ぼーじょれ?

いつの間にかテレビ的には「ボジョレ・ヌーボー」ではなくて「ボジョレ・ヌーボー」になっている、以前は盛り上がったものの最近かなりどうでも良いワインの話なんだが、さっきテレビで「ボ―ジョレ風ー呂ー」なるもんにババアならぬ昭和のお嬢様方が出汁取っている映像が流れやがって本当に胸糞悪い。多分⇨こんな感じの類の催しだとは思うけど

飲めよぼけ

本来ボジョレって……いや、なんつーか、浸かってどうすんだよ。余程売れ残ってんのか、もうなにがなんだか。もっと安く売ればいのに。てか本来もっと安いもんだろう?まぁいいか。いろいろ事情があるっのだろうな。なんだかな。もういいやな確かに。さ~すが、ひのもとはうつくしいくにだよな、もういつ滅びてもOKだな。きっといつかバチが当たると思うよ。てか「ボージョレ」っつーボーの伸び具合聴くだけでなんかむかついてしょうがないんだが。

▲ワイン風呂の例。娘器量よしじゃがうわばみ娘ってか

カメラテスト

何年ぶりになるか。カメラを新調した。ので本当に久しぶりにカメラを手にぶらぶらした。別に新しい機種ってわけでは無いし、撮影レビューとかを書くつもりもない。てかもはや私は思考がすっかり昭和であることが判明した。

K5-2 TEST

▲リンク先にはフルサイズ、ノーレタッチで上げてます。JPEGで撮ったまんまである。かなりどーでもいい写真しか無いので暇な人以外はマジでほっといて欲しい。

しかしなんだなぁ、もう最近のカメラって凄すぎてしまって、わけわからんがもうどうでもいいんじゃね?ってレベルだな。なんつーか、

好感度アップ?手ぶれ防止とか?

これなんて夜、街路樹を手持ちで 135mm(35mm換算約200mm)、1/15秒で写したんだが、もう意味わからん。見た目暗くてぼんやりとしか見えてないんだわ。写してみたらこんなんが写ってたって話で。まあカラーバランスとめちゃくちゃだが(なんかなつかしい赤外カラーで写したみたいだな。暗い世界ってのはどう写してもこうなるんかな)。

もう何だったんだろうか増感とか。絞り優先シャッター優先で止まっている俺の頭の中。絞りシャッター共に優先っ!!とかwwwwもうさ、随分前から在るらしいけど知らなんだよ。感度が可変出来るんだからそりゃ可能だわな。そればかりでなくレンズの収差補正だのラティチュードまで操作出来る(まぁそら出来るわな、デジタル機器なんだし。後でフォトショでやれることなら先にカメラでもやれるよな)となると、頭ん中春。

私が昭和に覚えたこのような技術は一体なんなのよ。何だったのよ。高感度デジカメやら手ぶれ補正どころかさ、フォトショやオートフォーカスすら無かったっちゃすけどっしょもねーし。

 

たださ、今後こんなカメラで安いメモリに大量に残した映像を
フォトショとか使ってさらに絵作りしたりし
写真家はこれから一体何を写したことにすればいいのかねぇ。

人生にとって余計なもの

いよいよ XP のサポートが切れると言うので、来春の消費税アップ前らへんには PC の特需があるんだろうなぁと思うが、それにしても XP 時代 は長かった。自分は 2002 年の春辺りから使い始めてるはずだから最早 11 年。公私共々お世話になりました。

思えば “窓 95” が出てからこっち約18年、随分と生活が変わったな。それにしても “95” って名前は、今思うに、なまら酷い。なにしろ名前だけで「俺が30歳の時出た OS」ってのが直ぐに計算でけてしまうのね。これが “Windows 93” らへんだったら微妙に計算しずらいからスルーできたのに残念だ。てか、そうなんだ、私の人生の中で、既に中年に差し掛かってから “窓 95” は現れたのであった。そして、それ以前と以後では本当に毎日の生活、仕事のしようがガラッと変わってしまった。

いやPC以前のマックこそ世の中を変えたんだという人もいるけど、私はそうは思えない。マックはそれを使う人の生活を豊かに楽しく変えてしまうけど、世の中の仕組みを(良い方向にも悪い方向にも)変えたのは窓の方だと思う。 コンピュータという大きな括りを使えないと困ることは多くなったし、エクセルくらい使えないと困る場が増えたがそれ以外の人にとってマックのあの価格と機能はやはり余計なものでしかない。

iPhone もやはり生活を変えた。

iPhone を手にするまでの私は「あれ?そう言えば最近携帯電話見てないな」と思ったら、越谷警察署(埼玉県)から「遺失物として届いているから取りに来てね」って電話が来て初めて携帯をどっかに置き忘れたことに気づくような人間だった。なんで越谷くんだりまで交通費かけて行かにゃならんのだ?と帰りに餃子の大将でやけ食いをしたのはいい思い出だ。それほど携帯電話が嫌いな俺がだ、今や iPhone を忘れたらいそいそと取りに帰るようになったのだから大したものだ。

