Posts Tagged ‘テレビ’

我が家に液晶テレビが来た(今頃)

やっと会えたな。

……某メジャー写真用品&家電量販店の『タイムセール』とかいうのが偶然やっていて、25,000円位(よく覚えてないしw)。後で調べたら結構お買い得だった事が判明。店によっては4万とかで平気で売ってたりするから不思議だ。買う人いるんだろうか。山積みでたたき売り状態だったんだが、売れない機種なんだろか。思うに「白い色」てのがいまいち家電量販店内で見ると浮いて見える。きっとそのせいだ(ソース俺)

いや冗談ではなくて、テレビって白物家電では無いしな。見事に他のテレビみんな黒、黒、黒。たまにシルバー。なんでや?赤とかウザいだろうけど、木目調とか日本家屋には合ってるんじゃないか?サニーカリフォルニアとか、昔むかし、車の横に木目調ラインが入っているやつがあったが、あれは何だったのかはどうでもいいし。

あと 32 インチってのがお買い得らしい。その下の 26 インチでいいじゃんか、うち狭いんだから。とは思ったが、小さいとかえって高価いとなるとどうしてもそんな『侘び寂びで達観』した大人のお買い物が出来ないマジョリティな我が家。

で、暫くいろいろ使ってみて思うんだが、この 32 インチ推しというのは、なんというかもう既に皆さんご存知かと思うぃますが
家電メーカー・量販店ぐるみの策略
に嵌ったな。と。

 32 インチって、いわゆる DVD 画質では微妙に画質が追いつけない、ちょっとだけ不満がでる大きさなんだね。つまり次はブルーレイを買えと言いたい。その分テレビはお安く提供してます的な。いいからセットで買えと。

古いゲームとかやるともうボケボケだし。PS2 完全終了だ。やーいお前んち、PS3 じゃねーし(笑)と言いたいようだ。Wii も微妙に残念な画質で、さらにトワプリあたりの昔のソフトだと、「目やにが溜まりきった寝起き?」みたいな画質で酔う。わざわざ離れてやらないとだわ。これ多分 26 インチならここまで粗は出ないと思う。

テレビだけが無駄に綺麗。そこがなんか悔しい。

テレビ離れ

もうすぐ夏休みも終わり、ってこの時期に、「オーシャンズ」(映画)をテレビでやるってんで、子供に見せてやるかと柄にもないこと考えてチャンネルを合わせた。

最初の30分、宮沢りえの落ち着き払ったナレーションが聞こえないんだ。ボリュームを上げつ。

と唐突にCM、「!」て!。こぉの、やかましわっ!

で、ボリュームを下げた。

そのまま他のことしてたらふと見ると静かになってる。「あ~本編はじまったんけ~」と思ったんだが、はじまったことに気がつかない子供らはすっかり興味を失ってる。見てるのは親だけ。う~ん。なんつーか、わるいけど、昔「野生の王国」って番組あったよな。あれと同じ臭がするんだよなこの映画、あえて今、親だけで見るほどのもんでは無い。しかも今度は10分おきくらいにCMが入り、そのたびボリュームを上げ下げが面倒くさい。ネットは能動的に見ているから、結構ボリューム操作とか苦にならんが、テレビは一度つけて寝っ転がったらいちいち操作すんのが結構たるい。

で、消した。

嫁「テレビも落ち着いて見れなくなったね」
そうだ、メインの番組の音量に合わせてCMのボリュームくらい下げて欲しい。でもな、

俺「これ、テレビじゃねーし。これ映画だから。見たけりゃツタヤでいいんじゃね?」

ちゃんちゃん。だ。

相変わらず芸能人の大御所でさえ、「見たくないなら見なきゃいい、チャンネル替えればいい」というような昭和なセリフを吐いているようだが、昭和の頃は「見たいテレビが一杯あって、厳選して見ていた」から、見たくなければ他のチャンネルも見た。

今は「見たくもないけどまぁテレビは一応あるんだし、どうしようか、という「せっかくだから的」消去法で番組を選んでいる」のだ。それが見たくなくなっちゃった場合、テレビは消されるだけだ。

テレビのプロデューサーとかもさ、ネットの批判が気になるなら、見なきゃいいんじゃね?ネット。見てもらわなくていいし。

あ、ようつべの画像そのまんまで番組作ったりしてるんだから、そうもいかんか(わら)

節電は、エアコン付けて、テレビ消すほうがマシ。かも

テレビが(そりゃそうだが)報じない節電対策

やっぱそうか。そうだよな。熱中症になるくらいならエアコンかけてテレビ消せってことだわな。特に家電売り場に並んでいる馬鹿でかいテレビ、電気食わないわけないし。でもそれはTVでは放送しないわな(笑)。

最近地下鉄の駅とかに「只今の消費電力何%」て結構大きな液晶ディスプレイで表示されているけど、あれは自己矛盾か。表示して電気を消費したいのか節電させたいのか良くわからん。考えてみりゃあの数値は刻一刻とリアルタイムで数値が替わるわけでは無いんだから、黒板にチョークで書けば済む話だ。

それはそれとして、あのデジタル放送の微妙なタイムラグって、地震の速報とかでは致命的になったりしないのだろうか。ほんのちょっと差かもしれないけども、その一瞬の差で上から落ちてきたものに頭打たれて怪我でもしたら、一生デジタル放送を恨みそうだ。まぁタイムラグは今後どんどん少なくなっていくんだろうけども。

