Posts Tagged ‘自転車’

質草のチャリで伊勢参り

小学校の高学年の頃、松阪から伊勢神宮まで親父と一緒にチャリンコで出かけた、という曖昧な記憶がある。

尻をずらしてつま先立ち、これでやっと足が着く自転車に乗って行った(逆にこの高さが案外漕ぐのに最適だったのか)。ただっ広い田んぼの中を伸びる埃っぽい道、時々出てくる「伊勢まで20km」という青い標識の数字が、走るにつれ少なくなるのが楽しかった事を覚えている。自転車は大きくて重かったが、一度走り出せばあとは漕がなくても惰性で進んでいく感じがして少しも疲れなかった。

その時乗ったのはいわゆる「実用車」というやつなんだが、なんで親父と私の乗ったのと二台も実用車があったのか(婆さんは自転車に乗らなかった)が不明。考えて見ればおかしな話で、もしかしたらこれはなんか夢でも見たのを現実だと勘違いしていたんではなかろうか、と最近は思い始めていた。そういうのって結構あるんで(笑)

松阪~伊勢間は片道25km位。小学生で足の着かない自転車で本当に行ったのだろうか結構怪しい。高学年と言ったって、6年生では無いことは間違いない(だったら絶対自分で写真を撮っている)。良くて5年生、もしかしたら4年生くらいの話だ。

で、今回松阪に行った際親父に聞いてみた。

親父もさすがに覚えていないだろう、と思ったら、あっさりはっきり覚えていた。確かに松阪から伊勢神宮まで行って、何するわけでもなくまた帰ってきたらしい。いわゆるポタリングというやつだ。時期は「春休み」だったそうだ。となると4-5年生の間の春休みなのだろうか。で、その時なんで自転車が二台もあったのか?と聞いたのは母親だった。私もそれを聞きたかったんだが、親父が言うには、あれは「質流れ品」だと。

そうでした。実は私の爺さん、会社退職後「質屋」をやってました。すっかり忘れていた。それもあるが、自転車を質草にする、という感覚を失って久しい。でも35年くらい前までは実用車といえば一家の大事な財産だったのだよな。

多分、伊勢参りが目的では無く、なんとなく行けるところまで行ってみようか?的なノリだったのだろうと思われる。出たのは昼過ぎだったはず。ところが走ってみたら▲ご覧の通り「高低差」が殆ど無い道のりであるし、埃っぽかった記憶からしてあまり風も強くなかったのだろう、引き返すタイミングを測りかねていたら神宮に着いちゃった、という感じだったのだろう。

松阪の家に戻ったのは日が暮れて間もない時間だったことを思い出した。

よくよく考えてみたら、新潟~東港くらいの距離感だ。中学の頃ちゃりであの辺まで釣りに行く奴いたな。

子供のちゃり

«子供のちゃりで、こんなのがある。
ブリジストン レベナ



▲この子が「なんかしら上から目線&勘違いプチセレブ感」満載で非常にむかつくんだが(笑)自転車そのものは素敵だ。もうちょっと大きな子用のサイズも出せば良いのに。

子供用のちゃりなんてのは前面に「仮面ライダー」のつらがくっついているようなのしか思い浮かばなかったが、時代は変ったのね。

▼本当にセレブな方にはこんなヤツらもあるぜよなのだ。

  

»よりセレブ感満載なガキいや、ご子息が満載のBMWキッズバイクカタログダウンロード(PDF)

確かにお高いけど、子どもはすぐでっかくなるからそんなに長いこと乗るものでもなかろう。大事に乗ってれば次世代へ継承する(分かりやすく言えばヤフオクで売りさばく)事も可能かもしれない。だったらブランド物の方が結果的には安くつくかも(保証なし)。後悔しても知らないけど。

しかし俺は子供(小学校低学年以下)の頃どんな自転車に乗っていたんだろうか……全く記憶に無いのだが。きっとわが子も忘れるんじゃなかろうか。だったらなんでも良いっちゃいいんだよな。結局は親の自己満足だべ。その自己満足が仕事への活力だ

自転車ナビ

これいいなぁ Sony U-35

自転車を買うと、次はサイクルコンピュータとか欲しいなと思っていたんだが、どうせならこっちの方がよさげ。でも自転車より高くつくな(笑)地図買え地図!ってところか。雨が降ったりしたらどうなんだろう?

