Posts Tagged ‘えんがちょ’

うさぎ

子供に「何故うさぎは一羽二羽と数えるのか?」と聞かれたので、
昔日本人は四足の獣を食うことがタブーらったすけな、
「ありゃ獣じゃねーてば、鳥らがね!」と。
鳥だから食ってよい。よし食おう!こりゃやっぱ うめーうめー。
あ、そうだ、 鳥だから一匹でなくて一羽だって数えなきゃ、まじーじゃん。
で、一羽二羽と数えるようになったんらこてやれ。やれやれ。
というような類の話を掻い摘んでしてやったんだが、ふと思った。

なんでタブーだったんだ?
いろいろ見てみると一番多いのが
「仏教の影響」
・・・

じゃなんで「鳥」はいいんだよ! 本当に仏教なんだろうか?
それはそれとして、日本人というのはタブーがあってもそれを回避できる
「えんがちょのカギ」みたいのを考えるのが案外好きかも。
いのししは、「山鯨」っていうてたそうで、そうか、ありゃ鯨か(笑)
確かに色合いや歯ごたえは似ているね。

たぬきやきつねも人を化かすから食っちまえってか?
食いたいから人を化かすなんて考えたのか、
それとも食ったらバチがあたるかも という罪悪感からか。
馬を「桜」というのは切った時空気に触れると「桜色」になるんだと。
だからさくら刺し、とかさくら寿司と言う。と、どこ行っても書いてある。
ほんと、規格されたみたいに口をそろえてみなさんおっしゃる。

でもなー、結構昔から食べてるんだよね。馬は良かったのかい!
やっぱ「お馬さんの肉」とは言いにくかったんだとは思うんだけどね。
で、桜たぁ風雅な物言いではないでせうか。