Posts Tagged ‘映画’

エリジウム

最近仕事が忙しくてさっぱり映画とか見てないんだけど、遅ればせながら「エリジウム」を見た。マッド・ディモンとジョディー・フォスターが出演、大好きな「第9地区」の監督作品てことでかなり期待してたんだが。

見ててつまらないわけではない。結構面白いと思うよ。個人的にはいろいろ気になるのだ(以下ネタバレ注意)

——-<ネタバレ>——–

なんつーかさぁ、ジョディー・フォスターが早く消えすぎ。

主演がマット・デイモンってことでクライマックスはアクションで!って配給側の無理強いがあったに違いない?。

あんなありえないほどのバカと戦って勝利ってんじゃちょっとなぁ。最後のブリッジからバカが落下してってのもスターウォーズを彷彿とさせて惚れ惚れするくらい雑だし。

出来ればあの馬鹿は設計者同様ジョディーの策略によって無残な最後を遂げて頂きたかった。で最後はジョディーが使用人として使ってたアンドロイドに(システムリブートによって)手のひら返しで逮捕されるっつーラストのほうがスマートだと思うんだけど。
……これじゃ小奇麗すぎるか。

しかしマットとの絡み無しでジョディーさいなら~とかマジありえんじゃろ?。嘘みたいだ。スケジュールが合わなかったのかね。

——-<ネタバレ>——–

まぁ他にも面白いとことかなんじゃこりゃってのがあるけど、

そんなことよりも

だ。

やっぱもうこういう世界観でのSFっていい加減やめたほうが良いんじゃないのかな。
こういう世界観てのは

2154年、超富裕層は、大気汚染や人口爆発により生活環境が悪化した地球から離れて、衛星軌道上に建造されたスタンフォード・トーラス型スペースコロニー[5]「エリジウム」で暮らしている。アーマダイン社が設計・施工したエリジウムでは、高度な科学技術によって市民は傷病から解放され、水と緑にあふれた理想郷での暮らしを享受できる。それは地球上で暮らす貧しい人々の憧れとなっている。 一方、荒廃してスラム化した地上では、人々は過酷な労働とエリジウムより遥かに制約の多い医療やドロイドによる厳しい監視に喘いでいる。市民はエリジウムの生活に憧れ、密航を企てる者もいるが、エリジウムはドロイドや犯罪者崩れの傭兵を配して侵入者の排除に努めている。@フロム ウィキ

ていうがん。いわゆる『超富裕層のユートピア』と『搾取される側・労働者のディストピア』との対立という構図。ユートピアたる人工衛星エリジウムは不老不死の絵に描いたようなお花畑のユートピア。地球はと言えば戦後の強制労働ばりの超ブラック企業の労働者かもしくは犯罪者ばかりのステレオタイプ。こういうのは「メトロポリス」で既に十分語り尽くされたはずだ。

こういう世界観てのはそこに至るまでの過程が劇中でしっかり説明されていないと素直に感情移入が出来ない。この落差が「対異星人によるもの」の結果だったり「アンドロイド、ロボット、コンピュータの暴走による」結果、という形ならまだ解る。

が、冒頭からいきなし「未来の人類は富裕層と貧乏人との超超落差社会であった。ほんでもってここに一人の貧乏人のヒーローが現れた。彼が富裕層の搾取に楔を打つ」って人類同士でドンパチやってんだわ、相変わらずな。こんなん「蟹工船」と一緒じゃないか。一体未来の人類はどんだけ馬鹿か。エリジウムにしても

——-<ネタバレ>——–

そもそもああも簡単に労働者を使い捨てで見殺しにして「生産性が落ちてる」とか社長が責められてる。なんかやってることが矛盾しているだろ?エリジウムに連れてきゃ一瞬で治るんだったらさ、さっさと治してやってまたこき使えばいいじゃんよ。よ?もうね、あほかと。

だいたいあの富裕層は「何を持って富裕に至る」んだろうか。あれじゃ地球でものは売れないぞ。モノ売ってなさそうだし、泥棒ばっかだし。もの買うのが富裕層ばかりでは経済が成り立たないだろう。主人公が作ってるのもアンドロイドだ。そのアンドロイドはなにか生産しているんだろうかと思えばなにやら警察かわりに働いているだけで生産性ゼロだ。自分らを監視するロボコップを作ってんだ。こんなんでよく暴動が起こらないもんだ。

