Posts Tagged ‘音楽’

かなしいのう

invad
SPACE INVADERS 2003

地球儀とニュートンジョン

100123

息子に誕生日プレゼントは何がいい?と聞いたら「地球儀が欲しい」という。

……なんてことだ。なぜそんげにアカデミック。上の娘どもといえば、ゲームだの携帯だのMP3プレーヤーだのキューティーハニーの持ってる棒(なんだっけ?)とか、いちご(食べるやつ)とか欲しがったもんだが、一体何が起こったというのか。喜んで早速(親ばか)日本橋にある地球儀専門店に出かけて買ってきたんだが、子供のおもちゃにしてはちょっと散財。うちに帰ってから見てみたら「でかすぎた」。

考えてみれば上の子は高校受験だというのにうちには地球儀が無かった。長女は地理が弱いと言う。さもあらん。試しにこの地球儀で「エベレストはどこ?」と聞いたら、アメリカを一生懸命探している。ちょっ!いくらなんでもそれはないだろう。「ブラジルってドイツらへんにあるのだと思っていた」そうだ。そーか、ブラジルは欧米か!いや、もうこれは地球儀の有無のせいではあるまい。だいたいトイレに世界地図が貼ってあるだろうが!!きばりながら見ろ。

で、ブラジルを見ながら娘が「ボリビア」を発見し、「ボリビアって歌にあったよね」と曰った。?
「ボリビアを聞きながら」

オリビアじゃぼけぇ

でもこのオリビアて、ニュートンジョンのオリビアだよねぇ。フィジカルとか聞きながら何を考えたというのか。えっち。

ご冥福をお祈りします。

忌野さん。やすらかに。
一番はやっぱこれだろう。最高だ。

鼻笛

最近、左の鼻が鳴るのだよ。ピー。かなりデカイ音が鳴るぞ。人混みで鼻を啜るのが憚れる。

そういえば、こんな感じのお菓子があった。ラムネのような奴で咥えて息を吸い込むと「ぴ~」と情けない音出すがん。恥ずかしいから常にそれを咥えていようか。鳴っているのはそのお菓子だよ、と。余計恥ずかしいや。

しかしあれだね、なぜかいつも同じ”キー”なのだね。不思議なものだ。もしかすると、人それぞれ「固有の鼻キー」があるのかもしれない。

これを利用すれば絶対音感を後天的に身につけることも可能か。自分の「鼻キー」さえ覚えておけば、音を拾うとき鼻を啜れば良いのだ。ちなみに私の鼻キーは[F#マイナー」だ。

バンドのチューニングにも使える。

嫌だよそんげバンド。

ここまで書いといて気付いたんだが、F#マイナーってコードじゃん。なんでコードなんだよ。うかつにも私の音楽の知識の泉の底の浅さが露見してしまったので、もう寝る。

倍売買バイク

東京のローカル局にMXTVというのがある。それはもう、海沿いでしか見れない(お台場に局がある)ようなテレビ局であり、ぜひ、東京に遊びに来たら見て欲しい局なんである。なにしろゴールデンタイムに「延々と70年代フォーク」を流し続けた上「これらの曲が入ったCDを買って欲すぃ」というような番組を流す素敵なテレビだ。テレビ東京(東京12チャンネル)がすっかりメジャー化してしまった今となっては、「地方局」の香りを残す貴重な局なんである。

バイク王の歌

で、上の音符であるが、この局でやとる「天気予報」のバックに流れている。

バイク王

というバイク買取業者の提供の天気予報らしい。この旋律を見て欲しい。わたしゃ絶対音感が無いのでハ長調として表記させて頂いた。本当にハ長調だったら尚笑える。

赤い字は勿論歌詞である。渋めのギターをバックに愁いのあるボーカルが唄うんだ。
バイバイ、売買をかけているんだろうがそんなことはどうでもいいのだ。

さらにこの曲は、「今はいらないバーイクー・・・」と歌詞は展開を見せるが、メロディーは淡々とこの音階を刻み続けるのだ。見て解るように「ド・レ・ミ・ファ」だけで奏でられているのだ。あの「ちょうちょ」や「ぶんぶんぶん・蜂が飛ぶ」でさえマスターするには「ソ」が必要だ。「ちゅーりっぷ」に至っては「ラ」まで駆使する必要があるというのに、ミニマルミュージックさ加減にも程があるだるおう。

しかもこのMXTV、番組が少ないのか、天気予報が異様に長い。したがってテレビゲームのBGMのように「バイバイバイバーイクー」がひたすら流れる。

その後、一人で風呂に入ったりして、うっかり

「♪ふん・ふん・ふん・ばーいくー」

などと口ずさみながら髪を洗ってしまい、無性に田舎に帰りたくなる若者が増えないことを祈る。

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >