Posts Tagged ‘家族’

れぁ~ん?

また娘の英語ネタ。

ドリルの問題で、ってか問題はこの際もう、何でもいいや。
“Learn” という単語あるじゃんよ。「習う」という意味の。
これ、「れぁ~ん?」とは、読まないよねぇ。いや、ぜって読まないよ娘よ。つかお前何年生だよ。
ただこれ、「らーん」て発音しても分かってもらえないんだよね本当は。どっちかつーと「おわーん」て感じ?…といったようななレベルの話をしているのでわない。

まぁ高校のときクラスで「ジョージ」を「げおろじ」と読んだ奴がいるにはいた。せめて「げおるぐ」だったら「親がドイツ人なもので」とか誤魔化しが効くが、ゲオロじゃぁアウトだよな。こういうのって「ローマ字」教育の弊害とも言える。しかしながらおかげで綴りはすぐに思い浮かんで助かったりした自分がいたのも事実だ(笑)ったりもするのだが。

アメリカさんのお子様は「フォニックス」という表記と発音の規則を子供の頃に習うのだそうな。なんで日本ではやらないのだろうか。

この、ばかちんが!

娘の英語のドリルを見た時の話さ。

Q;次の形容詞・副詞の比較級・最上級を書きなさい
good _________ __________

というようなやつ。
そして、娘のアンサーはこうだ。

good  gooder  bettist

なんだそれ。こうして打ち込んでいても下部にスペルチェックの赤線が入ってしまう。愚か。

娘「まだ習ってないもん」
父「嘘付け中三にもなって習わないわけ無い」
タコ娘「ゆとりってやつ?」
父「……(本当か?ゆとりはここまで逝ったのか??)こんなもん習う習わないというより常識だ!タコ!」
あくる日。娘の部活の友達皆に嫁が聞いて回ったのだ。
嫁「good の最上級は何?」
友達1「うーん?あー、best?」
友達2「best」
友達3「best(に決まってんじゃね)」
タコ娘「えーなんで分かるの?」

たりめーじゃボケ!。勉強しろ勉強!

久々

ちょいと仕事が忙しく、すっかりご無沙汰でした。
一応宣伝しておこう。
中国語の日中学院
こちらを作っていました。中国語を習いたい方はぜひ。かなりの大御所です。

ようやく暇になったので、久々に部屋の掃除やらをばをする。
すると嫁が刺激されて掃除を始める。
長女のベットを引っぺがして恐怖する。
何時の食べ物だそれは。
なんか痒い。
咳き込む。

長女は花の中三だ。(プッ)

風呂場で小5の次女が上履きを洗っているが、
そう言えば、長女が上履きを洗っている姿を見たことが無い。

何時だ、何時洗ったのか。
そういえば中学入学以来上履きを新調した覚えが無い。物持ちが良いのは良いことだが、一体どういう状態のものを履いているのか。二年間洗いもせずに同じ上履き。それははたして『上』履きと呼べる代物なのだろうか。便所のスリッパの方がまだ相応しいのではないだろうか。

なんまら(ごっつ)久々に髪の毛を切った

 切った。半年振りくらいに。なんでそんげに切らなかったのか。話せば長くなるのだ。

 昨年の晩夏、転職をした。それは何度か書いているから省くが。
 新しい職場に「Mさん」というナイスガイが居る。
 Mさんは昔いわゆる「ビジュアル系バンド」のドラマーだった方で、バンド名を聞けば「えーー、嘘、マジ?」と言われるような当時はメジャーなバンドのドラムをやっておられた。ウィキとかようつべでサーチしても出てくる。昨年夭折された女性シンガーのネームの元となったバンドである。(ここまで書けば知る人は分かるだろうからもう書かない)

 そんなビジュアル系なMさんと職場が一緒なのである。営業に行くとき電車に乗るだろう? すると、どうだ。周りの婦女子の視線は私の隣の彼に釘付けだ。私は「空気」か「付き人」どころか「そのへんに落ちている空き缶」以下である。全ての視線がスルー。未だかつて無い感覚。そんなMさんはもう「生まれた星が違う」感じ。男の私が見ても「あら、可愛い」と迂闊にも思ってしまうのだ。だって「尻」からして小さすぎだ。(私は尻が小さいのが案外自慢だったのに。もう二度と人前ではいえない) こんな不可思議な生き物が身近に居るってだけで奇跡なのに、Mさんは双子である。え!?こんげのがもう一人いるんかぃ!(もう一人のMさんは元ギタリストである)もう嫌になるし。(うちの嫁やら娘は一度連れて来て見せろとうるさい)

 しかも、Mさんは私より年上なのだ。ここがポイントだ。(笑) 年上ってなんだそりゃ。どう見ても5つは俺の方が老けて見える。(すみません、嘘つきです私。10は老けて見えます)