劇中どこ見ても店、商品が見当たらない。いやあったのかもしれないが、とりあえず3回DVDを見たんだが記憶に無い。生活感ゼロ。てか何食って動いてたんだこいつら。(そういえば地球のエージェントのあの脳筋バカがなんか小汚い真っ黒な肉焼いてたな。結局食ってなかったけど)

——-<ネタバレ>——–

とはいえ最近話題(となりつつコケまくった)映画にこういうタイプが結構ある。

「タイム」しかり、「トータルリコール」のリニューアル版しかり。もうお腹いっぱいだべさ。まだ最終戦争後のカオスで北斗の拳的世界、っ方がわかりやすい。(わかりやすいからってもう今更マッドマックスの焼き直しは見たくはないけど)

ここのところ、反共、反独裁、反管理社会SF映画ってめっきり見なくなった。「1984」とか「華氏451度」とか、ジョージ・ルーカスのデビュー作「THX 1138」もそうだし、コメディだけど「スリーパー」とか。最近見ないでしょこういうの。前提となる世界観への感情移入が今となってはやりにくくなってきた。そんな社会は完成前に自ら壊れてしまってる事例が多すぎるからね。お隣の上の方では相変わらず頑張っておられるようだが、SFでやる必要が見えなくなったってことだろう。

同様に「エリジウム」のようなテーマのSFもいい加減感情移入出来ない人が増えてるだろうし、今後は消えていくんじゃないかね。少なくともこういったマジモンのSFでやる必要は無かったんでは。パロディや歴史物でやるとか(実際第9地区はあれ、SFパロディだ)、実際にはまだこういった落差社会もあるのだからドキュメンタリーでやったほうが直接的説得力があって良いと思う。

テルマエ・ロマエ

嫁に誘われて見てきた。普通に面白かったわ。劇場でおまけで貰った小冊子に、特別編の漫画が載っててそれも面白かった。ローマから現代日本に来ていながら「車」とか「電気」とか一切無視ですべて「お風呂(と一部トイレ)」にしか結び付けない強引さ

不可解ながらも潔い

でも、さー、なんで平成の世に出てきちゃったんだろううねぇ。

江戸時代とか時代無視でランダムに出てきたら、わりと普通に「混浴満載」でもっと鼻血ブー(死語)な展開で面白かったと思うんだが。見た目的にもな。

てか劇中上戸彩の実家の温泉、あそこ混浴なんだろう?なんでおっさんしかいねーんだこら
そこが残念といえば残念すぎる。てか惜しいにも程がある。詰めが根源的に甘いように感じる。ったくこれだから女性の作品は品位が低いとか言われるんだ。(←すみません、あほで)

ってか原作の趣向的に「すまない、ホモ以外は帰ってくれないか」路線だったんじゃまいか。なんかそんな気がする。興行的に上戸彩をむりくり絡めた原作にない展開になっているんだが、これってある意味いらなくね?主人公(アベちゃん)から上戸彩方向にちっとも「恋愛感情の描写」が無い。むしろ「友」としか思っていないんじゃないだろうか(上戸彩方向からはあるのかどうなのかもようわからん)。この二人の関係、感情が描ききれていないのが凄い致命的に不満だ(最近の映画的には十二分に面白すぎるから、あくまでわりとどうでもいい批評ですが)

じゃったらいっそのこと上戸彩の代わりに「平たい顔族一の美少年♥」を持ってきて一切女子排除でやって欲しかった。てかその方が絶対に良かったんじゃないかなぁと思うのだ。もうね、アベちゃんの「尻の美しさ」といい、組合の方の神話になる映画だったのに、心底惜しい。

上戸彩ちゃんのかわりは、神木隆之介くんあたりが誰がなんと言おうとベストかと。(私はノンケですよ。ほんとだよ)

TIME/タイム(映画)

ガタカの監督だってから、もー思いっきり期待感満載で見たのに……なんつーか、残念な気持ちで一杯になったのは何故だろうか。

テーマはすごく革新的で本当にアイデアとしてはおもしろすぎる。金=寿命の世界と聞いても「今の日本だってそうじゃん?」ってぇところを、本当に貨幣経済をDNA操作によってそのまま本当に寿命に替えちゃった世界。コーヒーが寿命10分とかさ、ホテルが1ヶ月とか命で支払う世界。寿命本位経済の実現。金(でなくて残りの寿命)が足りなかったため金貸し(寿命貸し)の店までタクシーもバスも使えず「走る」必要がある世の中、走って走って途中で金(寿命)が尽きたらその場でお陀仏な世界の話。

