楽曲のダウンロード販売

映画「鮫肌男と桃尻女」のたしかエンディングの曲が好きだったのだが、ふとそれを思い出して 「どんな曲だっけか」とyoutubeを探したけど出てこない。ツタヤでDVDを借りてきて、あーこれだこれだ、なんとか普段聞きたいと思ったんだがどうもうまい方法が無いwww。サントラがそこらで売ってるようなシロモノでもなく、てか欲しいのはエンディング曲のみで他は要らないし、ドクター・ストレンジラヴというバンドで検索してもチャップリンの映画しか出てこないし。

というような状況(なんだそれ)で iTune のダウンロード販売だとピンポイントで1曲だけ150円とかで買えるわけだ。(ちなみに欲しかったのはこのサントラの最後の “room” という曲) が、どうもこのダウンロード販売というのが買う度に抵抗があって仕方がない。 

わかりやすく言えば、なんか損しているような気がしてwwwしかたないのだ。これはやはり「産まれが昭和」なせいなんだろうか。昨今の若い人は抵抗は無いのだろうか。 なにせ、「飽きたら売る」ってこたぁ出来ないんである。人間はいつか飽きるのだが買ったら最後売れないんである。いや売る気になれば売ってもいいんだろうけどそれは犯罪になるわけだ。CDだと売れるのにデータだけ売ると犯罪になるってのもなんか不思議な気もするんだがそのへんはややこしいもんだ。手に入れた途端金銭的には無価値と化すわけで、音楽は「モノより思い出」な商品になった。

本来楽曲は「聞いてこそ意味がある」という点からすれば、そういった割り切った考えの方が私は好きである。「初版限定プレス」とか、希少価値によるプレミア、という本来の音楽探求からすれば邪道な分野は衰退していくわけだから。

にもかかわらず、私はやっぱり素直になれない。

なんか割り切れない。気になっているっていうのはただひとつの点。音質だ。CDより劣るし、再生装置が基本モバイル目的だものな。

昔のレコード(アナログ)って、レコードって、買った時点で家にあるオーディオセットで聞いた音が全てでは決して無かった。それでもレコードは溜まっていく。やがて大人になり、オーディオ装置も少しづつ性能が高まっていく。昔は聞こえなかった音が聞こえてくる。好きなレコードほど聴き過ぎて擦り切れていく。あれなんか涙が出てきたぞ・・・

あ、やっぱだめだ、めんどくさいわ。レコード聴くのって。 ww

ただ、レコードも資産の一つだった世代からすると、音楽も軽くなってしまった。レコードって昔は高価かったんだよ。沢山の音楽を良い音で聞けるのは一種ステータスだったわけだ。それが誰でも気軽に安価に楽しめるようになった、よかった良かった、と思ったら今度は造り手の方が「CD売れないの。困ったの」って事になったわけだ。何が良かったのか、悪かったのかしら。馬鹿みたいだよな。昔コダックっていう写真のフィルム会社があってだな。「デジタルにしたら便利じゃね?」って自ら魁となったデジタル写真によって潰れてしまったのだよ。皆が幸せになることと、発案者の利益は決して一致しない。特にデジタル化って危険な臭いがするよなぁ。案外発案側って最終的にだれも得してないんちゃうか?

ま、昔のアナログの音が「今はまだまだイマイチの味だけど、いつかもっと美味くなるかもしれないとっておきの料理のレシピ」だとすれば、ダウンロードデータは「とりあえず今の環境で飽きるまで何度も食えるコンビニ飯」と思えば良いんじゃまいかなと思う。

アダムスキーちゅう人

ちょっと前のネタで申し訳ないが、こういうのがあった。
【動画追加】UFO?隕石?サンタクロース?東京上空に謎の白い物体現れネット騒然
まぁこれは羽田空港への離着陸便(列なしてる方は夕方の着陸ラッシュ時だからだ)をUFOだと言っているだけでわりとつまらないのだけど、こう年を追うごとにUFOが不鮮明になっていくのが残念だ。鮮明にすればするほど、嘘臭くなてしまうからしかたないwwwのかもしらんが、こんだけカメラやビデオやソフトが発達しているのにこの体たらくは何だってんだ。もっと頑張れ。それにひきかえアダムスキーさんたらすごかった。あれほど馬鹿っぽい素敵な爺いはいない。こんなUFOの形を当時考えて作っちゃったんだからな。改めて見ると手作り感満載やん。頭の上の輪っかは何?取手?どう見ても電灯にしか見えんのだが、それは私に能力が無いからだと思う。

