Posts Tagged ‘SF’

エリジウム

最近仕事が忙しくてさっぱり映画とか見てないんだけど、遅ればせながら「エリジウム」を見た。マッド・ディモンとジョディー・フォスターが出演、大好きな「第9地区」の監督作品てことでかなり期待してたんだが。

見ててつまらないわけではない。結構面白いと思うよ。個人的にはいろいろ気になるのだ(以下ネタバレ注意)

——-<ネタバレ>——–

なんつーかさぁ、ジョディー・フォスターが早く消えすぎ。

主演がマット・デイモンってことでクライマックスはアクションで!って配給側の無理強いがあったに違いない?。

あんなありえないほどのバカと戦って勝利ってんじゃちょっとなぁ。最後のブリッジからバカが落下してってのもスターウォーズを彷彿とさせて惚れ惚れするくらい雑だし。

出来ればあの馬鹿は設計者同様ジョディーの策略によって無残な最後を遂げて頂きたかった。で最後はジョディーが使用人として使ってたアンドロイドに(システムリブートによって)手のひら返しで逮捕されるっつーラストのほうがスマートだと思うんだけど。
……これじゃ小奇麗すぎるか。

しかしマットとの絡み無しでジョディーさいなら~とかマジありえんじゃろ?。嘘みたいだ。スケジュールが合わなかったのかね。

——-<ネタバレ>——–

まぁ他にも面白いとことかなんじゃこりゃってのがあるけど、

そんなことよりも

だ。

やっぱもうこういう世界観でのSFっていい加減やめたほうが良いんじゃないのかな。
こういう世界観てのは

2154年、超富裕層は、大気汚染や人口爆発により生活環境が悪化した地球から離れて、衛星軌道上に建造されたスタンフォード・トーラス型スペースコロニー[5]「エリジウム」で暮らしている。アーマダイン社が設計・施工したエリジウムでは、高度な科学技術によって市民は傷病から解放され、水と緑にあふれた理想郷での暮らしを享受できる。それは地球上で暮らす貧しい人々の憧れとなっている。 一方、荒廃してスラム化した地上では、人々は過酷な労働とエリジウムより遥かに制約の多い医療やドロイドによる厳しい監視に喘いでいる。市民はエリジウムの生活に憧れ、密航を企てる者もいるが、エリジウムはドロイドや犯罪者崩れの傭兵を配して侵入者の排除に努めている。@フロム ウィキ

ていうがん。いわゆる『超富裕層のユートピア』と『搾取される側・労働者のディストピア』との対立という構図。ユートピアたる人工衛星エリジウムは不老不死の絵に描いたようなお花畑のユートピア。地球はと言えば戦後の強制労働ばりの超ブラック企業の労働者かもしくは犯罪者ばかりのステレオタイプ。こういうのは「メトロポリス」で既に十分語り尽くされたはずだ。

こういう世界観てのはそこに至るまでの過程が劇中でしっかり説明されていないと素直に感情移入が出来ない。この落差が「対異星人によるもの」の結果だったり「アンドロイド、ロボット、コンピュータの暴走による」結果、という形ならまだ解る。

が、冒頭からいきなし「未来の人類は富裕層と貧乏人との超超落差社会であった。ほんでもってここに一人の貧乏人のヒーローが現れた。彼が富裕層の搾取に楔を打つ」って人類同士でドンパチやってんだわ、相変わらずな。こんなん「蟹工船」と一緒じゃないか。一体未来の人類はどんだけ馬鹿か。エリジウムにしても

——-<ネタバレ>——–

そもそもああも簡単に労働者を使い捨てで見殺しにして「生産性が落ちてる」とか社長が責められてる。なんかやってることが矛盾しているだろ?エリジウムに連れてきゃ一瞬で治るんだったらさ、さっさと治してやってまたこき使えばいいじゃんよ。よ?もうね、あほかと。

だいたいあの富裕層は「何を持って富裕に至る」んだろうか。あれじゃ地球でものは売れないぞ。モノ売ってなさそうだし、泥棒ばっかだし。もの買うのが富裕層ばかりでは経済が成り立たないだろう。主人公が作ってるのもアンドロイドだ。そのアンドロイドはなにか生産しているんだろうかと思えばなにやら警察かわりに働いているだけで生産性ゼロだ。自分らを監視するロボコップを作ってんだ。こんなんでよく暴動が起こらないもんだ。

