アマゾンとヤマトの記事、そして矛盾

 

って、アマゾンで売るんかいぃ!。

ヤマトはさぞかし複雑な気分だろう。

 

 

 あ、間違えた。こっちのほうがいいか

酒断ちしてその後の話

弐か月経った。一月過ぎたあたりから完全断酒ではなく、週1、2度ほど晩酌を復活させて頂いている。と言っても日本酒2合程度、深酒はしていない。だから正確には「節酒」であるな。

で、その後の体調の変化であるけども、驚いたことが一つふたつばかり。

酒辞めて一月過ぎあたりからか、なんだか靴の中で足が遊ぶようになってきた。靴のサイズが小さくなったんだわww。正確には「横幅」(eeeとかいうがん)が小さくなってる。

ま、ようするに、浮腫んでやがったんだ。なんてことだ。

足の浮腫みとも関係があるらしいのだけど、毎年冬になると脛に湿疹がでて痒くて仕方なかったのだ。11月頃から始まり、1月2月ともなるとステロイド入りの痒み止めのお世話にならないと春を迎えることが出来なかった俺。ピッチピチのヒートテック系インナーなど身に着けることなど出来ようも無かった。もうね、履いた瞬間から痒くてしゃーないのだね。

今年も11月まで「痒くなりはじめ」で毎年恒例の湿疹がポツポツと出てき始めていたんだけど、12月に酒断ち始めてから痒みがまるで消えてしまった。んで、目出度く最新のヒートテックインナーを着用することが出来るようになった訳だが、

はぁ。暖かい・・・ヒートテックってこんげに暖かいもんだったとわ。便利な世の中になったもんだ。今年は寒い寒いと言われているけど、俺的に今年はいつもより暖かく、且一見薄着で過ごせているんである。

他は、手の色が黄ばんでいたのが薄ピンクになったりとか、ささくればかりの爪の生え際が少しマシになったとか、ますますお肌の調子がグンバツになったとか、割とどうでもよい変化があるばかりで、肝心の「毛が生える」とか「毛根が蘇る」とか「太くなる」といった効果はとうとう現れなんだよ。ふふ。ちょっと期待した俺がバカ。毛に関しては万事窮したな。いい加減毛髪に関する希望は断ち切ったほうがよさげだ。

駅伝

箱根駅伝見てていつも思うんだけど

1位が一番注目されるのは当然として、 次いで露出度が多くておいしいのが2番手よりギリシード圏内。デットヒートもトップ争いより面白いし、予選会も放映されてるし、印象が強すぎる。

これっていつの間にか「シード権を取るゲーム」化してないか?5位とか6位とかってまず映んないだろ。シード争いより上なのにね〜。まだ繰り上げの方が映り多いんじゃねーか。なんか釈然としない。

シード圏外に落ちると顔がモザイクで放送されるとかしないと5位6位あたりの選手は浮かばれまい。繰り上げスタートは全身モザイクでゼッケンしか映さない。

やべ、逆に盛り上がっちゃうか。

断酒の効果—-一月目

何とは無しに辞めてしまった酒だが、今の職場、忘年会新年会の類一切無いのが幸いして、このまま正月を酒無しで乗り切ってしまいそうだ。もう一月もまるで飲んで無いんだ。我ながら信じられん。危険だから(?)もう一生乗るまい、と決めていたバイクとかちゃりとかこの調子ならまた乗れそうだw。バイクかぁ、懐かしいな。

酒を辞めて何が変わったかって、もう劇的に変わる。なんもかも。煙草を辞めたってここまで変化はない。てか殆ど変化はない。吸った後の息が臭くなくなって、痰が透明になって歯が茶色くならないくらいだ。飯が旨く感じるの最初だけですぐ慣れちゃうし。

断酒で何が変わるかって、まず、起きてる時眠くない当たり前か)いや、実はほんと眠かった。てかだるかった。飲んで無いときは”取り急ぎ生きてるから息してるだけ”だったような気がするぞ。どんだけ呑み助だったのかとは思うが、夕方になると「さぁ酒が飲めるれ」と目がランランとしてくる。その瞬間だけ生き生きとしていた私。まさに覚醒。何だったんだろうか、これまでの人生。よく酒を辞めると眠れなくなるというが、どっちかと言えば「寝なくても良い」感じ。つかこれまでが寝すぎだったのかもしれない。ここんとこ「一日が非常に長い」こんなにいろんなことが出来たのに、何してたんだろうか俺は(だーかーらー、呑んでたんだって)。あちゃー勿体ないことをした。