自転車でスピードメーターってあまり必要性を感じ無いのだ。バイクでもいらないと思う、ってか一時期外していたこともある。タコのみね。多分良い子はやってはいけない。でもパソコンに繋いでいろんなデータが出るっちゅうと、ちょっと面白そうではある。きっとすぐ飽きると思われるんだが(笑)そこはそれ、ブログに書くとかすればネタとして使えるじゃないか。ほら、今日の私の消費カロリーは◯◯とか、サイクリング50kmとか、腕立て50回とか、ダンベルやらなんたら 10回x3setとか、今朝の抜け毛56本とかさ……そんげがん誰も知りたくないってのは分かっちゃいるんだけど、別に書いてもいいやん?。(多分大雑把なO型には向いてない作業かと思われますが)

こんなのとかね。ちとデザインが今一つだな。結構いろいろ出てるんさね

ワイヤー式なら結構安いんだね。こういうデジタル電飾ものに惹かれるあたりからして80年代初頭を引きずっているなと思う。

一方でアナログちっくなメータに妙に憧れたり、シンプルを極めたものが好きだったり、元はと言えば新しい自転車は「シンプル」な趣が気に入って購入したのに、ごちゃごちゃいろんなもん付けるなよ!と思う自分も、もう一方にはいる。

要は人格が破綻してきているのだな。

懐かしいブリジストンのチャリ

小学生の頃買ってもらった自転車の写真がどうしても見つからなかった。もう毎日のように乗っていたし、ここの写真館にある昔の写真はこいつに乗って撮りに行ったものばかりだというのに、MYチャリの写真を一切写した記憶がない。

実は、「興味の中心にあったもの」が微妙にズレていたのでこうなってしまった。小学生の頃はもう自転車が好きで好きでたまらなくて毎日のように何処かしらに出掛けていたのだが、やがて「単に出かけること」だけで満足できなくなって(まぁたいていはそうだ)中学生になってからというもの、自転車に乗るのは「写真を撮りに行くため」という、目的から手段に変わったわけだ。

結果、この自転車に乗ってあれほど写真を写したにもかかわらず、写っているのは「海」やら「飛行機」やら「たんぼ」やら「夕日」やらもろもろであって、この自転車は写されることが無かった。ストイックなまでに被写体に自分の日常が出てこない。なんだこれ。

これが高校生になってバイクに乗るようになると、嫌ってほどバイクの写真が出てくるんだけどね(笑)もうさ、風光明媚な土地に行っておきながら必ず手前に「愛車」が入り込んでいる。ピントは愛車であって風景ではない……。

それでも「もしかしたらワンカット位は気まぐれで写したカットは無いものだろうか」と必死こいてネガをひっくり返したら、

ありましたよ。ワンカットだけ(笑)。昭和55年(1980)3月撮影とある。

買ってもらったのが小6の時(77年春)だから、4年目を迎えた頃か。チェーンカバーが無いな(笑)。さすがに中学生にもなると、あのナウでヤングなカバーに一抹の恥ずかしさを感じたらしいな。でも何時外したんだろうか。

このリアサイドに付ける折りたたみのカゴって当時流行っていたんだよ。今は見かけませんね。バランス悪いもんね。

チャリだけトリミングするとこんなんだ。

クランクがなんか微妙に「楕円」ですが、これは歪んでいるのではなくて、デフォルトで「楕円クランク」だった。漕ぎ出しが楽だとか、そうおいう理由だったような気がする。あまり流行らなかったみたいだけど、未だにブリジストンのラインナップにはこういったクランクを採用したのあるんじゃなかったっけかな(違ってたらごめん)。ただね、しょっちゅうチェーンが外れたよ。

