はじめよう・中級編

では中級編をはじめます。ここをマスターすれば、もう「よそもの」とは呼ばれたくない!あなたや、 「話せるったって、ベットの中の会話だけだろう?」等と言われ、はじゅかしい思いをした帰国子女のあなたも、もう安心です。

なまら

たくさん の意。
より強調したい時は「なんnnnまら」と伸ばせ。
比較的年代差無く通じる。北海道弁としてもポピュラーなのは「北の国から」等 で
良く知られているが、元祖は新潟弁。
(北海道入植者に新潟県出身者がなまら多かった為なんまら広まったらしい)

ふっとつ

古語 たくさん、の意 普通、若者は使いません。 私は若者なので、用例が思い浮かびません。
より東方へゆくと、「ふっとづ」と濁るようだが、まぁ、どうでもいいや
「柿がふっとつなったれ」=「柿が沢山できました」
(用例提供:日本海タワーの階段)

よっぱら

沢山、飽きるほど、十分、の意 : もうよっぱららて
=もう、たくさんだー

しかも

これも、たくさん の意。・・・