ついで、下痢しない。胃腸の調子が我が人生マイベスト。胸やけって何それ、美味しいの?状態、辞めてから一週間後あたりから一切胃腸薬の必要なし(それが普通当たり前か)。

さらにお肌の調子がすこぶるよろしい。この時期、乾燥して顔中粉吹いてズタボロだったんだが、まるでベビーフェイス。つるっつるのつやつややぁ。まぁ50男のお肌がピカピカしてようがあまり意味はないんだけどな。ただな、お肌の調子が良いということわだ、わかるね?。頭皮にももしかしたら、もしかしたら、ちょびっとだけ良いかもしれないジャマイカ!乞うご期待だわ。

そして、スィーツがやたらと旨いぃ。スィーツである。塩辛とかホヤとか柿ピーばっか食ってて、あんだけバカにしてきたスィーツが、これほどまでに旨いものだとは😋知らなかったんです。まぁ糖質糖分悉く酒から摂取してきたのだから必要なかったわけだ。これまで見向きもせんかったケーキ屋とかのウィンドウが気になって仕方が無い。飯の締めのデザートとか食って喜んでる自分はまるで想像できんかった。

あと果物ね。旨いんだねこれって。旨かったんだね。今は「みかん」が旨いね!ガキの頃はともかく、みかんなんてろくに食ってなかっただよこれまで。まさか自分で買うようになるとは思わなかっただよ。今はリンゴ食いながらこれ書いてるわ。リンゴなんか嫁が剥いてくれなきゃ絶対食わなかったもんだ。

で、とにかく疲れない。いや、もしかしたら一気に冬バテが来るのかもしれないけど。

睡眠時間は粗半分に減っている。運動量はかなり増えた。でも疲れない。やばい。へたなクスリより効き目が強い。たぶん、眠りが深くなったんだと思う。起きた時の爽やかさが格段に違う。これまで朝は大抵二日酔い状態だったんだからこれも当たり前っちゃぁ当たり前なんだがな。ほんと別人になってしまったようだ。我ながら不気味なほど調子が良い。

これだけ目に見えて効果が高いと断酒ってのはやり甲斐があるというものだ。たぶんもうちょっとくらい続くと思う。

断捨離w

ミニマリストというのがちょっと前話題になった。部屋中ゴミだらけで物をなかなか捨てられない自分にとってちょっと興味があった。

単にミニマリストと言っても「1・金持ちの道楽」か「2・貧乏人の昇華の知恵」か「3・宗教的もしくは自虐的、はたまた変態的な禁欲主義者」の3種に分かれていて、それぞれ目指す方向性が異なるらしい。そういう視点でいろんなミニマリストさんのブログを見てみると結構楽しい。

1の金持ち道楽さんは、物を持たない、等と言いつつ必要な時は買うんである。で使い終えたら売るなり捨てる。少数の自分の好きなものだけに囲まれて過ごしたいとか、シンプルを極めるために贅を尽くすみたいなのって、ミニマリスト=金をかけないでは無くむしろ余計にかかってる。これはかっこいい。本当はこうありたい。がこれが本当の意味でできる日本人てのは生まれが問われるレベルであって、労働者階級の目指すべきものではない。

私が好きなのはやはり漫画家の中崎タツヤ氏の方向性で、これは上記分類では3(の変態的ややーつ)に当てはまると思う。もう病的である。氏は本を買ったら読み終えたページからちぎって捨てるのだ。ブログやっていたけどパソコン捨てちゃったから更新してないとか。なによりコンピューターで一番好きな機能が「ゴミ箱」なのだそうだ。この人何のためにコンピューターを買ったんだろう?と思う。非常にあこがれるが、こういうのも普通の人が目指して到達できる世界ではないのは言うまでもない。

で結局のところ自分がやろうとするとどうしても 2 にしかなれない。そう、清貧に甘んじると言えばかっこいいけどようするに貧乏くさいんである。本当は少数の好きなもの、良い製品だけにしたいんだが、好きなもののうち良い製品にはそもそも手が届かない。ww んでちょっと廉価版で我慢するとなると既にこの時点でなさけないから、いっそもっともっと安いやつをバージョン違いで集めてしまった結果、使いもしないものに溢れていくような人(つまり俺の仲間だ)にとって、これらコレクション(?)を断捨離する事はかなり辛いんである。