 自分は案外若作りと思っていたのだが、まるきしかなわない。なにしろクライアントに大学があるのだが、その大学に行くのに「通学バス」があると思いねぇ。それが「職員用」と「学生用」に分かれているんだけれどもさ、Mさんが仕事だから「職員用」に乗ろうとしたら、運転手に
「学生さん?これは職員用なんだから学生は乗ったら駄目だよ!」
と怒られたんだそうだ。そん時Mさんは「すみません、仕事なんですけど」と言って、なんとか乗してもらったそうである。くっ……可愛いじゃねーか、くそう。(あ、すいません先輩に向かって)

 重ねて言うが、Mさんは私より年上だ。ちなみに私は今年44歳だよ畜生め。学生だったのは四半世紀前の話だよ。携帯電話もエンターネットってがんも無かった時代なんだぞ。文句言った運転手にMさんは黙って免許証を見せてあげれば良かったのだと思う。もしかしたらバスの運転手の方が若いんじゃないか?。

 その話を聞いて、私も「何か言われるかな?」とわくわくして(すな!)そのバスに乗り込んだんだが、ふつーに営業笑顔で
「お疲れさまでーす」

といわれた。

 当たり前か。当たり前だな。そらそうだな。くそ。

 閑話休題

 そんなMさんは「ロンゲ」である。いつもサラサラなんである。しかも、

「あ、これ?ヅラですから~」

などと言う。皆和やかに笑う。ふふふ。フ~……。もし同じこと私が言ったら職場が凍りつくに違いない。

 で、私もなんというか、死ぬ前に最後にもう一度「ロンゲ」になるまで伸ばしてみようか、と思ったのだ。去年の夏にな。それから切らないでいたのだ。

 そう、私だってロンゲだった過去もあるんだ。そんときのあだ名が「ドリアン助川」だった過去などすっかり忘れていたかった。

 そして半年が経った。

 だめなのだ。どうしても前髪が眉毛にかかるまで伸びないのである。「フワサッ」と「前髪を手ぐしでかきあげる所作がアウフヘーベン」っちゅうより「むしろ封印」。もう少し我慢、もう少しだけ我慢と思ってきたのだが、ついにあきらめの時がやってきたようだ。もうロンゲにはなれないのだ。あぁ。で、なんちゅうか衝動的に刈りまくったんだ。どちくしょーーー

 し、か、も。先月毛染めしたから坊主刈りにしたら「さぞ霜降り頭」になるかいな、そしたらまた染め直さなきゃ!と思っていた懸念(ちゅうよりもほのかな期待)をものの見事に吹き飛ばす「真っ黒なお毛毛」。

ちぃ~~~とも伸びとりゃせんがな!こ、このっ、なんて不甲斐ない前髪!!。

 切った後会社に行ったらデザイナーのUさんに「なんか若返りましたね!」と言われて微妙に喜んだ俺。そうか。切った方が若く見えるか。でも続けてUさんは
「横から見ると」 と言った。 ……前からじゃだめなんだ。そうか。もういつも横向いて歩こうと思う。

 もう、毛に夢を託すのは終わりにしよう。一つの青春が終わったと思った2009年の春。きっと忘れないぜ。

♪ビジュアル系 メイク/リップフェイスカラー 本格プロ舞台向け ブラック

歌謡祭と紅白

FNS歌謡祭とやらを見ていた。
スピードやらあむろなみえ(変換されないのでこのままいく)を口ずさんでいた娘がどういうわけか TRF が出てきたら

「何??トーフ?」

と言った。TRF を「トーフ」と発音出来る英語力の問題点はとりあえずスルーしてやるとして、だ。
うーん。歌謡曲と言うのはやはり踊り・ビジュアルインパクトがメインで売っていてははこうなってしまうのだろうか。
エグザイルはこのあたりを克服しないといけないな、と人事ながら思う。(すまん。本当にどうでもいいな、人事ならではの俺的思いって)
“どうでもいい俺的思い”ついでに今年の紅白の出場者についての「俺の思いはことのほか複雑」だ。
はっきり言って紅白なんて見ない俺。ここ何年も見ていない。今年もどうせダウンタウンか格闘技を見る羽目になる。(で年明けを待てず酔って寝るのだろう)
でも、この時期発表される紅白のメンバーはなんか気になる。なんでだろう?
紅白ってもう放送する必要ないのじゃないだろうか?

『メンバー発表をもって放送とする』

みたいな。懸賞みたく。
・・・
で、どうして東方神起なのか(大人の事情乙なんだと思う)とか、
なぜ今ミスチルなのか(まぁメジャー(アニメ)とかオリンピックとかあるんだろう)とか、
どうしてねずみ先輩が居ないのか?(そらしかたないべな)とか・・・・
突っ込み所は山ほどあるのだが、私が言いたいのは「水谷豊」だ  よね? え?違うか?。
どうしちゃったんだろう、豊。NHKは一体オレのゆたかをどうしようと言うのか?や別にオレのじゃないけども。

 

あー、年末だねぇ。また山下達郎の「クリスマスイブ」が巷に流れてるね。良い曲だと思うけど、他に無いんかい!と毎年俺は思う。

 

わたしゃユニコーンの「雪が降る街」を聞きながら年を越したいよ。どっかCMで使ってよ。

【CD】ユニコーン / ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン <1993/11/26>