Posts Tagged ‘家族’

子供がインフルエンザに

 あー、ようやくかかりましたな。よって、家族としても外出自粛体制をとったため、新潟写真館コンテンツの整理がはかどって助かったわいね。写真館のページは結局WPのプラグインやギャラリー機能を使うのはやめました。なんだかかえって面倒だ、ということが判明したので。ページ機能の方を使わせていただいた。

 永らく消えていたコンテンツもせっかくだから復帰させました。(沼垂慕情蒲原祭り2000レポート)2000年の蒲原祭りのレポートを新潟のプロカメラマンさんがレポートしてくれたものです。頂いておいて永らくほったら~にしててすいません。DAIさんお元気?

 沼垂慕情の方も2001年の蒲原祭りの頃の写真なんだけど、旧沼垂駅のあたりの風景画今と全く変ってしまってる。だだっぴろい空き地だった所に万代高校が出現したせいなんだけどね。モノクロのせいかすごく古く感じますが、案外最近のものです。

 他、写真館の写真はちょっといままでサイズが小さかったので大きくしようか、と思う。で、ついでに今まで載せてなかったのも載せようかと思ってます。

ああ東京タワー

 盆休みを利用して東京タワーへ行ったわけなんだが、こんな混んでいる東京タワーは生まれて始めて見た。なんだよ、いまだに人気だったのか。しかも値段を見てびっくり。こんげに値段高かったっけ?家族5人で一番上まで行ったら5千円くらいかかるじゃないか。大展望台たって「たかだか地上150mで820円」なんだ。ちなみに朱鷺メッセなら無料で140mだ。なんだい東京タワー。たいしたことないな。

 特別展望台が250mで1,420円だ。

 後で調べたんだが、東京都庁が202mで無料。横浜ランドマークの展望室が273m(1,000円)。サンシャイン60(池袋)だと226.3mで640円だ(海抜だとサンシャイン60は東京タワーの特別展望台とタメを張れるのだ)

 東京タワーボリ杉なのでわないか?。もうすぐ新タワーも出来るというのに、身の程をわきまえてほしい。まぁ稼げるのもあと少しだから躍起になるのも分かるが、蝋人形館くらいセットで無料にして欲しいっぞ。蝋人形、どうすんだろうかね。

 これがめっちゃ空いていたらなんとなくノリで上がっちゃったんだろうが、くそ暑い中行列してまでチケットを買う気が萎えた。したがって4Fの(タワーの土台の)屋上まで上り、そこから景色を眺めるだけで帰ることにした(笑)。

 4Fの屋上から「ほら、遠くが見えてよかったね、さぁ、帰ろうか」と言ったが、実は楽しみにしていた(らしい)末っ子は「もっと上に行きたい」とわめき散らす。

 流石にここがタワーの真髄ではないこと位は5歳児でも分かったようだ。ちっ。

「今日は混んでいて子供は昇ってはいけないんだ」と大嘘をこき、暴れる息子を取り押さえ、ハーゲンダッツのアイスを食わせて黙らせる。つくづくひどい一家だ。

 その後も「今度はいつ来るのか」とうるさい息子。正直もう行きたくない。東京にタワーがあるなんてことは早く忘れて欲しい。タワーについてはなるべく話題に出さぬよう気を付けたいと思う。


