Posts Tagged ‘政策’

ミスターサマータイム

ここんとこサマータイム制導入とかデノミとか聞かなくなりました。ま、二千円札みたいなもんで「無駄な余力」が無い時には議論にも上がらないんだろうけど。

個人的にはサマータイムとか季節によって時間を替えるってのは結構好きです。東新中学の一年生の時だけ「夏時間」と「冬時間」があった。なつかすい。夏、登校時間が早くなる時は辛いけど、冬時間に切り替わるときが至福だったな。学校なんかはその方が放課後の時間を有効に使えて良いとは思うが、弁当作るおっかさんから猛反発が出そうだ。お父つぁんにしても、朝早いだけで結局明るいうち帰るのがはばかれるから就業時間が増える(けどロハだろう)だけだし、そりゃ無理だわな。

実はずっと思ってるんだが、日本はむしろ
逆サマータイム制
にした方が良いんじゃないか?

夏場の時計を一時間遅らせるのだ。会社ってのはどうせ暗くならなきゃ帰りにくいんだから、朝のんびりしたほうがいいに決まってる。

冬場なら5時にはもう真っ暗だから今日は早めに定時で上がるってのにあまり引け目は感じ無いけど、夏場の5時はまだギンギラギンの太陽が照っててとっても帰りにくいんだよ。これに正規のサマータイム制を導入したらもおうね、何真昼間に帰ってんだおま!ってなるでしょう?だって今のPM5時がPM4時の太陽の高さになるんだよ。そりゃ帰れねーよ、たりめーだよ馬鹿(笑)かえってエアコンの消費量は増えるに決まってる。ちっともエコじゃない。

しかも東京や新潟といった大都市ならともかく、関西や九州の方に行くとさらに日は遅い方にズレるんだ。こんなんで正規のサマータイムにしたら、博多の一体子供は何時寝ればいいんだ?って話になっちゃうでしょう?(ならねーよ)。

因みに博多で夏至の頃の日没はPM7時半過ぎ。東京はだいたいPM7時。新潟はどういうわけかPM7時10分くらいまで沈まない。きっと佐渡島の磁場の影響だ(嘘)。

そこで、逆サマータイム。夏のPM5時は今のPM6時の太陽の高さになる。多少は無理なく帰りやすいってもんだ。なんで政府はこういうこと考えないんだろうか。いや、いっそ江戸期のように「日の出から日没までを適当に、いやフレキシブルに12等分」してもらってもいいんだけどね。

全然関係ないけど昔仕事で博多に行ったとき、12月だったんだけど、朝7時半近くになっても太陽が昇ってないんでびっくりした。なんで真っ暗な時間に朝食食べてんの?俺……って感じで非常に身体に悪い気がしたもんです。
ほら、新潟って冬場は基本暗いけど、朝方の一瞬だけ「三国山脈と越後平野を埋め尽くす分厚い雲との隙間」を太陽が登っていくから案外明るいんだよな。