Posts Tagged ‘ラジオ’

なつかしついでに

昔乗っていたチャリンコの写真を探していたら、懐かし恥ずかしい写真を見つけた。そう、中学生のころのマイデスクだ。まずは中一の時。

あ^あ^あ頭悪そげ!
しっかし、きったね~な~。そうか俺ってカメラ毎日派だったんだ。忘れてたよ。机の上のレンズはキャノンFL100-200mm f5.6。

机の上、ラジオとラジカセが並んでますが、そうです、このちらっと見えてる左のが、まだ音が鳴っていた頃の(藁)
東芝クーガー2200だ!アンテナ線がぞんざいに壁に伸びてますね。そんなもん無くても平壌放送はBSNよりクッキリハッキリ聞こえましたが。

ベリカードとかって、一体なんだったんだろうか。

こんなカットもあった。

ヒドイもんだ。それにしても汚い写真だな。「ピラミッドのひみつ」と「トイレット博士」が同居。これが「ピラミッド博士」と「トイレットの秘密」だったらちょっとはアカデミックなのに。引き出しにちゃんと「baka」って書いてある。「キャプテン」がありやがる。懐かしいなぁ。「テスト」の張り紙は一体誰に向けて何を激していたのだろうか。テスト前だってのにこんな汚い写真を写していたわけか。机の奥の「的」は一体……もうね、こんなの俺の机じゃないよ。全然記憶にないし。多分誰かんちの机だよと本気で思いたい。机の上にあるカメラはオリンパスペンFTあたりだな。

笑えるのが、サッカースパイクの右横、Zライトの支柱の影になっているがそこにある本はもしかしたら「武者小路実篤」の詩集だ。
もう嫌だよ、こんな中学生。

そして、中三の時の机、天井を見上げるとさらにどびっくりだ。

うひょー天井にC-3PO!YMOに伊藤蘭にえーと、その横は……誰ですかあなた?。
しかも、ペナント乙! 鬼押出しかぁ!。
こうね、ペナントってね、上手く並べて貼るのが難しいんだよ。だから何だってんだ

ペナントって一体なんだただろうか。

 «まだ、売ってるんだが……

らじこ

コンピータでラジオ放送が聞けるソフト(?)
http://radiko.jp/
というのがおととい公開されたんだが、これ案外ステキ。

ラジオを聴かなくなって久しくて、気づけば家にラジオが無い。昔は短波放送も聞けたラジオ(クーガーRF-2200ってやつだぁ)があるにはあるが、電源入れてもガリしか聞こえない。だから音系はMP3を流しながらという形が多かったんだけど、手持ちの音源には限りがあるし、ダウンロードして購入ってのもなんとなく馴染めなくて最近はもっぱらyoutubeばかり利用。

でもyoutubeって仕事しながら見てる(正確には聞いてるだけなんだが)と、うっかりブラウザの切り替えでタブを閉じちゃったり、ついつい見ちゃったり(やっぱ見てんだよw)で、効率は悪いわな。

でこのラジコは非常におもろいわな、と思ったんだが。ものすごく残念なことに利用できるのはまだ一部地域だけだ。新潟では使えないようだ。

もっと残念なのは東京でも大阪の放送は聴くことが出来ないと・・・。へ?もう、なにそれ。ネットの利便性半減。やはり取り払わなくてはいけないメディアの壁は高い。

でもラジオってのも久々に聞くと面白いもんだ。こないだラーメン屋で流れていたラジオで、
「ではゲストのさかな君の登場です」パフパフ♪(古)みたいな紹介の後に「ど~も~」って確かにさかな君が現れたようなんだが、こう、なんつーのかな、見てないと信じられないっていうか(笑)
「本物か?こいつ」と思ってしまった自分が居た。テレビ世代って怖い。実際声真似のそっくりさんでも勤まりそうだもの。や、別に偽者だからってどぉってことがないのがラジオとも言える。

BCL だっけか・・・

先日本の整理をしてたら、マンギョンデ激しく怪しい本を発掘した。
古い人(?)は知っていると思うが、”短波放送”を聞いて、受信報告を送ると”ベリカード”というものが放送局から送られてくる。

知らない人はきっと知らないだろうし、どうでもいいっちゃいいんだが、海外のたいていの短波放送局では日本語放送をしているのです。で、本来はまぁ「地球の裏側からのか細い電波」を苦労して受信し、放送内容を記録して報告するわけですね。するってぇと放送局から絵葉書に毛が生えたようなカードが送られてきます。聞いてくれてありがとうって記念みたいなもんです。それを集めるのが流行ったのだよ。昔な。当時はインターネット無かったからな。(それどころかビデオもファックスも無かったけど)

ところが、うちはラジオの性能はまぁそれなりだったんだけども、立地条件が悪くてまず地球の裏側の電波なんて入って来ない(笑)アンテナ立てたって雪の重みで折れるしよ。そんな悪条件ではありながら、BSN(新潟放送)より強力に素晴らしい音質で聞こえる放送が2つあった。新潟市民ならすぐわかると思うが、それは旧モスクワ放送と、そう。ピョンヤンからくる電波であった。

考えてみりゃ近所なわけで、そんな電波聞こえて当たり前なんだけど(確か中波も聞こえたもんな。)、他が聞こえないもんだからモスクワとピョンヤンに受信報告を送ってみたのだ。モスクワからは単にベリカードが届いただけだったが、ピョンヤンからは何故かこの小冊子が送られてきたってわけ。

内容は・・・もちろん反日宣伝誌である。時期的には拉致事件が多発していた頃だったりする。その後もモスクワには何度か受信報告送りましたが、こちらはご遠慮させて頂きました。

ちなみに、オーストラリア放送も良く聞こえました。カードの絵柄はやはり”オペラハウス”と”コアラ”だった。その後これらのカードはどこいったかな?考えてみりゃ、なんか変な趣味だな。冬場やることなかったんだよなぁ