でもいい加減、いい歳なんである。身近ないらん物は捨てたい。たとえ貧乏くさくても、(いや考えてみれば捨てようが捨てまいがデフォで貧乏くさいんであるが)2の方向のミニマリストに俺はなる。てか老活としても興味があるんであるんである。こないだ長女が嫁に行ってしまったってのも大きい。どうせ大事にしていたって手放すときは手放すしかない。とかかっこいいこと言いながらとりあえず捨てたのはまづ…

エロ画像・エロ動画の消去

はい。(;・∀・) すいませんこんなんで。

時折ハードディスクが故障する度、全てがクリアになっていきたはずなのに何故か、どーゆーわけかわからんが溜まっていく超秘密のフォルダ。こいつらを一気にサクッと消去した。いやー断腸の思いってこれだわ~。さらにオーバーライトソフトで何回も上書き消去を繰り返し。

どうせ見たい時はいつでも見られるんである。あれ?これって、1・金持ち道楽っぽいぞ。違うわ。ま、ちまちま保存してきた俺、祝卒業。エロはデータではなく実体験で。物よりおもひで。(いい加減にしろ)

何より、これでいつ死んでも安心である。←これは大きい。なんだか仏になった気分で清々しい。ぜひ皆さんにもお勧めしたい。

年賀状やめました

昨年、身内に不幸があって、年賀状を出さなかった。

喪中はがきを出さなきゃいかんなぁ、と思いつつぼんやりしていたらクリスマスカードになりそうな時期になってしまったんでそのまま放置してしまった。

んで、今年、引っ越しをしました。

引っ越しの挨拶うぃ送らなきゃなぁと思っていたら娘が結婚するだのなんだので、わたふたしてたら年の瀬も押し迫ってきてしまった。面倒くさいから今年の年賀状で引っ越しの案内をしようかと思ってはみたのだけど、今更感が多すぎて面倒くさくなってしまった。

仕事が年末年始休み無しってのも、ある。ちょっとでも休みがありゃお屠蘇気分でせめて送ってくれた人にお返事ってな気分にもなろうもんだが、周りが休んでいるのに働いていてるワシがいて、こんな新年のなんのどこがめでたいんじゃ?と思うと阿保らしゅうてしゃあない。だからもう年賀状は送りません。

酒辞めました

実は最近「胸やけ」が酷ぇんであった。それに増して脇腹の背中の方がしびれるってか重い。はじめは筋肉痛かと思っていたんだが、寝てても痛重い。

そう、そろそろ肝臓が賞味期限切れ。もはやフォアグラか。

実は数年前は朝から晩まで飲んでた。良く死ななかったもんだ。夜は仕事がはけるとまず職場に一番近いコンビニでパック酒。家に着くまでに3-4つ。家で焼酎ならお湯割り3杯くらい。日本酒5合程度、寝酒にウィスキーかズブロッカ。朝はワインを2-3杯。昼飯のおともにビール大瓶を欠かさず。調子こいて2本のんで熱燗つける時もあり。まぁ、さほど飲みすぎってほどではなかろう。問題はほぼほぼ連続飲酒状態だった点だ。私にとっての休刊日とは「日中飲まない日」を指す。よくアル中にならなかったものだと思う。別に嫌な事を忘れたいとかそーゆー高尚な思いから飲んでいたわけではない。ただ、単に、酒が好きだっただけである。実際肝機能に問題は無かったし、まぁ若かったのだと思うぞ。ここ数年は流石に酒量をかなり控えていたのだけど、どういうわけか健康診断の結果が悪くなる一方であった。

そしてダルさ。何すんでもだるい。飲むとあっという間に時間が過ぎてしまってなにも出来ない。これが本当に勿体ない。んで辞めました。おかげで胸やけも脇腹の痛みも嘘みたいに消えた。まぁたぶん続かないとは思うけど。ちなみに特に禁断症状もない。なんとなく辞めようかと思ったら辞められてしまったので、どうせすぐ飲み始めると思う(だめじゃん)。

と、今のところこんな程度だし。なんだろうか、ちっとも物(物体)捨ててないぞ俺。まいいか。物より先に行動から。今度の休みには大量の本を捨てようかと思う。箪笥の肥やしだし。