劇中どこ見ても店、商品が見当たらない。いやあったのかもしれないが、とりあえず3回DVDを見たんだが記憶に無い。生活感ゼロ。てか何食って動いてたんだこいつら。(そういえば地球のエージェントのあの脳筋バカがなんか小汚い真っ黒な肉焼いてたな。結局食ってなかったけど)

——-<ネタバレ>——–

とはいえ最近話題(となりつつコケまくった)映画にこういうタイプが結構ある。

「タイム」しかり、「トータルリコール」のリニューアル版しかり。もうお腹いっぱいだべさ。まだ最終戦争後のカオスで北斗の拳的世界、っ方がわかりやすい。(わかりやすいからってもう今更マッドマックスの焼き直しは見たくはないけど)

ここのところ、反共、反独裁、反管理社会SF映画ってめっきり見なくなった。「1984」とか「華氏451度」とか、ジョージ・ルーカスのデビュー作「THX 1138」もそうだし、コメディだけど「スリーパー」とか。最近見ないでしょこういうの。前提となる世界観への感情移入が今となってはやりにくくなってきた。そんな社会は完成前に自ら壊れてしまってる事例が多すぎるからね。お隣の上の方では相変わらず頑張っておられるようだが、SFでやる必要が見えなくなったってことだろう。

同様に「エリジウム」のようなテーマのSFもいい加減感情移入出来ない人が増えてるだろうし、今後は消えていくんじゃないかね。少なくともこういったマジモンのSFでやる必要は無かったんでは。パロディや歴史物でやるとか(実際第9地区はあれ、SFパロディだ)、実際にはまだこういった落差社会もあるのだからドキュメンタリーでやったほうが直接的説得力があって良いと思う。

キラキラ”DQN”ネーム

すっかり定着しつつあるキラキラネーム、医療現場でもいろいろとお騒がせなご様子でなによりです

このDQNネーム違和感を覚えるのは何処なのか?という点だが

  1. 少なくとも「漢字の字面と読み方を近くして欲しい」
  2. 漢字以前に読み自体が妙。てか日本人かそれ?

の何れかに別けられるんではないだろうか(根拠はない)

1.の漢字の字面と読みが近ければ確かに「読むことは出来る」。まぁようるすに、夜露死苦的な。てか元々はこの路線が多かったからこそ「DQNネーム」だったわけだ。で恐らくこれを精神的に支えるバックの大御所として存在するのはかの森鴎外の子供らであって、曰く

於菟(おと)
茉莉(まり)
不律(ふりつ)
杏奴(あんぬ)
類(るい)

の皆さんだと思う。

「あの文豪がDQNネームの元祖である」というのは結構DQNネーム大好き親さんの心の支えに貢献していると思うんだけど、おそらく彼らは森鴎外の小説など読んではいまい。仮にもし読んでいたら鴎外翁の真似などしたりはしないと思う。でも俺的にはこの路線は嫌いではない。別に構わないと思う。実際「茉莉」とか「類」なんてもう普通の名前?だし。

だからここで問題なのは例えば

腸(ひろし)

みたいのだと思う。読みはあくまで純日本風なんだけど、どこっまでも日本人なんだけどぁぁぁ漢字がこれ。これはあかんて。いや、他人の名前をどうこう言うのはあまりよろしくないのはわかっちょるが、百歩譲って、改名を許してあげて欲しい。”もこみち”並のイケメンなら全てオールクリアだが。

 

一方こっちは闇が深い。2のそもそも漢字以前のやつ

やっぱいくらなんでもアホっぽすぎて蛙の子は蛙だからしゃぁないんだろうけど役所もちったァ考えてから受理しろよもうこのボケカスてめぇら日本人だろこのどあほ とまことにすみませんね、もう我慢出来ませんよ言わせてくらさいよああ言いたい。

曰く

芯次威(しんでぃー) 
炎皇斗(かおす)

そして

礼(ぺこ)(*´ڡ`●)