でも仕事まで変えたか?と言われるとそこまでとはとても思えない。むしろ仕事中に弄ってしまってかえって仕事に支障が出ている。

携帯電話という大きな括りは今や無くては困る人の方が大多数だが、別に iPhone 使わなくても飯が食えないってもんでは無い。てか自分が iPhone を忘れたらいそいそと取りに帰るその最大の理由は「暇つぶしの為のゲームや音楽を聴く機能やカメラを今日1日失いたく無い」ってだけの話であって、仕事とはまるで関係ない。付加価値!と言えばかっこいいけど、いわば「余計なもの」だ。

さて、次はどうしようか。やっぱ “7” なのかな。8も軽くて良いらしいけど、どうしてあそこまで「余計な」インターフェィスにしてしまったのだろうか。もうちょっと”窓”の培ってきた歴史というものに自信を持って欲しかった。”窓”もなんとなく取り残されるのが怖かったんだろうか。いずれにせよ今後もそっちの方向へ行くなら行くで”窓”の歴史はこれで一区切り付いちゃったんだなという印象が強い。考えてみれば IT 革命と言われ大分世の中も変わったけど、そろそろ安定期なのか。そりゃそうか。そこまで革新的な進化が続くわけもないか。ようするに OS も付加価値で選ぶ時代になったっちゅうだけのことか。

とすれば、だ。困ったものだ。
過去の例を鑑みるに、
窓の提供する付加価値でお得な気分になった試しがないのだが。てかさ、付加価値の提供、に限ればアップルに勝てるはずがないんだよな。アップルはその「余計なもの」だけでここまで来たんだから完敗必須。

いっそマックにしちゃおうか。時代はやはりアップルか、むしろグーグルだろう。それとも今更ながらリナックスをメインにしちゃうか。そっか、リナックスってのもいいか。タダだしな。OSで稼ぐ時代は終えたのだ。窓を閉める夜が来た気がする。

むしろ窓社はXPのサポートを有償で良いから続けるべきだ。きっとあのわけわかんない “窓8” 売るより儲かると思う。

台風一過

昨日朝。ウィパー関東ど直撃の朝、傘持って家を出ようとしたら体ごと持ってかれそうになる風で「とてもじゃないが傘瞬殺」と思い、嫁の雨合羽を借りて家を出たのだ。色は黄色。裾とかが黄色。ぶっちゃけピカチュウ。まぁ背に腹は替えられん。とてもじゃないが傘じゃびしょ濡れだろうし。

ところがだ、家を出て数百メートル進んだらいきなり風が止んだ。いや、止んだわけじゃないが割りとどうでもいいレベルにまで収まった。

??

廻りの人は普通に傘さして歩いておる。うちの廻りだけ極端に風が強いらしい?

、ま、いいや。カッパを着ている人も多いしな。で、地下鉄に乗ったらだな、最寄りの駅から”ざいご”方向が強風のため止まっていたおかげでガラ空き

ピカチュウのまま地下鉄に乗り込んだ。モノレールも普通に動いているんでそのまま勤め先に着いた。なんてこたぁ無かった。そして、駅舎を出てみればすっかり雨上がり。振り向けば

IMG_1891

晴れてんじゃねーし。

俺はといえば虹から舞い降りてきたピカチュー(48)だよ。浮いてたわー。10年に一度ってよく考えてみりゃこのくらいか。これが100年に一度レベルだと伊勢湾とかキティーとか室戸台風とかが入ってくるんだろうし、1000年に一度とかだときっと想像ができないくらいすごいんだろう。なにがどうすごいのか全く想像がつかないが、きっとこないだの地震みたいなんだろうな。なんだか馬鹿っぽい文章だな。

タイフーン『ウィパー』

またもやデカイのが来るらしい。洒落にならんらしい。マヂ無理。
なんでも、

2002年の21号以来の規模

なんだそうだな。うむ、そうか。あーヽ(´ー`)ノ あれな。あれか。ってかなんだっけ。さっぱり覚えてね~し。

2002年10月1日に上陸したらしい。11年前のその日、は何を書いていたのかなと思って検索してみたら、こんなんだった。▼

あー、これか。一所懸命作ったんだこれ。暇か!

覚えてないが多分文字通り暇だったんだろう。あぁ!。多分台風が来てたからだ。

そういえば XP もようやく来春サポートが切れるらしいですな。永らくお世話になりました。