なんかこの写真見ると、三つ子の魂じゃないけど、40過ぎても似たようなスタイルにしてしまうのねッて感じでちょっと恥ずかしいね。

ただ、なんだろう、このちゃり、何年式なんだろうか??買ってもらったのは間違いなく小学校の6年(1977)の時のはずだ。6年の時の夏休みの宿題もこれに乗ってやったんだから間違いない(と、思う)。1976式とばかり思っていたんだかライトの形が1978年式っぽい。

たぶん、これだな、1977の少年ジャンプの宣伝だそうだから、この時のモデルだろう。それにしても志村けんが若いって以外はちょっと「どうなのよこれ?」って気がする宣伝だ。もうちょっとやりようは無かったのか。

巷の少年向けちゃりんこは派手派手路線を「暴走」をした挙句、後戻りできないまま「カマキリ」と呼ばれた「どシンプル軽快車(ママチャリの元祖)」に一気に駆逐されてしまったそうです。このへんの歴史はこのページが面白くも物悲しい。昭和40年代前後世代にとっては涙なしには見れないのでぜひ目を通して欲しい。

私も高校に入ってからはおっかさんの買い物チャリばかりに乗るようになり、さらにはバイクに乗るようになり、かわいそうにこのチャリは親父に「セミドロップハンドルを逆付け」されアップハンドル車で余生を過ごしてました。

ちゃりが届いた

Miyata Freedom

Miyata Freedom

んー、安かった割には結構いいんじゃないかこれ。ちょっと前に流行った「ピスト」とか一昔前の言い方で言うところの「踏切(固定ギア)」ではありません。ただの何の変哲もないシングルです。一応クロモリフレーム(しかもレイノルズだそうだ)ってのが嘘臭いが素敵だ。

変速機が無いというのはもっと疲れるものだと思っていたんだが、それは明らかに間違いだった。確かに急な坂道はキツイ。走り出しはそれなりに遅い。馬鹿みたいだ。でも全般的に疲れない。なんでだろう。変な話だけど変速が無いから疲れないんじゃないかな。

きっと、変速機があると、こうなる。
スタートは低いギアで飛び出して、ある程度スピードがのってきたら高いギアにして、それでもまだ余裕があったらさらに高いギアにして、それなのにおねぇちゃんに抜かれたりするとさらにムキになって漕いで、ほんでまた高いギアにして…
と、基本、その時の気分にもよるけど、走れる限界の高いギアで走らされる……みたいのがある。あきらめが悪いというか、大人の分別をどこで付けるかの判断をいつも迫られるというか。(要はちゃんとした大人なら全くこれらの問題は軽くクリアされるだけなんだけども)

変速機が無いと、「あーここらでギアを高くしたい」と思っても、変速が出来ないわけだからそのまま巡航せざるを得ない。これは大きい。もし高いギアがあったら、そのギアで回しやすい速度まで上げるために力を入れる必要がある。でもシングルにはそれは物理的に出来ない。しょうが無いんで、ただ足を回すだけ。

結果ちっとも疲れない。これは発見。これは痩せたい人にはあまりお勧めできません。逆説っぽいけど「楽したい人にこそシングルは向いている」と思う。(勿論ギア比をもっと重くすれば強制ダイエットマシンになるだろうが)

Miyata Freedom

ハンドル替えてます。オリジナルはいわゆる「フラットバー」でアルミのくせにピッカピカに輝く綺麗なのが付いているんですが、フラットバーって手首が疲れるしフラつくしで大嫌いなので、ハンドルだけはさっさと替えたかった。かといってドロップとかブルボーンって感じではないでしょう?これクラスの自転車で。や、好き好きなんでしょうが、ちょっと違うなぁと。で、いわゆる「ノースロード」と呼ばれるモノ(私等の世代で言うところのセミドロップよりちょっと角度の広い(?)やつ)に交換した。

これで、やっと乗って安心した(笑)。あー懐かしい、この乗り味。笹出線をすっ飛ばして鳥屋野ホームセンターにイタリアンを買いに行ったブリジストンのなんたらシンクロメモリーを思い出すぜ(アホ)。

やっぱね、ハンドルってのは、一本の横になった鉄棒を持つような形より、二刀流の刀を持って構えた時のような角度の方が絶対疲れないし安定感があると思うよ。親父っぽいけどな。