ちょっと待て(╯-_-)╯

こんなん、まだ C-3PO とかの方がいいぞ。

新潟げっぽニュース——2020 08 14
全国的に猛暑日となった今日、ここ、関谷海岸に訪れた 渡辺 R2D2(ウォーズ)くん(12)と、村田 3PO(ゴールデンゆかい)くん(11)は地元の漁師の 五十嵐 権蔵(ごんぞう)さん(76)らと共に、元気よく地引網体験をしました。

( TДT)

 

 ( TДT)

 

 

 

 ( TДT)

後のスーパーキャットである

まぁ取り急ぎ見て頂きたい。

にゃ~。

愛猫極まりての気持ちはよく分かるが、何故空を……
でもなんかこういうのが行く末ロボコップ的技術になっていくのだろうな。ならないか。

全然関係ないけど、どういうわけか「600万ドルの男」を思い出した。

宇宙戦艦ヤマトの視聴率7.9%

木村拓哉主演「ヤマト」実写映画、地上波初放送の視聴率は7.9%

うそ、やってたんだテレビ。それすら知らなんだ。くそう、見たかったのに。タイミング的にメイサの結婚がいけなかった面もあるのか。まぁでも、こんなもんだろう?そうでもないのか?

ちなみに知らない人もいるかもしれないけど、
戦艦大和の「大和」は大和=日本の意味ではない

奈良だ。

 

……

 

わたしゃこれを初めて知った時、なんだか無性に落胆したのを昨日の事のように覚えている。奈良だったんだ……そか、奈良だったとね。けして奈良県が嫌いというわけではないけど、好き嫌い?と言われればどっちかといえばわりとどうでもいいんだけど、奈良かぁ。

もうこのさいさ、スペースバトルシップ奈良の事は無かったことにしてだな、次回作は宇宙戦艦武蔵で行ったらどうか?ムサシ。こっちの方が名前的に格好いいぞ。武蔵なら今の東京の事だし、スカイツリーは 634 mで話題性たつぷりじゃないか。そもそも船の型は同じなのに、なんで大和ばかり人気があるんだ。

武蔵が可哀想じゃないか!

それがコケたら微妙に地味だが、宇宙空母信濃って手もあるぞ。

TIME/タイム(映画)

ガタカの監督だってから、もー思いっきり期待感満載で見たのに……なんつーか、残念な気持ちで一杯になったのは何故だろうか。

テーマはすごく革新的で本当にアイデアとしてはおもしろすぎる。金=寿命の世界と聞いても「今の日本だってそうじゃん?」ってぇところを、本当に貨幣経済をDNA操作によってそのまま本当に寿命に替えちゃった世界。コーヒーが寿命10分とかさ、ホテルが1ヶ月とか命で支払う世界。寿命本位経済の実現。金(でなくて残りの寿命)が足りなかったため金貸し(寿命貸し)の店までタクシーもバスも使えず「走る」必要がある世の中、走って走って途中で金(寿命)が尽きたらその場でお陀仏な世界の話。

スラムの人は一日一日文字通りその日暮らし。毎日走りまわる。数日分の寿命を奪い合って殺し合いもしている。一方高級住宅地区に住む人達の持つ金(でなくて寿命)は数世紀。

面白いけどあまりに突飛といえば突飛な設定であり、そこに引きこむ「前過程」が描ききれていないから、観客は「??」なんでこんな社会作ったのさ??となかなか入り込めない。もうちょっと長編にしなくちゃダメなんじゃないのかなこういうのは。

ガタカの世界レベルであれば、実際そういうこともあるだろうね、と少しは入り込みやすいのに、前編の説明がガタカと同じくあっさりしすぎている。それよりなにより問題!主人公!なんであんたはそんなに強いのよ。スラム街の工員というより軍隊経験者?と言う感じ。ちょっと違和感ある。なんか途中からストーリーが「俺たちに明日はない」に変貌してしまうし。まぁいろんな意味で B 級 SF 感満載な映画だ。

でもな、とりあえず、ヒロインはコケティッシュ(死語)で非常に可愛いぞ。特に ♥オパーイ♥ らへんが可愛い。それだけでも見る価値はある。あと、最後にぎりぎりで一日分の寿命を手にした主人公が
「充分ある」
と言うセリフがあるのだけど、これだけで読後感というか見終わった後の感じはけして『悪くは無い』です。B 級 SF ファンは、ぜひ抑えておいていただきたい。