うちの子にとって東京タワーはどんな思い出となるのだろう……

題名が思いつかん

 遅く帰った日、家族は寝静まっているのだけれど、戯れで嫁にチュウをすると必ず嫁は必ずうれしそうに「ふーん」と言う。
多分嫁は覚えてはいない。起きている様子も無い。
 イントネーション的に「おかえり」でもなく、「あらぁ」でも無い。「ふぁーい」みたいな感じに近い。呼びかけられたから返事したまで、といった感じだ。
 嫁と付き合い始めて暫く私は嫁の家に寝泊りする貧乏カメラマンという、まぁ分かりやすく言えば「rope」?(ヒモとはっきり言え!俺)みたいな体たらくな日々を送っていたのだが、当時から熟睡していると信じてちょっかい出すと必ず「ふーん」と返事をした。なんだろうか、この無防備さは。良く分からないが若い私はこれを「育ちの良さ」と感じてしまったのだ。(もしかしたら間違っていたのかもしれない)
 もし、これがこの「ふーん」でなくて、「あ、お帰り」とガバッと起きてこられたり、逆にチュウした途端バシッとうざったげに寝返りを打たれたりしたら(多分俺はそうする)、この女とは結婚しなかったのではないか?と、最近頓に思うようになった。
 半分無意識の状況でこういう受け答えが出来るという事に、なにか決定的に自分に欠けたものを感じたのかもしれない。いや、そんげ偉そうなことではないな。単にくそくたびれて帰ってきたとき、負担をかけた気にもさせず、邪険にもされず、無条件で「ふーん」と言ってくれる人がいると良いな、と。ただそれだけだったのかもしれない。
 最終的に結婚するというところに行き着く要因というのはこの通り、案外下らない小さげな事だったりする。でもそういうのって、一緒に暮らさないとわからんのだなぁ。
 なんでこんげ似合わないことを書いているかと言うとだな。娘に彼氏が出来たようだ。ついこないだまでお漏らしして泣いていたようなのがこれだもの。中学生ともなれば色恋の一つや二つ……人のこたぁ言えないのでしょうがねーのだが、せいぜい修行してもらいたいもんだ。てか娘の挙動不審が案外面白半分腹立たしい今日この頃。
 男ってのは女と違って言葉に対して耐性が低くて非常に傷つきやすい生き物だから、そのあたりをうまく扱って欲しいですな。女って小さい頃からすごい口の悪い喧嘩に慣れているでしょう?でも男の場合、口で罵り合いったり・いくら「話せば分かる」ったって・いくら奇麗事並べたって、最終的には力勝負がどこかに影響を落す中で決着を付けて行かざるを得ない生き物なんだ、という点、な。そこは分かってほしいな。これはな、国家間とて同じだから。力の行使云々は別として。

左利きの話続き

先日電話を持つ手に絡めて、私が部分的に左利きだという事を書いたが、他にも色々と左利きのところがあって、その話を今日嫁と飯を食いながらしていたら、娘が
「あ、それって私もあるある」
と割り込んできた。

親子だもの、そういうこともあるだろう。とちょっとばかし血の繋がりを感じて嬉しい俺。
「例えばどんな時左利きかも、って思う?」と聞いた。すると娘はこう言った。

「うーんとねー、毛抜きで右手の無駄毛を抜く時」

そうかぁー、うーん。なるほどー。て、
こん馬鹿ちんが!

【2007 New item!】【送料無料】シマノ 07 New メタニウム MG7(ハイスピード・左巻き)

ガスコンロ選び

「ガスコンロがもう寿命だ」とガスの検針のおっさんは言った。「そろそろ新しいのに買い換えたほうが良い」と。
それからかれこれ数ヶ月嫁は新しいガスコンロを何にするか悩んでいた。

「ボタンで点火するタイプと回して点火するのとどっちが良いか」
「魚焼き器の空気穴が二つのがステープルの真ん中にあるのと後ろにあるのとどっちが良いのか」
リンナイが人気があるらしいがパロマとどう違うのか

……知らんがな、そんなの。

「キャノンが人気あるようだが、ペンタックスとどう違うのか」みたいなものか?

「蛇の目とブラザーの違い」のようなものだろうか。それとも

「ジョージアとダイドードリンコの違い」のようなもんか?。わからん。

ガスコンロはガスで火が付けば良いんじゃねーか?と。すると「魚を焼く時水を入れる必要が無く、両面が焼けるのもあるのだ」と言う。
それは便利だ、それいいんじゃねーの?とプチ興味を示したら、
「ほら食いついた。でもそのタイプは値段が張るので眼中に無いから」

orz……はぁ。そうですか。もう好きにして。

で、昨日ネットで買おうと思ったら、GWで配達が遅くなるらしい。それでもいいんだろう、と思ったら、そんげじゃったら今日自分で買いに行くと言った。そんなに早く欲しかったのか。知らなかったよ。

でもって、今日。会社にメールが来た。

「今店にいるけど重くて持って帰れないからやっぱネットで買ってくれ」と。

嫁は最近いい具合に「あたしンち」の母さん化が進んでいるように感じる。