものぐさな人、の意。このうち語尾の「こき」は「○○○な奴」という意味であり、ほかに「しゃべちょこき(おしゃべりな人)」なぁどと使ったりもする。

したがって、「のめし=怠け、ものぐさ」の意ととらえられるのだが、「のめしこき」をぐぐるとたくさん出てくるのに、「のめし」でぐぐると、
「富山県布目新町(ぬのめしんまち)」
とか
「品種Aのめしべにたくさんとれる」
とか、こともあろうに、
「ケンタロウのめし
「今ははや恋しなましをあひみんとたのめし事そ命成ける」
「究極のめし屋」
「権力者を笑いのめし
「シャープ兄弟をたたきのめし
「私の救世主さま (わたしのめしあさま)」

等がひっかかり、がっかりだ。