なんだろうなぁ最近のiPadに関する報道……

ちょっと加熱しすぎなんじゃないか?Appleゴトながら心配になる。加熱の具合がセカンドハウスっぽい。

アメリカで200万売れたとかだがiPhoneは5000万台だっけ?iPhoneに比べたらどってことないじゃん。マイケル・ジャクソンの方がすげぇど。

ワンストップだから全部アポーの儲けなんだろうが、Macと同じ歴史をもう一度歩むような気もしないでもないのだ。Macフィーバーから一年後くらいにウィンドウズが出て、その後どうなったのか。来年あたりgoogleアンドロイドに逆転されるのではないか?ジョブスはその頃引退だろうな。

私はもうしわけないが、Appleはキライじゃないけど生理的に無理な人なので、ぜひともここはアンドロイドに頑張ってもらいたい。Appleの何が嫌いってワンストップな所だ。どうしてフラッシュ(ってかAdobe)を敵に回したの?意味わかんない。別に私フラッシュ作るの大嫌いだからどうでもいいんだけども、それでもさ、これはまずかろうて。

ジョブスという人はなんでもかんでも自分の管理下に置きたい人なんだろうか。HTML5をうまく利用しているようだが、ああいう機関をあてにするといつか墓穴を掘るような気もする。市場原理を無視してw3cだって成り立たないと思うのだけれども。(マイクロソフトは逆に余りに反故にしすぎて落ちたと思うけど……アポーの戦略はその反面教師なのか?)

申し訳ないが、iPhoneはともかく、iPadが市場を席巻する未来図というのは間違っているとしか思えない。「早すぎた」という称号が欲しいだけで突っ走っているとしか思えない。ウゴウゴルーガやカリキュラマシーンと一緒。それはそれでいい。文句言いたいのは前述の通りマスコミのアホぶり。

要は、君ら、これまで「タダ(無料)で配信してきたニュースを有料化したいだけ」だろう?そのビジネスモデルがiPadにはありそうだ!ってだけだろう?Appleに全ての印刷権を売る気か?そうなんだろ?ジョブスがありがたい事に無料で配信し、広告収入しか金を稼げなかったこの市場に光をもたらしてくれた、と思ってるんだろう?結果、ほとんどの利権がAppleという企業に集中し、数多の印刷業が無くなろうと「それはIT革命」だよね~

いいんかいそれでほんとうに!気がつけあほども。

Appleのビジネスモデルは一時的にジョブスを儲けさせるようにしか出来ていないって事にいい加減気づけよ。

Googleにしてみたら、iPad専用サイトの検索結果を下に下げるなんてのはお手の物(以下自粛)

天才になる条件

今日見たテレビの予告編

「天才になる条件は一つだけ。それは……」次回をお楽しみに♪

てのがあったんだが、気になるね。なんだろうね天才になる条件て。

「俺は天才だ」ち公言してはばからない事
とか言わんでくれよ?アラーキーさんじゃないんだから。必要条件の一つかもしれないけど十分条件とはとても思えない。というかたぶん死後10年もしたら誰も日本人の写真家の名前なんて覚えていないんじゃないかな。天才とか秀才とかでなく、時代の寵児とかいうやつなんじゃないかな。それでも十二分なんだけど。写真家というより芸能人みたいだしな。なんでだろ~とか、ゲッツ!とかそんなの関係ねー!とか、フォー!みたいなもんじゃないのか。森山大道さんの名は残っても篠山紀信さんとかアラーキーさんなんて、出て来なくなったら忘れられちゃうんじゃないの?俺は忘れないけどさ、俺が覚えていよーが世間はそんなの関係ないし。

天才の条件というサイトがあった。面白いね。
特に下記の部分、ちょっと注釈入れたくなるけど納得。

  • 小学校の写生大会で、何も描き出せないでいる子供は天才だろう(jimi注:ここは::@天才かもしれない・程度にしておいた方がいいと思う)。描き出せないのは、彼のセンスに見合うだけの技術力を彼が持っていないからだ。彼に必要なのは「自由に描きなさい」という言葉ではない。筆の使い方を教えることである
  • バイオリンやピアノを習わせて上達する子供の多くは秀才である。彼らは、天才でもないのに「天才」とよばれて、いずれ挫折する(jimi注:バイオリンやピアノを習わせてないと天才も生まれにくいんだけどな)

でもこれって読めば読むほど、紙一重っちゅうか、
>「描き出せないのは、彼のセンスに見合うだけの技術力を彼が持っていないからだ」
最終的にそのいわゆる天才が世に出るには彼のセンスに見合うだけの技術力というのが不可欠だと言っているわけだ。ってその技術を身につけるのは秀才の得意分野だろう?

…ま、凡人にはどーーーでもい・話だがな。

次週の放送が気になる。アホな答えだったら二度と見ないぞ。

あと、
>アホな答えだったら二度と見ないぞ。
とか書いてすいません。
考えてみれば天才になるための十分条件なんて判明している訳ないやな(笑笑笑)
せいぜい必要条件の羅列だよな。

と書いた後、必要条件と十分条件て上の文章の書き方で合っているのかどうかすごく不安になった。間違ってる?間違ってたら逆にして読んでくださいよ(«いい加減)。