スラムの人は一日一日文字通りその日暮らし。毎日走りまわる。数日分の寿命を奪い合って殺し合いもしている。一方高級住宅地区に住む人達の持つ金(でなくて寿命)は数世紀。

面白いけどあまりに突飛といえば突飛な設定であり、そこに引きこむ「前過程」が描ききれていないから、観客は「??」なんでこんな社会作ったのさ??となかなか入り込めない。もうちょっと長編にしなくちゃダメなんじゃないのかなこういうのは。

ガタカの世界レベルであれば、実際そういうこともあるだろうね、と少しは入り込みやすいのに、前編の説明がガタカと同じくあっさりしすぎている。それよりなにより問題!主人公!なんであんたはそんなに強いのよ。スラム街の工員というより軍隊経験者?と言う感じ。ちょっと違和感ある。なんか途中からストーリーが「俺たちに明日はない」に変貌してしまうし。まぁいろんな意味で B 級 SF 感満載な映画だ。

でもな、とりあえず、ヒロインはコケティッシュ(死語)で非常に可愛いぞ。特に ♥オパーイ♥ らへんが可愛い。それだけでも見る価値はある。あと、最後にぎりぎりで一日分の寿命を手にした主人公が
「充分ある」
と言うセリフがあるのだけど、これだけで読後感というか見終わった後の感じはけして『悪くは無い』です。B 級 SF ファンは、ぜひ抑えておいていただきたい。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

これは お勧めしたい。全く予備知識無しで嫁に連れられて見に行ったのだが、良かった。

ちょっとアスペルガーの傾向のある主人公を天才子役がやっているって所が突出して話題のようだけど、それだけの映画ではなかった。はっきり言って、重いです。もうちょっとファンタジーチックなんかと思っていたんだけど、全然違った。

配役的にも見所というか……謎の間借り人の老人役(マックス・フォン・シドー)、どっかで見たことあるなぁと思っていたんだが、なんと、「エクソシスト」のランカスター・メリン神父だった。本当に良いお爺さんになってしまった。あと、ヴィオラ・デイヴィスさんが、もー、なんていったら良いかよーわからんが素敵だ。

まぁ、とにかく一度は見て下さい。お勧めするだけでネタバレ的なことは一切書かないどく。子供をお持ちの方には特にお勧めする。夫婦で見るのも良いと思う。

お母さん方は、鼻をかむ紙とハンカチ必須。絵的に無理に映画館で見る必要がある映画とは言えないのだけど、真っ暗のほうが泣きやすいだろう。おとっつぁんとしては……う~ん、もし俺がこうなったとして、我が家族はここまで悲しみ慈しんででくれるんだろうか?とちょこっと不安になるのもあって(それは多分自分のせいなのだが)素直に泣けん。

というか野郎が泣くための映画では無い。

「タイトルの意味がよく分からないな」と言ったら、嫁曰く
「あの子の見た世界(世間)の印象そのままなんじゃないの?」
なるほどね。やっぱよくわからんが。

その後、ものすごく安くて、ありえないほど安い「サイゼリア」で飯を食って家に帰った。

AKIRA実写版(ハリウッド)

実写版「AKIRA」主演にジェームズ・フランコ浮上って、
ええ~?
早くも自爆臭漂ってきた気がするんですが、ドラゴンボールが脳裏を過る。そもそもわしはあのアニメ映画もなんか嫌なんだ。端折り過ぎで。

ジェームズ・フランコかぁ。
まさか役名は金田正太郎で行くんでしょうか。つか、おっさんやん。
この方が
「サン wo ツーケロー YOU デーコスぅーケ ヤーロ」とかほざくんでしょうか
(それは無い)

もういいじゃないですか!なんで実写なんですか。原作じゃだめなんですか。ハリウッド版やるならデビルマンとかヤマトにしようよ。もうあっちはしょうがないから誰も文句言わない。

あ~でもジョーカーは普通にマンハッタンらへんに(以下自粛)。

大佐も。