なんせこれやでこれ

なんせこの人、職業からしてすごい。

騎兵隊を3年ほどやって辞めた後公園管理人を10年、その後は製粉工場での作業員やら宗教団体教祖やら小説家(全然売れなかった)を経て喫茶店の給仕手伝いをしている際なんとUFOと遭遇。売れなかった小説を元に体験談として焼き直し、コンタクティーの元祖となる。

すげぇwww。こういうのをコンタクティーって言うのか、知らなかったよ。宗教団体教祖てのも禁酒法時代の当時、宗教の儀式なら飲酒を認められていたため、酒飲みたかったからだそうだ。その団体名は「ロイヤル・オーダー・オブ・チベット」だそうだ。なんでも8歳の頃チベットに単身乗り込んでダライ・ラマに説法を受けたということになっているらしい。なんだそれすげぇしwww。でも当時チベットは鎖国中なんで多分嘘な。なんつーか超いい加減な親父だわ~きっと今なら高田純次みたいな感じだろか。

かなり久々なトホホ(死語)

ここんとこマウスの調子が悪い。いや、悪かった。時々いっくらドラッグしても動かない。このマウスは先日ワイヤレスがいきなし壊れた時しょうがないので急遽買い求めたもので、正直たいして吟味してない。とわいえ、一応ブルーレーザーとかでちょっとはまともな値段がしたやつであり、決してジャンク品では無い。ワイヤレスではないから電波の飛びがわるいわけでもないだろうし、もういい加減XPを使うの辞めなさいよと言われてる気がして(ごっつ気のせい)すごく嫌だったわけであり。

でとうとう今日、全くマウスカーソルが動かなくなってしまった。たくこの寒空にまたマウスを買いに出かけなくてはいかんのかと超ブルーになりつつ、いちおう

「マウスの動きが悪い時」

でググってみた。一番上に出てきたこのページ。いや別に本気であてにしてはいなかった。すっかり家電屋に行くきまんまんで、出掛けにちょっと見てみただけなんだが、こちらのページに掲載されている「症状」があまりにも似通っている。でその解決方法が

掃除。

これ?って…いやさすがにそれは無いだろう?とあっしもエアダスターでレーザー口を一吹きしたらよ、

治っただよ。掃除後のあまりの軽やかなカーソルの動きにちょと呆れたわ。
ヽ(´ー`)ノ ヽ(´ー`)ノ

orz あぁ、先にググっておいて良かった。マジで。

これまでレーザーマウスで掃除ってあんましやってなかったんだが、そうだったのか。掃除は大切だねwwwおそまつ

 

そういやいつの間にか大掃除の時期か。

世界文化遺産「和食」

めでたいのかなんなのかよくわからん。 一体どういった人がどういったお得感を得られるのだろうかってほうが興味深いな。

なんつーか、世界遺産もそうだけどこういうのっていつかネタが切れるだろう企画であって、あえて続けていけばあと100年もするとむしろ遺産で無いモノの方が珍しくなるに決まってる。そろそろ「え^?あんなのが??」って文化・世界遺産ももちらほら散見しだすわけでこうなると選考委員のに転がり込むであろう諸々の『お・も・て・な・しでじぇじぇじぇ』も増えていくばかりだろうから、みなさんのご子息の将来の職はぜひ「○○遺産選考委員」を目指すことをお勧めしたひ

 

ea4532bc

ルパン実写化て・・・その2

いやすまん、続報見ておしまい感満載で腰抜かしたのだが。

『原作と同じ設定でやったら実写化の意味がない。キャラクター設定から今風に見直していくつもり。現代社会に刀を持った侍のような格好の五エ門の姿はナンセンス』

ええっ?( TДT)??

もうイミフ。五右衛門がナンセンスってか既にルパン三世の存在自体がナンセンスなんだけどもそのあたりはどうお考えなのか。

大体が今風の五右衛門てのはどんなか。

ユニクロの軽くて肩のこらないダウンと、くすんだオレンジの暖かカーゴパンツでも履かせ、日本刀振り回す代わりに核爆○を積み込んだ宇宙船でも操るか。

……

アルマゲドンか。

なんかすげぇ事になりそうだ。でもさぁ。。『原作と違うアプローチで』やって受けるってなら、名作の名を借りずに端から新作でやればいいのに。ねぇ。